スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年の瀬に想うこと

夢の中で
ワタシは“山田クン”になっていた

YamadaTakao_jpg.jpg

『笑点』でニコニコ座布団を配っているあの“山田クン”

夢の中の笑点メンバーは
テレビと違ってとっても山田クン(ワタシ)に冷たく当たる
とっても意地悪な人達だ

移動バスから降りる時も
バスの中に残る私に
なんだったかすっごく意地悪なことを言って出て行った

ちょっと腹が立ちながらも我慢して
もう笑点メンバーは遠くへ行ったかな~と思ってバスの窓を開けたら

やおらバスの窓の下から“円楽”
「オラァ~!!」
とか叫んで顔を出し
窓から車中に乗り込もうとしてきた

円楽の背後には
怖い顔した“小遊三”や冷たい目をした“歌丸”ら
笑点メンバーが立っている

「入れろ!おらぁ~!」

と狂ったように怒りまくる円楽
成すすべなく恐怖におののくワタシ(山田クン)

なんなんだ!
なんなんだ!

オレが何をしたって言うんだー!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恐怖と切なさで目を覚ました12月31日の朝

これがおそらく2010年最後の夢
なんというつまらない夢
これが年の瀬に見る夢か?


そんな感じの(?)2010年も間もなく終わろうとしている

今年は
振り返ってみると
・・・・もっと頑張れたかなぁ~、って感じ

次のステップに向けて自分なりに色々考えながら進めたつもりだったけど
あんまりあれこれ計算するのはワタシのガラじゃないのかも

「やってやったぜーっ!」
って感じがしないから
上手く行っても行かなくても
な~んか気持ちよくないんだよね

やっぱり仕事は楽しくないと
お腹の底から抑え切れないワクワクが湧き出てくるような
考えただけで眠るのも惜しくなるような

足湯にしてももっともっとやりたいことがあったはず
うちじゃなきゃできない・・・
いや、うちじゃなきゃ馬鹿馬鹿しくてやらないような
でも皆んなにきっと喜んでくれるような
そういうアイディアがまだまだあるじゃない

やらずに後悔するな、オレ!



さぁ~年賀状作らなきゃ
楽しいこともいいけど
やらなきゃいけないこともちゃんとやれよ、オレ・・・
スポンサーサイト

年末の風物詩

今日からお休みという人も多いようですが
大変ありがたいことにワタシはただ今大忙し
持て余すほどの仕事を抱えております

いや、持て余しています
全くイメージどおり進んでおりません
「頼んでよかった~って喜んでもらいたいっ!」
という強い決意も
多くの難問を前に腰砕けしそうです

それもさることながら
今一番の心配事は年賀状
プライベートはもちろん会社の賀状までも
まだ原案すらできていません

普通のじゃイヤ・・・・・っていう性格が
毎年毎年、年の瀬を慌しくしているのです

そして今年もヨメとも小競り合い

ヨメ 「今年の年賀状どうするの~?」

ワタシ 「ん~・・・渡辺要一のコスプレで行こうと思うんだけど~」

ヨメ 「え~~、それってありきたりじゃな~い?」

ワタシ 「(カッチーン!) ありきたりー? んじゃあんた考えなよっ」

当たり前の様に繰り返される年末の風物詩

ネタあわせの夫婦漫才師みたいでしょ
ええ、真剣勝負ですから

そうだ!神戸に行こう!

昨日神戸に行ってまいりました
特急で相談されたお仕事の打合せです

年の瀬の忙しい(ふりをしないと格好悪い)この時期
本当は一泊して神戸の街を観光したいところでしたが
泣く泣く日帰りしました

神戸を日帰りなんて
なんか ビジネスマ~~ン って感じじゃな~い?

しかも
本当に打合せが慌しかったので
仕事のための写真以外何にも撮ってこなかった

昨日撮った写真といえば
行きの電車でツイッター用に写したコレ↓

blog10122801.jpg

ヨメが寝ぼけまなこで作ってくれたシャウエッセン入りおにぎり
オトコの料理って感じぃ~?


年末は仕様詰めたり図面書いたり大忙し
納期も価格もとてもタイトな物件だけど
そういう時のために我が社が存在する

困って困っていよいよ困って
北海道のこんなチンピラ会社に相談してきたくらいなんだから
なんとか助けてあげないとね

最近の出来事へのご提案

blog10122301.jpg

中国の遊園地に立てられた「ガンダム」感漂わせる立像が
残念ながら撤去されたそうだ

本当に逞しい遊園地だ
担当者は「ガンダムなんて知らない」と答えているとか
あれをオリジナルと言い切る図太さには頭が下がる

思い起こせば

“ドラえもん”とか“キティーちゃん”とか“ウルトラマン”とか
日本のキャラクターだけでもこんなに酷似したオリジナルが次々生まれてくるのが
あくまでも”偶然”だと言い張るのならば
もはやそれは奇跡という他ない
さすが中国4000年

とは言え一度実物を見てみたかった人も多いのではないだろうか

blog10122302.jpg

似てはいるものの本物とはあきらかに一線を画すそのフォルム
どことなくチープで貧相で
それでいてなんだか憎めない

ある意味オリジナルを超えた癒しキャラである
このまま闇に葬るのはもったいなすぎはしないだろうか?

ここは一つ
世界特区としてあの遊園地をそのまま残してもらうわけにはいかないものだろうか?
これから世界標準化せざるを得ない中国の歴史の1ページとして
あんな時代もあ~ったねと
笑って振り返られる施設があっても良いのではなかろうか?

肖像権が存在しない世界唯一の空間として
運営の仕方次第では
かのディズニーランドをも凌ぐ施設になりえる素養を持っていると思う

もちろんレストランには毒入り餃子を置いてください
歴史は忠実に・・・



本日は天皇陛下のお誕生日
77歳をお迎えになられたそうだ

死んだ父の自慢(?)の一つが“天皇陛下と同級生”だということ
あっ、もちろん同じ学校に通っていたという意味ではない、念のため・・・

ということは生きていたら来年1月に喜寿を迎えるわけだ
こりゃ今年の誕生日も盛大に祝ってやらなければならないな

そういう天皇陛下の今年一番の喜びは
絶滅したはずの魚「国鱒」が生きていたということ
何でも天皇陛下は“魚博士”なんだそうな

ギョギョギョ~!

ここは一つ
その「国鱒」に気付いたとされる“サカナ君”と夢のご対面は実現しないだろうか?
魚を愛する同じ研究者にして
あまりにもキャラクターに違いのある二人が
魚談義に花を咲かせる様子を是非見てみたい

天皇陛下とサカナ君が
意気投合して嬉々として魚の話題で盛り上がっている姿を見てみたい

多くの国民がテレビに釘付けになること間違いなし!

実は正月早々の特番で・・・・・・・とか無いわな



今にわかに芸能ニュースを騒がせているのが
大桃美代子と麻木久仁子の不倫騒動
ツイッターがどうだ、記者会見がどうだと連日報道されている



ちょっと失礼な言い方ですが
皆さん本当にお二人の私事に興味あります?
ツイッターを介した爆弾発言という話題性以外に
興味をそそられる要素が無いように思うのですが

それとも芸能ネタの大好きな主婦層にとって
自身の願望や経験と重なる部分とかあるんでしょうかね

そういえば元Winkのメンバーが不倫をしていたことを告白して
少しだけ話題になったことがありました
ナニを突然?と思っていたら
それと時を同じくしてアダルトビデオだったかヘア写真集だったか
そんな感じのものを発売して
「あ~・・・そういう話題の取り方するんだぁ」
と冷めて見た方も多いのではないでしょうか

ひと昔前は共演者同士の恋愛がどうだこうだという噂を流してから
映画やドラマの完成披露会見をやって話題性を高めていたようですが
ホント芸能関係の方々は
節操も無く次から次へと色々な手を考えるものです

ということは
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
もしや
大桃美代子か麻木久仁子がヌード写真集?

まさかぁ~

いや
このご時世、全くあり得ないこととは言えませんよ

もしもこの推測が当たっていたら
皆さん

褒めてくださいね

モテ期

何があったというのだろう?
昨日突然の“モテ期”到来

“モテ期”って言ったって
可愛い女の子に言い寄られて
「いやいや、ワタシにはあんなもんでもヨメがいますから・・・」
やれやれ、困った困った

というモテ期ではありません
女にモテるとかなんて別にどうでもいいんです!!!!!!!!(涙)

ワタシの言う“モテ期”と言えば当然(?)お仕事のこと
年の瀬迫るこの時期に急に立て続けにバタバタバタッと
大小色々な仕事の発注が相次ぎました

考えなきゃいけないこともたくさん出てきて
心配性全国大会第3位のワタシの胃はキリキリ

ヨメ曰く心労は肝臓に負担を掛けるから
そんな時に酒飲むといけないんだって言っていたけど
案の定昨夜の忘年会で超悪酔い

あ~~~~気持ち悪っ

暇なら暇で悩むし
忙しければ忙しいで心病むし
オレってもしかして社長に向いてない?

薄々気付いていたけどね

街がちょっとだけ賑やかになりました

18日砂川イルミネーション点灯式

無料ケーキ先着100名の威力はさすがで
点灯式1時間前に到着したら
もうすでに大勢の人達が集まっていました

blog10122001.jpg

タダのモノに我先に並ぶことにかなりの抵抗がある見栄っ張りなワタシは
そんな光景をいつものように冷めた目で見ておりましたが

「1000円相当のケーキなんだ」

とヨメに言ったところ

「どこかから子供借りて来るかな~」

だって・・・・

価値観の違いと捉えるべきか
バランスの良い夫婦と捉えるべきか

まぁそういう人のおかげでこうやって人が集まったわけだから
感謝しなければなりません

blog10122003.jpg

16時の点灯はご覧の通り少々早すぎた感が否めませんが
時間が経つにつれ暗闇に映えていくイルミネーションが幻想的

blog10122002.jpg

大きな町のイルミネーションには到底かないませんが
手作り感があって良くないですか?

それなりに時間を割いて頑張った甲斐がありました
皆さん存分に癒されてくださいね~

・・・・・と辺りを見回すと
先ほどまであんなに大勢いた人達が
ケーキもらった途端クモの子散らすようにいなくなっていました

あらあら皆さんわかりやすいお方ばかり・・・・・
もう少し味わっていってくださいな



イルミネーション点灯式のチラシと時を同じくして
こんな折込チラシが入ってきました

blog10122005.jpg

砂川は人口20000人ほどの小さな町なのに
ラーメン屋さんが10件以上も点在するラーメン屋さん密集地域(?)
地元以外からも足繁く通う常連さんがいる隠れた名店もいくつかあります

その中の有志が声掛け合って
『砂川ラーメン師会』なる団体が今年産声を上げました

皆さん小さなお店ばかりなので大きなことはできませんが
コツコツとこんな取組をしているんですね
イルミネーションを見て冷えた身体を熱々のラーメンで暖める
そう連想した人も多いのでは?

このチラシを見たヨメも
「このラーメン屋さんどこにあるの?行ってみたいな~」
「この店もラーメンお勧めなんだ~。美味しいの?」

ラーメン師会さーん!
狙いは間違っていませんよ
うちの食いしん坊はよだれを流しながらこのチラシを見ていますよ
しかもこの食いしん坊
“クーポン”に目が無いんですわ
『思う壺』 です

挑戦している人達には必ずチャンスがやって来る
成果が見えなくても少なくても
あきらめずに根気良くチャレンジし続けて
やがて近い将来
花開くことを信じています

他人事じゃぁないよ

諫早湾の水門の問題といい
八ツ場ダムの問題といい
利益誘導型の政治が次から次へと不幸な人を生み出しているのは明らか

「世の中なんてそんなもんさ」
と物知り顔であきらめる人

「日本の政治家はダメだ」
と何かの受け売りを吹聴する人

利益誘導型の政治家じゃないと当選しない世の中を作っているのは
何を隠そう我々一人一人なのにね

ワクワクという素敵な感情について語るの巻

先日札幌を歩いていたら
入浴剤とかハンドクリームとかを随分賑やかに売っているお店が目に入った

お店の飾り付けもインパクトがあって目を惹くし
商品もユニークなデザインだ
若い女の子の店員さんが5~6名いて活気もある

おやおやこれは
我らが砂川の雄ローレルさんもうかうかしていられないなぁと思いながら
どんなものかと覗いてみた

早速店員さんが声を掛けてくれて
見ていた商品の説明をしてくれたが
これがすっごいワクワクした感じで説明してくる
「この商品はこんな風に良くってとっても人気があるんですよ~」
みたいな感じだ

それはそれで良いことでしょう!と思うだろうが
まことに残念ながら・・・・
これがいかにも“演技”している感じ
違和感を感じずにはいられない
辺りを見回すと皆んなそんな感じ
大袈裟な言い回し、大袈裟な抑揚

こやつら
“ワクワク”という素敵な感情を
買わせるための“道具”として用いているのだ
いや、これはワタシの下衆な勘繰りに過ぎないかもしれないが
とにかくワタシの肌に合わない
気持ちが悪くなってとっとと店を後にした

マニュアルがあるのか指導がそうなのかわからないが
そういう売り方は真っ当な商売とは言えない

その昔、若気の至りで変な会員権を買わされた時の
あの憎き営業マンの『ワクワクした』説明ぶりをにわかに思い出した
もう天にも昇るくらいに『ワクワクして』熱弁を振るっていたが
案の定その会員券は当初の説明と随分違う“使えない”会員権だった

彼らは騙すつもりで売っていたのだから騙されたワタシが悪いのだが
普通のお店がそういう手口を使ってはいけない
小手先のテクニックばかり駆使して売ってはいけない


そんなことがあった翌日
副業で入浴剤などを作っている砂川のヤクザにお供して
栗山の老舗酒蔵『小林酒造』http://www.kitanonishiki.com/ さんにお邪魔した

blog10121603.jpg

お酒の足湯実現に向けた秘密会議(?)だ
なんと小林酒造さんからのラブコール!
願ったり叶ったりのお話だ

ついでに専務さんの案内で場内を見学させてもらったのだが

blog10121602.jpg

blog10121601.jpg

その専務さん
もうすでに仕込みに入っている来春のお酒が
今までと段違いのとびっきり上等なものになる予兆があるということを
今にも泣きそうな表情で熱く熱く語ってくれた

専務さんのそのこらえ切れないほどのワクワク感
まるで我が子の様に
いや我が子すらも凌ぐももっともっと大切な何かの様に
静かにしかし熱く語る専務さん
アニメ美少女に恋をする輩をアニメオタクと言うならば
この人は紛れもなく“日本酒オタク”
あきらかに日本酒に恋をしている

そんな姿を見ていると
「この人がお勧めするお酒を飲んでみたい」
と心からそう思った
そして早速一本正月用に手に入れた

これがホントの“ワクワク買い”
そして必ず旨い
いや仮に旨くなくても旨く感じるはず
もう正月が来るのが待ち遠しい
とても幸せな気分だ

“ワクワク”というのはそういうものなのだ
人を幸せにする大切な感情なのだ
決して人を騙すための道具ではないのだ

ワタシももっと人を幸せにする商売をしたい
たくさんのワクワクを提供したい

ボクとネズミの7日間戦争

先日“ポエム”をしたためたチビネズミの出現

身体がシビレル餌を撒いたところまでは書きましたが
お口に合わないのか興味がないのか
全く召し上がらないご様子で
相も変わらずカリカリカリカリと
どこぞをかじっている音が聞こえます

とっても気にはなりますが
ネズミといえども露骨な殺生は気が引けるので
どうしたものかと頭を抱えておりました

そんなある朝
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コピーをしようとしたら
出てきた紙がボロッボロ

もしや?!
と思い給紙トレーを覗いてみたら

blog10121301.jpg

あ~~ぁ
こんなところに潜り込んで悪さしてやがる
ついでに糞までしてやがる

コピー機の中に入られるのはちょっとまずい
コピー用紙をかじるくらいならまだいいが
配線や基盤に悪さをされたら大ゴトだ

だからと言って
ふん掴まえて遠くのお山に放り投げるわけにもいくまいし
さてどうしたものかと踏ん切りが付かないでいたある朝

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

我が社はすきま風ピープーのオンボロ事務所なので
冬は ”寝袋” を机の足元に忍ばせて
下半身を包んで足元の冷え対策をしているのですが
この寝袋がある朝にわかに

ク・サ・イ

なんだか“香ばしい”んです
決して良い香りとは言えない“香ばしさ”

そういえば事務所全体も同じ匂い
なんだかやけに“香ばしい”

よ~~く見ると
・・・じゅうたんの上にポロポロと糞らしき物体が!!!

ヤツめ!
夜な夜な事務所を我が物顔で闊歩してやがるな?!

もしや!?

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


と思い
寝袋をひっくり返して振ってみると

ポロッポロッ・・・ポロッ・・・

中から小さくて黒い糞が
次から次へと落ちてくるではないですか!!

これは許せん!!
これはイカン!!

オレはウンコまみれの寝袋に足を入れて
「温い、温い」
と喜んでいたというのか?!
なんという屈辱!
なんという恥辱!

小動物だと思って甘い顔していたら付け上がりやがって
もう同情の余地なし!
人間様をバカにするとどういう目に遭うか
とことん教えてやろうじゃねぇーかー!

というわけで
事務所の至るところに”例の餌”を撒き散らした

blog10121302.jpg

見た目なんて気にしない
お客に見られようが構いやしねぇ
とにかくイヤでも目に付くようにばら撒いてやった

もうキミとの生活もこれまでだ
もう散々だ!うんざりだ!
もうこれで終わりにしよう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして2日後の朝

彼はあまりにあっけなく息を引き取っていた

彼の最後の自己主張だろうか
事務所の真ん真ん中に
ポツリと
しかし堂々と
その屍を静かに横たわらせていた

小さな小さな
ホントに小さなネズ公だった

ワタシはその姿を写真に収めようとカメラを手にした
しかし
結局シャッターを押すことはできなかった

その行為が
小さな命の終焉を汚してしまうようで・・・・

そう
いつしか彼とワタシの間には
互いに相容れることのない絆が芽生えていたようだ
決して交わることのない・・・・・・
決して認め合うことのない・・・・・・

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

彼の屍は新雪積もる林の中へと葬られた
もう誰に迷惑を掛けることもなく
もう誰に嫌われることもなく
ひっそりと眠るがいい


そしてネズミよ
来世はせめてハムスターに生まれて来い
そして
もしもまた巡り合えたなら
その時は一緒に仲良く暮らそうじゃないか

クルクル回る滑車の付いた
きれいで温かなケージの中で
「可愛い、可愛い」
と言われながら
面白おかしく生きるがいいさ

その日まで

Good Luck NEZUMI

~ 完 ~

砂川のイルミネーション

今年も砂川の街中がイルミネーションで彩られます
12月18日から1月15日までの約1ヶ月点灯されます

ワタシはと言いますと
昨年に引き続き会場設営の“名ばかり委員長”を仰せつかりまして
相も変わらず段取りの悪さばかりが目立つダメ委員長ですが
寒風吹きすさぶ中大勢のボランティアスタッフの協力を得て
数日間におよぶ作業は一部作業を除きほぼ終了しました

blog10121201.jpg

昨年まであちこちに分散していたイルミネーションを
今年は国道沿い中心街の1ヶ所に集中し
さらに限られた予算を事務局が上手にやり繰りしてくれて
約100万円ほどのイルミネーションを増やしました

田舎のイルミネーションの割には
きっと見ごたえのあるものになることと思います

と・・・・・・・
そんなこと書いているのにですねぇ
正直に言うとあまりイルミネーションに情熱がありません
ホントは委員長固辞したかったけど諸般の事情もあるので
受けた以上必ず形にはしますけど・・・・・という心境で取り組みました

そんな自分に違和感と嫌悪感を抱きつつ
誰かがやらなきゃいけないんだからと自らに言い聞かせ
与えられた役割だと割り切って最低限のことをこなしました
こんな人間が委員長やっちゃいかんなぁと思いながら・・・・


そんな折
岩見沢の友達のブログを読んでいたらこんな活動を知りました

「いきいき北の街」フロンティアの会 連絡版
http://frontierblog.blog51.fc2.com/


市内のまちづくり団体が自主的に始めた駅北ライトアップ事業
電球やLEDの調達に苦労しながらも
手作りで試行錯誤している様子に心惹かれました

DSC_1855.jpg

どこかワタシの足湯ブログにも似たドタバタぶりが
より共感できた理由でしょうか

「自分達の地域の元気は、そこに住むみんなで創っていきましょう!」

ブログ冒頭に書かれているこの言葉は
皆そう思っているけどいざやるとなると足並みが揃わず
各々仕事をしながらの負担の重さに空中分解していくものです

でも行政に頼ってばかりいてはいけないことぐらい
ずーっと前からわかっていること
皆んなが少しずつ無理をしながらやっていかないと
何も変わらない
何も起こらない

そんなこと百も承知のワタシも
今こうして空中分解を引き起こす要因の一人と化そうとしている・・・・・・

我が町の冬のお祭りは
もうすでに先人が築いてくれた礎があり
ある程度の予算も組織も用意されていて
なんだかんだと手伝ってくれアドバイスしてくれ
場合によっては代わりに指揮まで執ってくれる(?)人もいる

そんな恵まれた環境に感謝しつつ
ワタシのできることは惜しまずやらなければならないなと
今さらながら反省しました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

blog10121202.jpg

試験点灯していたら
通りすがりの買い物客が
「ワ~~ッ!キレ~!」
とか言いながら近寄ってきました

興奮を抑えきれない子供が
「中に入ろう!」
ってお母さんの手を引っ張ります

そんな姿を見掛けると
関わって良かったなぁと心から思います
やはり人に喜んでもらえることが一番の励みになります


18日は16時よりささやかな点灯式を行います
子供たちにケーキのプレゼント(先着100名?だったかな)や
温かいポタージュなどをご用意しています

点灯した瞬間はきっと歓声があがることでしょう
上の写真よりももっともっときれいですよ

お近くの方は是非足を運んで
わが町砂川を盛り上げる”お手伝い”をしてくださいね

フィーバー

エビ蔵の暴行事件から打って変わって
テレビチャンネルはどこもかしこも祐ちゃんフィーバー
北海道だけかと思っていたが
どうやら全国的なものらしい

たった一人の選手の入団会見のために
札幌ドームをお客さんに無料解放して
しかも全テレビ局に中継してもらい
日本ハムの斉藤に掛ける意気込みは並々ならぬものがあります


何せ選手の抱き枕を作っちゃうような“商魂逞しい”球団です
このド派手な演出によって
ただでさえ大きな経済効果がより大きく増長することを
経営者の我々はよ~く観察しておかなければなりません

そういえば
斉藤投手を引き当てた球団社長の『ゴッドハンド』グッズは
発売開始45分で売り切れてしまったそうだ
入試にご利益があるというやや強引な触れ込みだったが
ワタシも目の前にあったら買ってしまうかもしれない
確かにちょっと欲しい気がする
球団サイドも「こんなに売れるとは・・・」と
嬉しい誤算だったのではないだろうか?

金になるなら社長でもグッズにするあたり
さすが近江商人
商売人として頼もしい会社だなぁと思うのです
金、金と言うと下品に聞こえるかもしれないが
お客さんに喜んでもえなきゃお金なんか払ってもらえないのだから
世の中に喜びを与えるいい会社なのは言うまでもありません

今回の主役の斉藤はといえば
絵に描いたような爽やか青年
お金の匂いなど微塵も感じさせないところがまた好感を持たれる

blog10121001.jpg

とか絶対に言わない感じが女性にもウケそうだ


祐ちゃんにあやかった足湯の企画も考えて提案してみようか

どうか北海道の景気のためにも
我が社の足湯のためにも(?)
期待通りの活躍をしてもらいたい

なぜか気になる

突っ込みどころ満載のエビ蔵の会見
色んな見方があるようだが
心を込めれば込めるほど演じているように見える性分なのだろうと
ワタシはやさしい眼差しで見ることにした

それよりきっと皆んな思ったことだろう

「すげぇー!普通の顔に治っている!」

さすが近頃ニーズの高い美容整形
ニーズは技術の進歩を促すとはこのことか?!

芸能人の整形に比べれば屁でもない、と言ったところだろうか

それにつけても
レポーターの質問手口がいやらしい
後々あちこちで使い廻ししやすいような聞き方だ
芸能ニュースが全く不要だとは言わないが
カタギの仕事でこれだけ尊敬できない職業も珍しい
こんな仕事が存在するのもニーズの後押しがあるからか?


ところで今回の会見のピークは何と言っても

「知り合いはいなかった!
暴力も振るっていない!」


と言い切ったところだろう
こうなるとどちらの言い分が本当か
にわかに興味が湧いてくる

調べれば必ずわかることだが
果たして真実は明らかになるのか?
それともお金や権力や
或いは我々庶民が知り得なることのない
巨大な闇の力でねじ伏せられてしまうのか?

どちらが正しいにしろ
こういう“嘘”がまかり通るのは許したくない
ここはひとつ
芸能レポーターの“プライド”とやらに掛けて
『正義は勝つ』
ということを示してもらいたいものだ

何だかんだ言って
エビ蔵の事件が気になるワタシ
ニーズの後押しをしている張本人です

ネズミ

今年の冬は住みつくつもり?

最近事務所に“ネズ”がいる

小さい小さい“ネズミ”です

白けりゃきっと可愛いかろうに

あいにくキミは“ドブネズミ”

黒くて汚い“ドブネズミ”


あっちこっちに小さな糞

あっちこっちに木くずや紙くず

カリカリカリカリかじる音

これ!これ!そこは神棚ぞ!

供物の米を食べてはならぬ

それよりそこに上がるでないぞ


どうかこっちに来ないでおくれ

できればどこかに行っとくれ

気の毒だけど餌を蒔こう

旨くてシビレル餌を蒔こう

だからお願い気付いてちょんまげ

ワタシとアナタは一緒に住めぬ

キミとボクとじゃ身分が違う

お家柄が違うのさ



おぉ ネズミ、ネズミ

どうしてあなたはネズミなの

お父様と縁を切り

ネズミと言う名をお捨てになって ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ~ ウィリアム・シェイクスピア作 『ロミオとジュリエットより』

080725_05.jpg

斉藤君へのアドバイス

斉藤祐樹投手の仮契約後の会見で

契約金を
「野球界に恩返しできることに」
使うとか
自分のために使うのは
「自分の実績で稼げるようになってから」
とか
なんとまぁ優等生発言連発してました

本当にこういう人なのか
それとも計算高いのか
或いはすでにプロとしてのキャラクター作りを決め込んでいるのか
いずれにしろちょっと違和感を感じながら聞いていたが

「北海道の楽しみは?」
という質問に

「・・・・・・特に・・・・ありませんが・・・・」

とあきらかに動揺したのを

ワタシは見逃さなーーーーーい!

北海道の楽しみって言われて
瞬時に  想像したんでしょ~?

そりゃそうでしょ~よ
野球部なんて周りは男の子ばっかりなんだから~
皆んなに色んなこと聞かされて
耳年増になっちゃってんじゃないの~~~?

言っチャイナ~
言っチャイナ~

元気良く爽やかに

「契約金でススキノ行きたいですっ!!
ススキノでキャバクラ行ってみたいですっ!!」


ってサ~

「憧れのダルビッシュさんに色々教えてもらいたいですっ!」

ってサ~~~~

saitou.jpg

ってさ~~~~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



爽やかな人を見ると

ついつい汚したくなってしまう

そんな汚れた大人になっちゃいけないよ

開通

青森新幹線が開業しました
交通の便も良くなって
これからは思惑通り観光客で賑わうんでしょうか

そういえば青森の観光と言えば何だろう?
中学校の修学旅行って青森だったけど
十和田湖とかねぶた資料館とか
子ども心には今ひとつ魅力に欠けたような気がします

とか30年も前の話引っ張り出してきてもね~

ネットで検索してみたら色々と新しいこと仕掛けているようです
そりゃそうだ
吉幾三ミュージアムとかあるらしいぞ
八甲田山や白神山地も青森なんだね
まだ今ひとつインパクトに欠ける感じだけど
これからどんどんプロの手が加わっていくだろうな

恐山も観光地化されていくのかな~?
美人すぎるイタコ・・・・とか

一般ウケを狙いすぎて
あそこやココとおんなじ顔の観光地にならないで欲しいですよね
青森らしさにこだわって欲しいですよね


 ほっぺがリンゴみたいに真っ赤っ赤な女の子が
 ちゃんちゃんこ着てわらの長靴履いて
 人が寄ってくると背を向けてばっちゃんの所に逃げてって
 ばっちゃんの背中に隠れながら
 こちらの様子をこわごわ伺う・・・・・・
 「あれ~、東京もんかぁ~?」


とかね

青森の人が読んだら怒りそう・・・・・
でもそんな感じの青森だとホッとして嬉しいかも

雑記帳

流行語大賞にムリが生じています
斉藤祐樹を呼びたいためか
“持っている”
という一度しか発していないセリフが受賞
流行語っていうのは“流行した言葉”って意味じゃないんですね、きっと

“ゲゲゲの~”
なんて言葉
誰か日常で使ったことある人いるのかな?

「いやぁ~夕べ飲み過ぎちゃってさぁ、ゲゲゲの二日酔いだわ」

あれっ?
使ってみると案外使えるかも・・・・
もしかしたらこれから流行るかも?



ただ今エビ蔵のニュースで持ちきり
家柄も良くて男前で人気もあって女にもてて
その上あんな可愛い奥さんまでもらいやがって
それでいていちいち生意気な態度や発言が
鼻についていた人も多いのでは?

だから
悪者にすると世間ウケするのだろうか?
後から後からボロボロ出てくる
今回の事件に至ったエビ蔵の悪態が
連日の様に報道されている
皆が感心を示すから報道されているということだろう

ワタシもエビ蔵はいけ好かないが
あんまりバッシングがエスカレートするのは
もっといけ好かない
本人と面識あるわけでもないのに偉そうに評論や批判をするやつは
もっともっといけ好かない

無くて七癖
ワタシだって他人に触れられたくない悪いクセが結構ある
わが身に置き換えて人の痛みを察する優しさを持ちましょうよ!

屋上でくつろぐエビ蔵と奥さんを望遠で撮影した映像が流れていたが
そんなパパラッチみたいな下品なことは
日本人には似合わないような気がする

余談だが

「奥さんの麻央ちゃん、可愛そうだね~」

とほざくヨメに

「麻央ちゃんの何がわかる?!」

と言いかけたが
かれこれ10数年
酒にまつわる迷惑を星の数ほど掛けていることをふと思い出し
無言で頷きそれ以上会話が広がることを恐れたワタシ

無くて七癖
女グセよりは良いと思え、ヨメよ



星の数ほど・・・といえば
NASAが“ヒ素”を利用して生きるバクテリアを発見したと発表した

前日
『宇宙生命体に関する重要な発見』
を発表すると報道があったので
まさかとは思いながらも
宇宙人が会見の席に座っている絵を想像した人もいるのでは?

第一声はもちろん
「ワレワレハ・・・・」
これは是非とも打ち合わせの時に念を押しておいてもらいたい

あるいは
「ピポパペピ、ピュロロピュロ・・・・・・・・・・・・・


とか言って~~
喋れまんがな~」


前に座っていたNASAのスタッフ一斉に大コケ
ドッシャンガラガラ
あまりにも場違いな“世紀の大コント”は
宇宙を身近に感じる良い機会になるに違いない


それにしても事前予告をしたせいで
過度な期待をしてしまいガッカリしてしまった人が圧倒的だろう

「パソコン以来の大発明」
と事前に謳ってしまったがために
随分がっかりされてしまったのが
“セグウェイ”という乗り物
実は素晴らしい技術なのに格好悪いスタートを切ってしまった

「これから面白い話するよ」
と言ってから喋り出すくらい危ないことはないということを
NASAは身をもって教えてくれたのだ
さすがNASA

今日は

本日12月1日は創業記念日
ようやく25歳になりました

25歳なんてワタシなんぞから見ると
まだまだ眩いばかりに若々しい年齢ですが
それでも25年という歴史のおかげで
通常の商売でもネットの取引きでも
随分と“信用”の恩恵を受けているんだろうな~と
ありがたく思っています

25年もやっていれば
それなりの規模になって
貯めるものも貯めて

・・・・・・・・・・・・・・・・となっていないのが
四半世紀という区切りの良い創業記念日にもかかわらず
今ひとつ心から喜べない理由かもしれませんが

そう!そう!
うちの親父が志しを立てて会社を始めたのは
なんで今さら?!の50歳
我が家はきっと
ちょっと気付きが遅い『大器晩成』の血筋なんです

人よりちょっと遅いだけ
慌てることはないのだぞ
死ぬ時ニッコリ笑える人生を歩めばいいのだぞ

そんなことで
今日は26年目の 『やりたいことリスト』 なんかを作ってみました

足湯も
露天風呂も
その他マル秘マル秘も
やりたいことを手当たり次第書いていったら
「これやったら当然これもやるべきで~・・・・」
とか枝葉付いて花まで咲いて(?)
気付けばノートは真っ黒クロ助!

早くも
「これ、なんだったっけ?」
みたいな・・・

書いているだけでワクワクしてきちゃって
もう26年目は明るくて楽しくて仕方ない1年かも!

こりゃもしかしたら
『大器晩成』から脱出しちゃうかもよ~

ご先祖様
先立つ“幸せ”をお許し下さい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あ~~~
あそこからの入金遅れてる~
支払どうしよー・・・・

と現実はなかなか厳しいんですけどね
プロフィール

ちばさん

ちばさん
北海道砂川市在住
48歳
妻と二人暮し
FRPの製造会社経営
自社オリジナル商品で
生業を立てるのが夢

カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
ようこそ!
我が社の製品です

DSCN4324.jpg

完全オーダーメードだから
好きなサイズでお作りします
「切り株露天風呂」

20070314192532.jpg

普通のゴミステーションじゃ嫌な方
「ログちっくハウス」

sgomibako.jpg

ペンションや観光地の
ゴミステーションに
「白樺ゴミボックス」

20070314194140.jpg

インパクトで集客アップ!
「ベジ看板」

DSCN4184.jpg

お庭に違和感の無い存在感
「白樺コンボックス」

Amazon
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。