スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェリーの旅の雑記帳

フェリーの旅は結構快適
大浴場や映画、ミニコンサートがお勧めです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

行きのミニコンサートは「楊琴」とやら言う楽器の演奏

blog10113002.jpg

女子十二楽坊の中にあったような音色です

芸術と距離を置いているつもりはありませんが
もしかしたら芸術がワタシと距離を置いているかもしれません
こんな機会でもなきゃ決して出会わなかったであろう「楊琴」の演奏会に
ちょっとだけ芸術に心を許してもらったようなひと時を過ごしました

blog10113005.jpg

ちょっと調子に乗っちゃって
CD買っちゃったりしてね
雰囲気に呑まれるタイプです



レストランでの食事も美味しいですが
フェリーの楽しみは最初の夕食を持ち込みすること
遠足のようなハイキングのような
なんとも言えないワクワク感を味わえます

blog10113003.jpg

子どもだったら
「レストランで食べようよぉ!」
ときっとダダこねていたろうな・・・・と思いつつ
楽しみ方の幅と感性が広がっていることに自らの成長を感じつつ
今ひとつだった安売りの駅弁を頬張りつつ
ビールを1本2本と空けつつ
・・・・・・・・・・・・・・
船の揺れに任せていつもより安上がりに出来上がっていくのでありました



帰りの船のミニコンサートは
オルガンとフルートの演奏

blog10113001.jpg

耳にしたことのあるメジャーな曲やアニメソングから
オリジナルの曲まで小一時間
楽器を奏でられる人って素敵だなぁとあらためてしみじみ

ただフルートの兄さんはこういう場にあまり慣れていないのか
オルガンの兄さんのしゃべりに打つ相槌が
どこかなんだかぎこちなくて耳障り

「ガンバレ!」
と思わず握り拳に力が・・・・・
人はそうやって成長していくのだぞ
クサらずガンバレ!



『17アゲイン』という映画も観ました
40歳の主人公があるきっかけで17歳の一番輝いていた時期に戻り
自らの子ども達と同じスクールに通ったりする中で
離婚調停中だったヨメと出会った頃のことを思い出し
最後は仲直りして年齢も戻るという
非常に雑な説明をするとそんな映画でしたが
純粋で従順なワタシはすっかり映画の世界に引きこまれ
「あぁ・・・オレもヨメと出会った頃は・・・」
と反省したり懐かしくなったり

こんな場面でこの映画と出会ったのも何かの啓示?
少し改心することにしました
2日間くらい・・・・




blog10113006.jpg

突然今日の話に戻りますが
あちゃ~
すっかり積もりました
でも明日は晴れ、あさっては雨
もしやもう一融けするかも?
根雪は遅い方がいいですからね



おまけ
フェリーの中ではありませんが
ふらりと入った居酒屋さん
カウンターで店員さん相手に飲もうかなぁと思ったが
残念ながらそういう席が無い店のようで
しかも案内された席は
目の前がただの壁・・・・カベと話すわけにもいかんし・・・

幸い時間潰しにと文庫本をバッグに忍ばせていたので
人生初の「読書晩酌」

blog10113004.jpg

実に文学青年・・・あっ、中年

あまりに寂しそうだったのか
料理を持ってきてくれた可愛らしい女の子が話しかけてくれた

こういう理由で仙台に着たんですよと話したら
「明日お母さんと一緒に入りに行きますー!」
と嬉しいお言葉

ちなみに「お母さんはお幾つ?」
「45歳です!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ほとんど同級生じゃん、母さんと・・・

この娘からみると
オレって完璧オジサンなんだろうな・・・・・

石田純一ってやっぱスゴイなぁ~
スポンサーサイト

楽天ファン感足湯報告その1

blog10112901.jpg

このまま積もってしまうのでしょうか?
今日も1日雪マークです

ほぼノートラブルでご期待に添える内容ではございませんが
先日の楽天ファン感謝祭足湯のご報告をダイジェストで
チロチロと・・・・



昨年の足湯はローレルさんのラベンダー湯が好評でした

お客様何人かがわざわざ寄ってきて
「このラベンダー、すごくいい香りですね~」
って言ってくれたくらいですから
わかる人にはわかるんです、良いものだってことが

しかし今年は
足湯を利用してくれた人達に花王のバブをプレゼントするという企画があり

blog10112902.jpg

さすがに他社の入浴剤は入れられないわなと
バブを3個ほど投入

するとスタッフの一人が

「昨年のラベンダーの香り良かったよねぇ~」

とポロリ一言
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ねぇねぇ
すぐそこに花王の社員サンらしき人がいますけど
大丈夫ですかぁ~?

あっ、でも
“バブ”もシュワシュワしていて好評でしたよ!(大人の対応)



昨年から始まったこの足湯の企画

『写真やサインはご遠慮下さい』

という表示にファンの皆さんも結構従順で
ほんの一部の抜け駆けを除けば
実に秩序正しく整然と運営されていた・・・・のは昨年の話

blog10112908.jpg

今年はファンの皆さんも要領を得たのか
最初から写真モード、サインくれくれモード
仕切りの人の注意の声もお構いなしの無法地帯
選手の隣に座ってツーショット撮るのも当たり前
撮らない人の方がおかしい、みたいな雰囲気になって
時間が経つほどにどんどんエスカレートしていきます

blog10112909.jpg

あと1時間もやっていれば
下半身の“お触り”も解禁されたかも・・・・・

ファンの皆様のお気持ちは重々わかりますが
あんまり好き勝手やっちゃうと
来年この企画無くなっちゃうよ~
それは我が社としても困るのよ~



今日はマスコミ少ないな~なんて思っていたら
突然報道の人達が大勢ドドドッと押し寄せてきた

これは誰か来るな!と待ち構えていたら

blog10112910.jpg

現れました!
この日のニュースで
楽天に残留か?と報道があったばかりの
渦中の人、岩隈!

ややサプライズ的に現れたせいもあり
会場は割れんばかりの声援と歓声に
この日一番のヒートアップです

blog10112904.jpg

大リーグの件を聞き出そうと
マスコミの皆さんも足湯周辺に陣取って
離婚会見のようなフラッシュの嵐が降り注ぎます

そうだ!そうだ!
皆んなそうやって足湯に入っている岩隈を報道してくれ
うちの足湯を全国の電波に乗せてくれ~!

しかし良い位置を陣取ろうとするあまり
循環装置を押しだす!押しだす!
どんどん装置が離れていく~~!

blog10112905.jpg

やめてー!
ホース切れるー!
お湯ビシャーってなっちゃうー!
全国ネットでそんなハプニングいやー!


とか言いながら
岩隈退場シーンの動画をアップしました


http://www.youtube.com/watch?v=s05BAqwfWJI

こんな至近距離で撮影できるのは役得
お時間ある時観て下さい




blog10112903.jpg

足湯は開始1時間前にはもう立派な行列ができていました
人気があるのはとっても嬉しいことですが
わずか5分の触れ合いのために1時間以上並ぶなんて
短気が損気なワタシには真似ができません

しかしもっと驚いたのは
選手との触れ合いタイムが終了しても
並び続けている人が結構いたこと

blog10112906.jpg

せっかくここまで並んだのだからと
純粋に足湯に入りたいだけなのか
それともまだ何かサプライズ的なことを期待しているのか
・・・・・・・・
昨年の経験からするとこれ以上のことは起きないですよ~



とまぁ
ホント平和な1日だったわけです

明日もまた書きま~す!

色々ガンバレ

いやぁ~やはり若くないんですかね

帰還して2日経ちますが
頭の血管がグヮングヮンと脈打っている

フェリーでのんびりしたので
疲れるどころかリフレッシュしたつもりでいたのですが
ノミのハートには容量オーバーの心労だったのか?

明日は休みだ
ガンバレ!オレ!



フェリーの中の売店に
ローレルさんの商品が並んでいました

blog10112601.jpg

おおー!
この入浴剤は
わが町の会社が作ってるんだぞー!

人知れず何か嬉しい

「千葉化工の足湯見たよー!」
「露天風呂見たよー!」

って言われる日を目指して
ガンバレ!オレ!

心より

ワタシのブログを楽しみにしている皆さんに
心からお詫びしなければならないことがございます

果たしてブログに書くべきか
それとも
このまま事実を伏せて墓場まで持っていくべきか
真剣に悩みました

実は









楽天ファン感謝祭の足湯
ノートラブル だったんです

嗚呼!嗚呼!

古くからワタシのブログを読んで下さっている皆さんなら
少なからずドタバタ劇の一つや二つあるのではないかと
胸をワクワクして
本日こうして見て下さっていることと思いますが
日頃よりご愛読頂いている皆さんの期待に応えられなかったこと
心よりお詫び申し上げます

そしてもう一つ
朝から鼻水が止まらないんです

仙台があんなに寒いと思わなかったので
フリースしか持って行かなかったのがいけなかったのでしょうか?
それとも夕べソファーでうたた寝していたのがいけなかったのでしょうか?
頭が鉛の様に重いのです

というわけで
書きたいことはヤマの様にあるのですが
今日はひとまず

blog10112501.jpg

渦中の人岩隈の入浴シーンなど

この日一番の盛り上がりでした

7時ちょうどのぉ~♪

さてさて
いよいよ本日夕方のフェリーで仙台に向かいます

いやぁ~ここに来て
すげぇ~ラッキーなことがあったんですよ
なんと!
なんと!!
なんと!!!

太平洋フェリーの乗船料が

ただ今40%オフ!
片道わずか¥4,800円!!


ウォ~!
すげぇ~得した気分
ラッキー!
ラッキー!!
超ラッキィー!!!




・・・・・・・・
あれっ?
もしやケツの穴小さい?

へぇへぇ
ワタシはこんな幸せが一番ピンと来るんですよ~だ!


と喜んでいたのも束の間
ここに来て
非常にアンラッキーなお知らせが・・・・

なんと
排水用のポンプを積み忘れまして

「いいよ、いいよ。オレ直接持ってくから!」

と安受けあいしてはみたたものの
今日バッグに入れてみると
予想をはるかに上回る重さ・・・
ショルダーバッグの紐ちぎれそう・・・

量ってみたら

blog10112101.jpg

あら~
どうりで重いはずだわ・・・・・・

今から宅配便に頼んだら
当日引取りにバタバタさせて迷惑掛けちゃうし
覚悟して持ってきますけど
今回は身軽に行こうと思っていたのに残念


この件は甘んじてお受けますので
どうかこの程度のアンラッキーで済みますように・・・・・

時間が経たないと笑えないような
余計な土産話などありませんように・・・・・・

クールに熱い

以前にも1度ご紹介したことのある 「まうのすけ」先生のブログ (?)が
この頃一味違う路線で面白みを増してきたので
ご紹介

特に
http://dailycabinet.web.fc2.com/frame/comicfram3.html
↑ このページの”客寄せ”シリーズが味がある
毒のある面白さ、大好き!

あらあら
人のブログの紹介で更新ごまかしちゃったわ~

ノミの心臓 2010

23日の楽天ファン感謝祭に向けて
昨日足湯が仙台へ旅立ちました

blog10111801.jpg

万が一にも
『当日届いてな~い!』
なんてことが無いように
これでもかって言うくらい十分余裕を持って発送しました

すっかりトラブル慣れしちゃいまして
少々のことでは動じなくなったワタシではありますが
昨年大勢のファンが大行列を作って
押すな押すなの大盛況だった光景を思い出すと

絶対に失敗してはいけない!

というプレッシャーがのしかかり
またもや胃がキリキリ

「あれは確認したか?」
「これは用意したか?」
「あんなことが起きたらどうしよう?」

と生来の心配性が胸をワサワサ掻き立てます

近頃は
「なるようになるさ、ケセラセラ~」
的な雰囲気を装っておりましたが
所詮は “ニセ楽観主義者”

夜中にわかに目が覚めて
心配ごとが次々浮かんで眠れない・・・・という現象が
ワタシの精神を確実に蝕んでいっているのであります

昨年の今頃のブログを読んでみると
浮き足立ったソワソワぶりが見て取れます
確か昨年も“プチ不眠”に陥ったんだよなぁ~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いやいや、皆まで言うな、皆まで言うな
わかっておるのよ
案じても仕方が無いってことぐらい

まぁ仮に
最悪万が一足湯が実施できない事態に陥ったとしても
最後は誠意をもって謝ってケツまくるしかないんだから
思案すること自体ムダなんだよね

わかっちゃいるけど

・・・・・・・・・・だって

・・・・・・・・・・・・・だってそういう性格なんだもの 

好不調

人間には好不調というものがありまして
“どうでもいいこと”をズラズラと書いて
読んでくれる人に不毛なひと時を与えることをこよなく愛するワタシにも
「なんだか書く気しな~い」時期が
不意に非定期的に訪れます

何度となく書きかけてはみるものの
「こんなくだらないこと書いても・・・」
と手を止めてしまう

オイ!オイ!
いつももっとくだらないぞ~っ!
ってそれはわかっているんだけどね~
乗らないとなるととことんダメなタイプなのよ・・・

きっと芸術家肌なのね
誰か一生面倒みてくれるパトロンいないかしら?

と・・・・・
あ~今日もこんなグチっぽいブログ
更新やめよっかな~

でも全国数千万のワタシのブログファンが
さっぱり更新しないワタシの身を案じ
ご飯が喉を通らないかもしれない!!

実は実は
こんな繊細な部分も持っているのよ~!ということで
本日はこの辺で

買ったら安心するタイプ

先日取材を受けたご縁で
「日刊工業新聞」を半年購読してみることにしました

お付き合い、というのも多分にありますが
我が社の記事が載った時に送ってきてくれた新聞のその他の記事を読んで
ちょっと気になったからというのも大きいかも

ものづくりに携わる人間のクセして
世の中のものづくりの情勢をあまりにも知らないワタシは
たまに行く展示会などでは
雨嵐の様に降り注ぐ情報を消化しきれず
カルチャーショックをたくさん受けて帰ってきます

送ってもらった新聞をチラチラッと読んでみると
小耳に挟んだことのある気になる最新技術の動向や
聞いたことあるけどこれって何?みたいなことが
あちらこちらに書かれていて
知っていると役に立ちそうな情報がいっぱい!
こういう積み重ねが大事なんでしょうね・・・・

というわけで購読を始めて10日間

さすがに日刊だけあって
時間あるとき読もう!ってやっていると

blog10111101.jpg

机の上は古新聞の山!
ある!ある!

もったいないから読みましょうね!
ハ~イ

今年は何ごともありませんよーに

半月ほど前に見積は出しておりまして
正直ハラハラしていたのですが

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年も無事
『楽天ファン感謝祭』に当社の足湯が採用されました

パチパチパチ~!

昨年は超メジャーなお客様からのお声掛けということで
宣伝費のつもりで“出血大サービス”させて頂き
おかげさまで各社新聞で取り上げていただき
その後の問い合わせなどで十二分に恩恵を授かりました

しかし今年はそういう義理も省みず
生意気にも若干の値上げ交渉をさせて頂きまして
・・・・・・・・・
なにせ海を渡るので
「おっ?!」って感じの値段になっちゃうんですが
どうにか無事決済して頂けたようです

ご理解下さり感謝感謝です

となれば後は万が一にも失敗のないように
万全の準備を整えなければなりません

間違っても昨年の

blog09112507.jpg

みたいなことがないように・・・

さぁ仙台に行く準備!準備!

さぁ~て!
今年はどこで牛タン食おっかな~!

意外なお問い合わせ

最近さっぱり更新しなくなってしまった会社のホームページ
やる時は我ながら惚れ惚れするぐらいの集中力でガーッとやるんだけど
一度落ち着くと我ながら自己嫌悪に陥るくらい放ったらかし

新しくお知らせしたい情報もたくさん溜まってきたし
ここ数日ぽつらぽつらと更新の準備を始めています
”ぽつらぽつら”っていうのが
一番結果を残しづらいパターンなんだけどね

そんな発展途上のホームページではありますが
ありがたいことに電話やメールでほぼ毎日の様に何らかの問い合わせがあります

『こんなこと聞いたら笑われるかな?ということでも遠慮なく』

を強調して書いていますので

「さすがにそれをうちに相談されても・・・・」

みたいな問い合わせも結構ありますが
そんな中でも昨日の問い合わせはなかなか困りました

「うちに露天風呂あってさぁ
お盆にお酒のせて、浮かべて飲みながら入りたいんだけど
バランス良く置かないとひっくり返っちゃうんだわ~
なんかいい方法ないだろうか?」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
それは・・・・・それは・・・・

「こういうのってどこに聞けばいいんだろう?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
それは・・・・・それは・・・・

お困りのようだったので何とか答えてあげたかったのですが
あまりにも意外にして専門外だったので

「真ん中にそっと置くしかないんじゃないですか?」

と答えるのが精一杯

「お役に立てなくてすみません」

と謝って受話器を置きました

しばらく考えて

blog10110901.jpg

“深手の木の桶なら少々バランス悪くても浮いていられるのかな?”

と思いつきましたが
連絡先を聞いたわけでもありませんので
時すでに遅し

お問い合わせ頂いたお客様?!

もしも
もしもこのブログ見ていましたら
是非試してみてくださ~い!

芸術に触れてみる

昨日はバレエ鑑賞

チケットがあまり売れていないということで
せっかく札幌から来てくれた演者の皆様に
ガランとした客席というのも申し訳ないなと思っていましたが
開演時間にはなかなかの客入りでホッ

聞くところによると
札幌から30名以上のお客さんがわざわざ観に来てくれているとか
下流社会育ちのワタシが決して足を踏み入れることのない
熱心なバレエファンがいらっしゃるということなんですね

ワタシは初バレエ鑑賞ということで
正直なところ『存分に楽しめた』と言うほどの余裕もなく
とにかくまぁこんな高尚なものを
ワタシ如きが真顔で観ているということが客観的に面白くて
人知れず何度もニヤニヤ

クルックル周ってるのなんか見ていると
そのまま周りすぎて飛んでっちゃうコント思い出して
小さい頃から芸術に慣れ親しんだ者と
ドリフやひょうきん族に夢中になった者との人間力の差を
痛感する一日となりました

でもわずか1000円でこれほど本格的なバレエに触れられることができて
いやぁ~はっきし言ってお得です
砂川だから、田舎だからこそ受けられる恩恵です

ワタシももっと積極的に参加しよーっと (あーた 『ゆう』 の理事だろっ?って声が・・・)

【オマケショット】

開演早々
最前列、しかも説明してくれるバレエの先生の真ん前で
爆睡する少女

blog10110801.jpg

子供って悪気がないからなお恐ろしいのよねぇ~

バレエを懸命にPRするその理由

今週7日(日)16時からですね~
砂川地域交流センター「ゆう」で

『誰にでもわかる楽しいクラッシックバレエ』

というイベントがあるんです

blog10110501.jpg

“白鳥の湖”とか“くるみ割り人形”とか
クラッシックの音楽に合わせて踊る
あの “バレエ” です

バレエと聞いて
真っ先に思い出すのは













blog10110502.jpg


そう!
股間に白鳥の衣装!

イッチョメ!イッチョメ!
ワ~ォ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんな下世話なワタシが
何の因果かこのイベントのチーフ

あっ、チーフって言っても
実質事務局の皆さんが準備してくれるので
当日ちょっとお手伝いするくらいで
名前だけなんだけどね


「こんな田舎にバレエで人集まるの~?しかも金払って・・・」

って思うでしょう?
ワタシも真っ先に思いましたよ~

でも人を集めやすいイベントばかりするんじゃなくてさ
こういう文化を知ってもらい親しんでもらうことって
大切だと思いませ~ん?

田舎だからこそのバレエ!
やる意義は深いと思うんです

今回のイベントはそういうことを狙って
舞台裏の再現とか
衣装や踊りの説明とか
皆が聞いたことのある部分を解説付きで踊ってくれるとか
・・・・・・・・etc

バレエのバの字も知らないような人達に

「バレエってこういうものなんだ~」

って親しみを持ち興味を抱いてもらうことに力点を置いて演じてくれるんだって
きっと最後まで飽きずに楽しく観ることができると思います

演者も都会だと5000円以上払わないと見られないような
実に本格派の人達が来るんだそうです

バレエファンには信じられないほどの安さなのです!聞くところによると・・・


何でこんなに一生懸命書いているかと言うと

案の定・・・・
定員を大幅に割っているそうなんです
今朝打ち合わせに行ってきたんですけど
まだチケット100枚も売れてないんだって・・・

チーフだから売らなきゃいけないってわけでもないんだけどさぁ
何らかの縁があったから今回バレエに携わったわけでさぁ
そんなイベントが極々少人数にしか見てもらえないって
なんだか寂しくなってさぁ~

そんなことわかってたことなんだから
もっと早く宣伝しろよ!って感じ?
ウンウンそうそう・・・43年ずーっと反省・・・

というわけで
バレエにほんのちょっとでも・・・・ほ~んのちょっとでも興味のある方
身内やご近所にバレエを習ってみたそうなお子さんがいる方
志村けんのファンの方

当日券絶対あります
仮に万が一売り切れることがあったとしても
ワタシが必ず入場させます(名ばかりのチーフ!)

駅から連絡通路を渡って雨にも風にも当たることなく
歩いて1分!・・・2分?・・・・・2分半?

老若男女、子丑寅卯、猿雉犬鬼・・・・・
とにかくとにかく一人でも多くお誘い合わせの上
バレエ見に来てくださ~い!

『誰にでもわかる楽しいクラッシックバレエ』
http://www.you-yukai.com/konngono-event-info/3987.html



抽選で1名様に志村けんの衣装プレゼント!
(無意味な嘘デス)

机の前には?

皆さんのパソコンのデスクトップ画面は何ですか?

景色?愛車?家族?好きなアーティスト?

ヨメ?

ヨメは無いっしょ~
愛妻家のワタシ(!!)もヨメはあり得ない

ワタシの職場のパソコンの画面
最近変えました

s-P1040809.jpg

この夏砂川子どもの国で撮った姪っ子とのツーショット写真です
とっても気に入ったので試しに貼ってみたら

いや~めんこいでしょ~
太い眉毛可愛いでしょ~

わがままな子なのよ~
好き嫌いの多い子なのよ~

でも可愛い姪っ子なのよ~

この夏の楽しかった思い出が次から次へと・・・・

次いつ会えるんだろうねぇ

などと癒されながらお仕事をするのもいいもんですよ

航空力学入門

昨日ツイッターで
「親子ふれあい折り紙飛行機大会」が岩見沢であったことを知り
どんな感じでやってるんだろうと案内のホームページを見てみたら
よく飛ぶ飛行機の折り方がPDFで紹介されていました

s-ika.jpg

飛距離競技用「いかヒコーキ」

s-sky.jpg

滞空時間競技用「スカイキング」

※いずれもクリックすると大きく見れます

子供の頃どうやったらもっと飛ぶんだろうと
夢中になって試行錯誤したものですが
不器用で思慮の浅いワタシが作る飛行機は
たまたまよく飛ぶことがあっても
全く再現性の無い『一代限り』

なるほど~
こういう比率で作るとよく飛ぶわけだ~

そういう法則を知ってしまうと

折ってみたいっ!

って衝動が抑え切れない
少年の頃の夢よ!もう一度!というわけだ

blog10110401.jpg

というわけで早速作ってみました

で実際飛ばしてみると
確かに少し飛ぶ感じはするが
なんだか今ひとつ・・・

何かがおかしいと
尾翼をちょっと上に折ったり
左右の翼のバランスを整えたり
持つところを変えてみたり
投げ方を変えてみたり

試しては飛ばし試しては飛ばし・・・・・

いや~これ
夢中になりますわ~

これをこうすると何故飛ぶんだろうとか
そういうことを考えるのも面白い

お子様をお持ちの方
或いは子供の頃上手に紙飛行機を作れなかった方
たまには童心に返って
航空力学に触れるのも楽しいですよ

飛ばしすぎて
ちょっと右肩痛いかも

心は童心、身体は・・・

秋限定の母の味

『おふくろの味が一番』
というセリフをよく耳にしますが
正直なところワタシには
『おふくろの味』って何なのかよくわかりません

よくドラマなどで
母の作った味噌汁や煮物食べてしみじみするシーンなどありますが
ワタシの味覚に“記憶”という神経が欠損しているのか
「おお~っ!これぞおふくろの味だ!」
などと感激した経験は残念ながらありません

そんな親不孝な舌ではありますが
この季節に決まって母が作ってくれる
“イクラの醤油漬け”
これはなかなかのものです

blog10110301.jpg

非常に面倒臭い下ごしらえに手間を惜しまないおかげで
ワタシの苦手な生臭さがほとんど無く
調味料も“醤油だけ”というシンプルな味付けなので
この季節ならではの新鮮なイクラの美味しさが引き立ちます

秋は新鮮で美味しいイクラが比較的お安く売られていますからね
今年も特売の日にレジで40分!!も並んで手に入れたというイクラを
たっぷり1kg以上醤油漬けにしてくれました

二人だけで食べ切るのはもったいないので
ヨメの実家にもクール宅急便でおすそ分け
母の力を借りて“親孝行”させてもらっています

もったいないからってチビチビ食べていると
表面がピンポン玉みたいに固くなってきます
だからと言って冷凍保存すると
ワタシの苦手な生臭い“風味”が出てきます

そういう意味で母のイクラの醤油漬けは
この時期この季節に限り味わえる贅沢な味

世間で言うのとは少し違うかもしれませんが
これがワタシにとっての『おふくろの味』なのかも知れません

イクラの醤油漬けが『おふくろの味』だなんて
ちょっと”いいとこのお坊ちゃん”っぽくな~い?

地味ですがプロの技なんです

久々に大きめの特注浴槽の注文が入りました

blog10110201.jpg

ありゃ~!デカイ!
しかも抜くための勾配が無い!
これだけ大きなものに抜き勾配が無いとなると
こりゃすんなり抜けないなぁ~

すんなり抜けないとどうなるかと言うと










blog10110203.jpg

こうなります

型の発泡スチロールを
掘って
掘って
掘って
掘って
・・・・・・

ワタシも何度と無く経験しましたが
普段頼りなげな発泡スチロールも
いざ掘り壊すとなると
どうしてなかなか骨のあるヤツです

汗びっしょりになります

しかも
はずみで付けてしまった無数の小傷を
一つ一つ丁寧に補修するのも膨大な時間を要します
ホント切ない作業なんです

それが
今回はどういうわけか

blog10110202.jpg

スポッ

あれあれ
どうやったの?



職人さんの離型技術の向上を目の当たりにして
ビックリを通り越して
しばし満面ニヤケ顔

なかなかやりますよ
うちの職人さん達

辞書

インターネットって本当に便利なもので
昔なら図書館行ったり色々な人脈を辿らないと知り得なかったような情報も
かなりのところまでわかります

今さらながら画期的なことだなぁと思うんです

もちろん漢字や英語も意味から語源、使い方まで
調べればいくらでも情報を提供してくれます

そんな便利な世の中でも
ワタシの机の引き出しには
いつも集英社の国語辞典が控えています

blog10110102.jpg

大学時代に買ったような気がするので
もう20年ものでしょうか
いい感じでボロボロです

パソコンでチャチャチャと打ってポンと調べれば
ズラズラズラーッと出てくるのにね~
何故か辞書があると落ち着くんですわ
時々どうしても辞書で調べたくなることがあるんですわ

何なんでしょうね
書籍の安心感

生まれたときからパソコンのある世代にも
共感してもらえるのかな?
それともワタシの世代が居なくなる頃には
書籍の辞書なんて無くなるのかな?

さてさて
今日から11月
もう少しペース上げなきゃ
プロフィール

ちばさん

ちばさん
北海道砂川市在住
48歳
妻と二人暮し
FRPの製造会社経営
自社オリジナル商品で
生業を立てるのが夢

カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
ようこそ!
我が社の製品です

DSCN4324.jpg

完全オーダーメードだから
好きなサイズでお作りします
「切り株露天風呂」

20070314192532.jpg

普通のゴミステーションじゃ嫌な方
「ログちっくハウス」

sgomibako.jpg

ペンションや観光地の
ゴミステーションに
「白樺ゴミボックス」

20070314194140.jpg

インパクトで集客アップ!
「ベジ看板」

DSCN4184.jpg

お庭に違和感の無い存在感
「白樺コンボックス」

Amazon
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。