スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さい幸せ

見切り品のマグロを使って
マグロのづけ丼を作ってみました

blog10033101.jpg

辛めのタレに一晩浸けたマグロをあつあつご飯に乗せて
熱したごま油を上からタラ~リと掛けると
ジューッという音とともに立ち上がる香ばしいか・ほ・り

こりゃ絶品ですよ~
久々の大ヒット!
ご飯がドンドン進むクン

しかもわずか150円で3食プラス晩酌のおつまみ
これにはヨメも大絶賛!!
(褒めとけば調子に乗ってまたあれこれ作ること知ってるからね)

安い予算で旨いものができた時の喜びは
小市民ならではの幸せです

ア~~~~~小市民でよかった~~~~~~~~~~~~



先月会社見学に来た子ども達が考えた
「まちづくり企画書」の中で
足湯をテーマにした企画書があったと報告を受けました

blog10033102.jpg

“野球道具の足湯”

これがまちづくりと結びつくのか・・・私の固い頭ではわかりませんが
野球少年達がバットやグローブとともに足湯を担いで球場へ向かう姿
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
練習後まったりと足湯に浸かる子ども達の姿
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

う~ん
全く想像できないけれど
足湯に興味を持って
自分なりに考えてくれた子どもがいたことが嬉しい

ピンと来ないとかいいながら
ツラ~っとパクッテたらごめんね



今日で我が社の平成21年度も終わり
大変なことも多かったけど
結構幸せいっぱいの1年でした
スポンサーサイト

言葉の重さと許す文化

「21世紀枠に負けるなんて末代までの恥。切腹したい。」

こんな衝撃的な発言で辞任に追い込まれた監督さん

確かにひどい発言です
その発言自体が末代までの恥です
しかも翌日の謝罪会見でも
“あの表現は悪かったけど私の気持もわかって欲しい”
って感じの雰囲気漂う今ひとつな会見(テレビの編集がいけないのかな?)
そういう時はできるだけ自己主張せずに平謝りするのが得策だと思いますよ
服装も黒のYシャツに派手なガラのネクタイ・・・・チンピラじゃないんだから
せめて謝罪会見の時くらいはちゃんとしないと・・・

まぁそういったこともあるから苦情も入ったんでしょうけど
学校に1000件以上の苦情の電話・・・って

高校野球の監督ってごく普通の一般人じゃないすか
一般人がうっかり言っちゃった発言に対して
ちょっと過敏すぎるんじゃないかなぁ
言葉選びは下手だったけど本人も素直に謝っているんだし

そんな気持ちでいたら
テレビのコメンテーターが合点の行くことを言っていた

『甲子園に出場するくらいの高校の監督は
自分の時間も家族との時間も何もかも犠牲にして
我々には想像もつかないような情熱を持って野球に打ち込んでいる。
そんな監督が予想だにしなかった負けを喫した時についうっかり発した言葉を
我々のものさしで単純に批判するのはどうかと思う』

そうだよなぁ
長い間高校野球キチガイみたいな生活送った人を
世間のきれいごとで糾弾していいものなのか

そして何よりきっちり謝っているし

なんだか世の中最近
“失言”に対して過剰に反応しすぎるような気がしませんか?

天下国家を揺るがす政治家の失言ならともかく
たかだか芸能人がうっかり『羊水腐る』って言っちゃったがために

「その言葉に傷ついた・・・」
「同じ女性として許せない発言!」

って女性の代表みたいに声を上げてた人がいたけど
いや~本人はすぐに素直に謝っているじゃん
『失言でした、ごめんなさい』って心から謝っていたじゃん

“繊細”という言葉と縁遠いワタシが言っても説得力ないけど
世の中から傷つくことを全て排除するつもりですか?
仮にそんなことができたとして
そんな世の中で育った人間が社会で逞しくやっていけるのですか?

失言をいちいち責めることを良しとする世の中が続くと
それを恐れてテレビも政治も平均点しか出せなくなる
平均点で成り立つ世の中・・・・
そんな世の中つまらない

失言するよりしない方がいいけれど
してしまったら
「ごめんなさい」って
心から謝ったらそれで終わり
むしろそんな『許す』文化を尊重する世の中の方が居心地いいんじゃないかなぁ~と
口の悪い失言野郎のワタシはそう思うのです

ただねぇ~
『米軍基地の問題は3月までに閣内合意することを約束します』
とはっきり言った国家元首が
『3月までに決めることは法律で決まっているわけでもありませんから~』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それはどうかと思うんだけどなぁ~~

そういう時も『ごめんなさい』で許すべきなのかどうなのか

それは私みたいなお子ちゃまにはわかりませ~~~ん!

社会見学

昨日札幌で行われていた「住宅リフォームフェア」に行ってきました

リフォームする気はさらさら無いんですけど
知り合いが出展しているということと
異業種の刺激を求めてみたいという気まぐれと
安上がりな家族サービスと
そして何より
コレもんコレもんなセクシー美女達による「フラダンスショー」があると聞き
駆け付けたわけです

ところが到着してみると
コレもんコレもんは土曜日だけのアトラクション・・・
あからさまに下がるテンション・・・ドヨ~ン

そんなキモチを知ってか知らずか
入口では謎のヒーローがお出迎え

blog10032901.jpg

「テレビのヒーロー?」
「いいえ。当社オリジナルのヒーローです」

道内にもこんな変わった会社があるんですねぇ
そういう遠回りなやる気・・・・・ワタシは共感できます

会場内は家族連れで賑わっており

blog10032903.jpg

ジャグリングショーや

blog10032907.jpg

即興ペインティングショーなど
催し物が目白押し

催し物じゃないけれど
珪藻土で塗り壁を作る体験は面白かった

ヨメの後で真剣にイメージトレーニング

blog10032909.jpg

二人揃って壁塗り

blog10032902.jpg

何が目的だ?この夫婦??

そうそう
テレビ父さんでおなじみのアルティスタさんが
オリジナルバッチ作りで参戦していました

用意された絵に塗り絵をしたり
オリジナルの絵を描いたりしたものを

blog10032905.jpg

その場でバッチにしてくれるという

blog10032904_2.jpg


子ども心をくすぐるアトラクション

そしてこれがヨメの作品

blog10032906.jpg

結構それらしくなるものだなぁと感心しました

中でも
ヨメが一番興味を持ったのは
風水をもとにした家作りのセミナー

blog10032908.jpg

テレビに出演していたりする名の知れた講師だそうで
隣で真剣にメモを取っていたヨメの姿を見たときには
少し引きました

個別の相談コーナーでは
ワタシの枕の向きが良くないと言われ
さらにヨメと私の枕の吉方位が真逆だと言われ
だからって二人で足向け合って寝るわけにもいかんでしょうと・・・
まぁあくまでも風水だからね

なんだかんだと
結局一日中会場で遊んでいました

金もほとんど掛からなかったし
安上がりなレジャーでした

そして今朝起きると
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
隣にはヨメの足が!!!!!

やっぱり試しちゃったのね

不条理の理由

本日無罪が言い渡されるであろう「足利事件」

17年以上にわたり身に覚えのない罪で
人から後ろ指を指され辛い思いをしてきた被告の心境たるや・・・

ワタシが今捕まったとしたら
なんと60歳!!になるまで
人生を自由に謳歌することができなくなるのだ!!

ワタシごときが被疑者の心境を推察するのもおこがましいが
果たしてこの被告は一体“なぜ”このような境遇に置かれたのだろうと
考えずにはいられません

DNA鑑定技術の未成熟?
警察のでっち上げ?

いやいや
そういう“なぜ”ではなくて
この被告がこのような運命を背負って生まれてきた理由の“なぜ”

運命論を説く気はないけれど
そうとでも考えなければ
こんな不条理な境遇に耐えられないんじゃないかと思って

辛かった分だけ
きっと大きな大きな使命を背負っているんだと思う

奪われた時間以上の楽しい余生を過ごして欲しいのはもちろんだけど
その“使命”が何だったのかを知ることができれば
少しだけ納得できるのかなと思ったりして

そういうワタシは
普通の生活が一番
どうかどうか大きな使命など背負わせないで下さいませ

正体不明の珍事

先日のテレビが勝手に点いたり消えたりする事件
そう!
一部では「異次元への通路」と囁かれる“テレ又”事件

あれ以来同じ現象は起こらないが
なんともすこぶるテレビの調子が悪い

たびたび“ビリビリビリーッ”と不快なノイズを発し
画像が歪んだり乱れたり
時として見ることすらままならない

いよいよこのテレビも寿命が近づいているのかと諦めていたが
先日実家でテレビを見ていたら
なんとここでも同じようなノイズが!!

ここのテレビも「異次元」へ??

いや待てよ・・・・
我が家も実家もまだアナログテレビ
もしや・・・

地デジ化まで残り1年ちょっと
ところが地デジへの切替普及率は今ひとつ伸び悩んでいると聞く

さてはアナログテレビの電波に意図的に障害を起して
テレビの買い替えを促すという国家的陰謀か?!
貧しい我々にはテレビを見る権利すら与えないということか??
くそーっ!小沢めーっ!

一方“怪奇現象説”もいまだに根強い

テレ又事件の翌々日には脱衣所の電球が突然切れ
さらに給湯ボイラーがたびたびエラーを起こしてダウン
ついには炊飯器のアラームが弱々しくなり

そして何より・・・
何よりミステリアスなのは

ワタシが一口も食べていない頂き物のお菓子が

いつの間にか・・・

いつの間にかすっかり無くなっていたのだぁ~!

キャ~~~~~!!


あれっ?なぜ目をそらすの?
奥サ~ン

新たな可能性に期待!液体!凝固体!

来年度の足湯レンタルのスケジュールがパラパラと埋まってきました
本決まりになったらドド~ンと宣伝したいところがいっぱいです

そんな中、先日老人ホームから問い合わせがありまして
打ち合わせに行ってまいりました

なんでも周年記念事業で再整備する花畑のふもとに
足湯を置く計画があるんだそうです

外で足湯なんてお年寄りには面倒じゃないの?
・・・・と思っていたら
目的の一つに
『ホームの利用者に“外に出る”目的を作ってあげる』
ということを挙げていました

散策しやすいように周辺を整備しても
“建物から出る”こと自体億劫だからなかなか出ない
ならば「外に出たい」と思わせる理由を作ってあげようと
花壇の整備や足湯の設置を計画したんだそうです
さらに地元の方々にも開放すれば地域貢献や利用者との交流の場になる

ところで足湯を扱っているところってナニ屋さん??

そんな時新聞を見て
「こんな会社が近くにあるんだ」
と我が社の存在を知ったのだとか・・・
道新サマサマです・・・

老人ホームは当然ご利用頂きたいターゲットでしたが
これまでもなかなか決まらず
ここまでお話が進んだのは今回が初めて


「近くにこういう会社があってよかったです」

ガッツ!ガッツ!ガッツ!

求められる企業って感じじゃなぁ~い?!
こういうこと言われると幸せで幸せでおしっこチビっちゃう

「思ったよりも高くなかったし・・・」

ガッツ!ガッツ!ガッツ!

実は最近「結構高いですね~」って言われて傷ついていたのよぉ・・・
何せまだまだの回転率だから
これでも結構“冒険価格”なんですけどねぇ~

「是非色々とアイディアを出し合って・・・」

ガッツ!ガッツ!ガッツ!

小一時間の打ち合わせの中でも
互いの持つ情報を積極的に交換することができました
ワタシの知らなかったこと、思い込み等たくさんの情報を得ることができて
今回の件は我が社にとっても成長のチャ~~ンス!

新たな可能性を発見できるかもしれません

春はなんだかワクワクすることいっぱいです

s-ガッツ s-ガッツ s-ガッツ

手品みた~い

昨朝いつもどおりに出勤の準備をしていると
なんとな~く右肩に違和感が・・・・

その違和感はやがて痛みへと変わり
あれよあれよという間に肩から首周りまで広がり
間もなく振り返ることすらままならないほどになった

もしやこれは・・・
四十肩?!

人の話を聞く限りだと
手が上がらなくなったり痛みで夜中目が覚めたり
随分と長い間辛い想いをするらしい
振り向くたびに
「アタタタターッ」
っとおじいちゃんの如く悲鳴を上げる人生になるのか・・・

ヤダヤダヤダヤダヤダーーーー!

首が回らないのは会社だけにしてよ~~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

困ったときは我が家の“コンビニエンス鍼灸師”

症状を話すと早速ピンと来たようで
ワタシがイヤがる鍼の代わりに
子供向けに使うという変な棒を取り出し
右手の甲を ギューッ~~!! と

blog10032301.jpg

するとどうでしょう!!

痛みは残るものの
さっきまで前方60度しか曲がらなかった首が真横を向き
やがてやや後方まで振り返られるようになったではありませんか!

オオーッ!
スゴイ!!


さすが中国四千年!

ついでと言っちゃぁなんですが
その棒で会社の首回るツボ押してくんない??

春の嵐

身の危険を感じるほどの強風が続いた昨日
我が社のオンボロプレハブ事務所は
今度こそ吹き飛ばされるんじゃないかと気が気じゃない

バリバリバリ~ッ

と屋根が剥がれて

ズサ~~~ン

と壁が倒れて

ヒラヒラパッパヒラパッパ

と書類が舞い飛んでいく

遠くから地鳴りの様にうなる風が近づくたびに
そんな恐怖の光景が頭をよぎる

近所の屋根がめくれたりしてたけど
幸いわが社は今回もセーフ
案外しぶとくて助かりますわ

春一番はスカートがめくれるくらいが丁度いい
イヤ~ン

ネタが尽きた?

今朝の日経MJ 『桂ざこばのざっこばらん』

blog09031901.jpg
↑クリックすると拡大して読めます

商売っていうのはお客さんの感謝の気持ちで成り立つべきものだよなぁ~と

売上のためとか会社の発展のためとか
そういうことを目標にして仕事をするのが
ちょっとピンと来ないダメ社長としては
こういうお店の姿勢に感銘を受けます

それにしても
海外までカジノなんかに出掛ける人って
本当にいるんですねぇ

カジノって商売も
お客様の感謝の気持ちで成り立っているから続いてるのかな?

足湯の神様に誓って・・・

1ヶ月ほど前
道内のとある観光施設で足湯を借りたいと申し出がありました

予算が厳しいとのことでしたが
初めてご利用いただく時はどこも費用対効果を心配するもの
まずはお試し価格でと
快くご予算に合わせてお受けしました

ところがなかなか最終的なお返事を戴けない
レンタル予定日も押し迫る中
「どうなりそうですか?」
と何度かお話していくと
担当者は是非置きたいと思っているが
どうやら一部の上司からハンコを戴けないとのこと

「一年の中でも最も閑散期のこの時期に
果たして足湯を置く意味はあるのか?」

う~~~ん

閑散期の集客対策の一つとしてご利用いただく場合
ある程度長期間置くことを前提に地域内外に周知すれば
地元の人達を中心に人が訪れるようになり
色々な相乗効果が期待できます

地元の人と観光客の “ふれあいの場” となった羅臼町さんの例は
ワタシの中で誇りに思っています

でも今回の設置はわずか数日
シーズン外れに偶然訪れた観光客が「ワッ!足湯だ」となる程度
お安くしたとは言え大切な予算を使う以上
この上司のおっしゃることももっともだと思いました

財政難の当社としては売上が欲しいのはヤマヤマですが
“まぁまぁ・・・”と上司を口説いてもらってお貸しするのは
果たして正しいことなのか?

迷ったんですが思い切って
「どうでしょう?もう一度練り直してみては?」
とご提案しました
「近いうちに貴施設にお伺いしますから
効果的なご利用方法を一緒に考えませんか?」


たかが足湯にどれほどの期待を寄せているかはわかりませんが
利用してもらう以上は
「借りてよかった」
と言ってもらいたい
「また来年も」
と思ってもらいたい
その想いから掛け離れそうな時
我が社の方からお断りすることが正しいのかどうかはわからないけど
“足湯のプロ”として損得抜きに的確にアドバイスすることは
多分正しい

幸い先方も納得して下さったようで
「是非近いうちに!」
とお約束して受話器を置きました

これでいい
これでいい
これでいい





あ~ぁ
売上減ったぁ~~~

もったいねぇなぁ~

ワタシの中の天使と悪魔が小競り合い





と思っていたら
「ホームページを見て来たんだけど・・・」
と突然訪れた一般のお客様が
ちょうど今回の足湯の売上くらいの買い物してくれました

偶然にしてもなんだかスゴくな~い?

足湯の神様のご褒美かしら?

も・も・も・もしかして・・・・・・・・・・・・・
あのお客様が・・・?!


ashiyu_no_kamisama.jpg

『足湯の神様』想像図

これぞ高校時代 ”美術4” の実力


あっ、10段階でね・・・

チャレンジすることが素晴らしいこと

先日弟夫婦と飲んだ席で商売の話に花が咲きました

うちの弟は小さな居酒屋さんを経営して6~7年になります
最初店をやりたいと相談を受けた時は
あまりの無計画さに反対しましたが
“やりたいことはやりたい!”の千葉の血統
奥さんの献身的な協力もあって
どうにかこうにか潰れず続いています

兄のワタシが言うのもなんだけど
結構こだわった美味しいものを出してくれます
そこらのお安い居酒屋さんとは明らかに一線を画しています

わかる人にはわかってもらっていて
良い常連さんもそれなりに付いているようですが
ご多分に漏れず経営的にはなかなか苦しいようです

安い料金設定して質より量で商売するのも一つの方法だけれども
やはり「この店はウマイ」って理由で選んで欲しい
でも人口数万人の景気の悪い田舎町で
そんな理想を追って商売するのはなかなか難しい

一方美味しいものを食べるためなら千里を渡っても訪れる人がいる時代
地元だけでなく全道全国のグルメを相手に商売できないものか

そんな話の中で
「自信の一品をネット通販してはどうか」
という考えが浮かんだ

よそに無い特徴のある商品で、しかもウマイとなれば
必ずアンテナの高い人が見つけてくれる
そのホームページに店のこだわりなんかを面白おかしく紹介して
お店自体に興味を持ってもらう
そして口コミが始まりその中の誰かがあわよくばご来店・・・みたいな

そんな上手くいくわけないしょ・・・って?

そりゃシナリオ通りにはいかないかもしれないけれど
動かなければ何も変わらないんだよぉ
大して金も掛からなそうだし試してみる価値あるしょ

幸い幾つか商品候補のメニューがあるらしい
ただどれも手間が掛かるので一日10個程度しか作れないと言う

そ~れそれそれ
そういう “ストーリー付き” がいいんですよ

『マスターしか作り出せない秘伝の味』

『一日わずか10個で精魂尽き果てる情熱の一品』

『来年の夏まで予約でいっぱい。ごめんなさい』


みたいな

「なんか妄想だけでワクワクしてきた!」
って段々乗り気になってきた弟

でもここからが肝心
実行に移すかアイディアだけで終わらせるか
たったそれだけの違いが後々とてつもなく大きな違いを産むんだよ

保存方法とか重要な課題はクリアしなきゃいけないけど
あとは最初から完璧じゃなくてもいい
まずは走り出そう
心配事考えたら考えてるだけで疲れちゃうから
まずは走り出そう
走りながら改善していけばいい
走り出せば今まで見えなかった色んなものが見えてくるからね

ほらほら身近に良い教材が・・・・
そう!そう!
どこかの足湯屋さん

「やっぱりもう少しじっくり考えるわ」
って、オイオイ

弟の店 「おだちもっこ」 http://www.odachimokko.com/

mise_1.jpg

map.gif

「お兄さんの知り合いだよ!」

と言うと
もれなく「あっそうですか」と言ってもらえます

鍼灸攻防戦

日曜の朝起きたら
左手親指と人差し指に軽いシビレがあった
寝相が悪かったのかな・・・くらいに思っていたが
いつまでたってもシビレが治まらない

まさか脳梗塞?

左手ってことは右脳?
ワタシの卓越した芸術的創造性を司る右脳に障害が??
これは国家の損失!
世界の憂い!
宇宙存亡の危機!!

宇宙的見地で心配になってきたのでヨメに言ったら
首のあたりを触診して一言

「あれっ?なんだこのしこり?」

し・し・し・・・・しこり?
もしや癌?
厄年を終えたばかりだというのに
儚くも散り逝く運命にあるというのか?

「ちょっと鍼打たせて」

ハ・ハ・ハ・ハ・・・鍼?
首にハ・ハ・ハ・ハ・鍼?
こんな細いところに神経いっぱいいっぱい通っている首にハ・ハ・ハ・ハ・鍼?

いや奥さん
いくらなんでもそれはちょっとおっかないですよ奥さん

「何人も患者さんに打ってるから大丈夫だって」

いや奥さん
こればかりは確率論で納得するわけにはいかんですよ奥さん
癌細胞に鍼が刺さって破れて
ブワーッ!って全身に広がって転移したらどうするの?奥さん

「癌じゃないって。そのしこりに鍼打ったら治るはずだから」

は・は・は・・・はず・・・って奥さん
開けて見たわけでもないのにどうしてわかるの?奥さん
ヤダヤダヤダヤダ
シンジラレナ~イ

結局鍼は固辞して症状からネットで調べてみたら
“頸椎症”の疑いあり
首のヘルニアみたいなもので
一種の老化現象だそうな

老化現象ですか・・・・・
ある意味脳梗塞やガンよりショックです

一方諦めの悪い鍼灸師は

「鍼打たせてくんない?試してみたいなぁ・・・」

た・た・た・・・試してみたい・・・・・・って奥さん

“日航東照宮”と“知恩院”と“我が社”の意外な共通点

先日笑福亭鶴瓶がインタビューでポロッと言った言葉が気に掛かった

『満つれば欠くるは世の習い』

満ちたものは必ず欠けていくのが世の習い

現状で満足するとあとは落ちていくばかりだから
慢心せずに精進しなさいよ・・・みたいな教えだそうな

『みつれば かくるは よのならい』

なんと語呂が良くて心地よい響きなんでしょう 
こういう言葉に出会うと嬉しくなっちゃいます

なんだかすごく気に入ったので
見積を後回しにして(!)ネットで調べてみたら
意外にも昔の寺院に象徴的なエピソードが隠されていました

物体は完成するとそこから同時に崩壊が始まる
これを避けるために建築物に未完の部分を残すということが
かなり昔から行われていたそうで

柱の一本だけが逆の模様になっている日光東照宮の逆柱(陽明門)

sakabashira.jpg
(左の模様が正解。一本だけ右の様に逆さ模様になっている)

屋根の大棟に瓦が2枚残されている京都の知恩院

chion-in.jpg

わざわざやり残しを作って
寺院のますますの発展を願ったんだそうな

ためになるねぇ~~
ためになったよぉ~~~


mouchuu.jpg

でも・・・でも??
せっかくの素敵な格言が
ただの縁起担ぎとして捉えられているような・・・
ちょっと違和感
余計なこと調べなきゃ良かった

そういう我が社の足湯も
まだあちこち改良点を残しています

ますますの発展を願って・・・・・・
ですけど・・・・・・
何か?

ファン感謝祭

本日はワタシのブログのファン(!)が来社してくれました

JC時代に一度名刺交換したことがある方なんですが
偶然見つけてくれた私のブログを読んで“会いたい”と・・・
ワタシのキーボードマジックにまんまと騙されてしまったわけです

会ってがっかりされる注意報90%なので
本来であれば
「ご家族の方以外面会謝絶です」
とお断りしたいところですが
そこは他市とは言えJCの可愛い後輩のお願い
わざわざ足を運んでもらいました

お話してみると
まぁワタシのこんなブログに共感してくれる人ですから
当たり前といえば当たり前ですが
価値観や考え方、行動パターンが似ていて
話が盛り上がる盛り上がる

「土壇場にならないと力入らないよね~」
「どうにかなっちゃうからまた繰り返しちゃうんだよね~」
「時間ができるとどうでもいいことやりだすよね~」
「損得より“やりたいかやりたくないか”だよね~」

互いのダメ暴露話に大いに共感すること3時間
ホントに楽しい時間でした

この方もともと公共事業90%越えの土木屋さんでしたが
数年前から一般住宅の庭造りなどの外構に力を入れ始め
順調に業績を伸ばしているようです

こだわりの一つとして
「客の希望と予算を両立させるために徹底的に知恵を絞って打合せを繰り返す」
ことを挙げていました
時として何十回も打ち合わせに伺うそうです
公共事業の物件に慣れてしまった人にはなかなか真似のできないこと
非常に大きな武器であり他社との差別化だと思います

「美味しい800円の蕎麦とそうでもない750円の蕎麦があるとして
公共事業の入札物件は大概 価格 で選ばれるが
民間のお客さんなら  で選んでくれるかもしれない
それが楽しい」


そうそうそうそうそうそうそうそうそう・・・
もう首がモゲるくらい頷きました
エンドユーザーと直接やり取りするのは
気苦労も多いけど嬉しいことも多いんです
この“嬉しいこと”をどれだけ嬉しいと感じられるかが
成否の分かれ道のような気がします

『露天風呂のあるお庭造り』
のご提案も考えてくれるとのこと
お金や利害関係の共有だけじゃなく
志しを共有できる人と仕事ができるとしたら
ホントに幸せなことです

今回の嬉しいご縁も
全てこんなブログを続けてきたおかげ
発信って大切なことだとつくづく実感いたしました

あっでも
基本的には 「家族以外面会謝絶」 です
お引取り下さい・・・・・・差し入れは受け付けます

平野建設株式会社 http://www.hira-ken.com/
なんとな~くワタシと同じ匂いのする専務のブログ http://www.ganken.jp/hirano/

今日からしばらくカレー臭

“絶品カレー” と呼び声の高いレシピを手に入れた

カレーと言えば私の大好きな “コトコト系” 料理の王様

たまねぎをあめ色になるまで弱火でじっくり炒めて~
野菜やお肉の旨みがギューッと詰まったスープを
時間の許す限り丹念に煮込んで~

blog10031201.jpg

あ~ぁ!
この慌てず焦らずじっと堪えて待っている感じがたまらなく
普段は短気でせっかちなワタシも
この時ばかりは進んで我慢

今回はターメリックやシナモンなんかも入れて本格的
トマトピューレとチキンブイヨン
隠し味には味噌・醤油

美味しくなーれ!美味しくなーれ!と
語りかけるようにゆっくり丁寧にかき混ぜる

時折ペロリと味見をすると
どんどん深みが増してきて
イヤが応にも期待が膨らむ

でも今夜は食べない

明日の朝
もう一度火に掛けてから食べるのだ
今夜はお預け ワンワン クゥ~ンクゥ~ン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで一夜明け
温め直して朝カレー

blog10031202.jpg

さぁ召し上がれ~!

ん?!
ウマイのか?

色んなもの入れすぎてようわからん
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
きっと・・・きっと旨いんでしょう・・・



このブログを見たあなた!
もしかして
カレー食べたくなりませんでした??

ものもらい殺人事件

なんだか左目がゴロゴロすると思ったら
どうやら “ものもらい” を “もらい掛け” のようです

blog10030901.jpg

ってことをヨメに話したら

「ものもらいに効くツボあるよ」

なに~!!
そんな些細なことまでツボで直すの??
さすが中国4千年

しかもワタシの苦手な鍼ではなくてお灸だそうな

それならば早速お願いしますと言うと
やおら鍼灸の本を開きだし
続いてパソコンに向かうこと小一時間

ようやく
「ネットとかで調べてみたけど
 どうやらホントに効くらしいわ」


・・・・・・・・

ネットの情報って・・・あ~た・・・
ホントに資格持ってんの??

疑心暗鬼になりながらもお灸開始

blog10030902.jpg

もぐさに火を付けて

blog10030903.jpg

ほんの数秒後
“熱っ!” ってなる絶妙なタイミングでもぐさを取り払う
これを5回くらい繰り返して終了

blog10030904.jpg

そしてこれが名誉の傷跡

ウ○コ拭いた時ウッカリ人差し指に・・・・・みたいな・・・

ちっとも痛くないから
この色はもぐさの成分が移っただけなのかな?

今日で2日目だけど
ゴロゴロ感が減ってきたような気がする
効いたのかな??

でも予防しちゃうと
果たしてお灸のおかげだったのか
それとも自前の治癒力だったのか微妙

それでもヨメは
「いい実験台になった」
と満足げです

実験台・・・・・・ 

もしも・・・もしもワタシが突然不審死した時は
刑事さん
どうか身体の隅々までよ~く調べてください・・・


「奥さん・・・この無数のウ○コの拭き忘れの痕が
 動かぬ証拠です!!」

     さぁ~~眠りなさい~疲れ切~った・・・・   blog10030905_50.jpg

妖怪 テレ又

昨夜帰宅すると
誰もいない真っ暗な家の窓から青白い光がチラチラと瞬いていた

テレビだ!
消し忘れたか??


でも待てよ・・・
出かけるときにテレビを消したのはワタシ
どう思い出しても消したはずだ
「つまらねぇ番組だなぁ・・・」
とか言いながらポチっと消したんだ
間違いない!!

そういえば数日前に帰ってきた時にもテレビがついていた
その日出掛ける前にテレビを消したのはヨメだが
「消したはず」
と主張するヨメに
「どうせ消し忘れたんだろう。サザエさんなんだから・・・」
と冷たくあしらった
もちろん不審者が上がりこんだような形跡もないから
”ヨメのドジ” ってことで解決した

でも今日は絶対に消し忘れていない!
これはどういうことだ??

誰か侵入したのか!?
はたまた怪奇現象か!?

テレビから流れる楽しそうな笑い声をよそに
なんだか背筋に冷たいものが走る・・・

とは言え
幸か不幸か考えてもわからないことをいつまでも考えるタイプじゃないので
そんなことがあったこともすっかり忘れて
いつもの様にぐっすりと眠りこけていると

○×△@*□бЩ☆☆☆・・・・・

突如闇夜に響く聞き慣れぬ男女の声

かと思うと突然静かになり
またすぐに
○×△@*□бЩ☆☆☆・・・・・

ナンダ!ナンダ!

「テレビ・・・勝手についたり消えたりしていない?」

隣で寝ていたヨメが小声でささやく

ポルターガイストか?!
超常現象か?!
そこにいるのは誰だ~~~?!


勇気を振り絞って恐る恐るリビングに目を向けると
うっすらと透けかかった寂しげな人影が
ぽつりとソファーの上に・・・
やがてゆっくりとこちらに視線を向けたその顔は・・・

キャ~!!

なんて思わず想像しちゃって
鳥類がヤキモチ焼くくらい全身鳥肌が・・・・

さてさて・・・
もう15年目となる我が家のブラウン管テレビ
随分前から調子が悪いが
ついにここまで“ボケ”が進んだか・・・
「あれっ、ワシは今ついていたんだっけかな?」
「みゆきサ~ン!メシはまだか?」

あるいは・・・
ある“おバカ”な地元ラジオ番組で
『10歳以上の年老いた飼い猫は“猫又”という妖怪に変化する』
という伝説を聞いたことがある

もしやこのテレビ
テレ又・・・
夜な夜な行灯の蝋蜜を舐める・・・

“ボケ”でも“テレ又”でも構わんが
とにかくまだ新しいテレビ買いたくないんだ!!
もう少しだけ・・・もう少しだけ頑張ってくれ~~~!!

日曜だからどうでもいいことダラダラと

日曜朝7時から放送されている「カラダのキモチ」

karadano-kimochi_main.jpg

笑顔が癒される“根本く~ん” (みの風に) がレギュラーの番組で
みのもんたはキライだけど彼女の笑顔を見たいワタシは毎週楽しみにしています

今朝のテーマは“夫婦間ストレス”

夫婦間でストレスを感じる時はどんな時??

 → 
○外面がいい
○連絡が無い
○夕食は何でもいいと言う・・・「夕食ナニ食べたい?」「美味しいもの」
○話を聞かない


 → 
○話が長い
○過去のことを蒸し返す
○出発前にバタバタする
○朝に夕食の事を聞く


ある!ある!

特にワタシがイライラするのは
出発前にバタバタすること
何時には出発するってわかっているのに
ギリギリになってあれもこれもと動き出す
もう置いて行っちゃおうかと思うこともしばしば

この思考の違いには
左脳と右脳の情報伝達をする“脳梁”なる神経が
男性より女性の方が太いということに起因するそうだ

これが太いぶんだけ女は多角的な思考ができて
次々と連鎖的に浮かんじゃう
帰宅してからのことまで考えて行動しちゃうからだそうな

一方直線的な思考しかできない男は
その分論理的に考えて補う習性があるんだそうで
たとえば
仕事から帰ったら奥さんが具合が悪くて寝込んでいると

「メシはどうするんだ?」

と聞いてしまって逆鱗に触れちゃう

【事象】 ヨメが寝込んでる
  →【問題】 メシの準備ができない
    →【解決】 メシはどうするんだ? と聞く


実に論理的でしょ??
やさしいやさしくないの問題じゃなくて
目の前にある課題を解決しなきゃ!!という本能が優先しちゃうんだねぇ

その他にも女性共感脳男性解決脳だから
女性がする長話やグチは
相手に共感して欲しいだけなのに
それを聞く男性は「じゃぁこうすれば」とか解決策を提案しちゃう

このギャップが時として大喧嘩に発展しちゃうわけだね

女性が過去のことを蒸し返すのも
側頭葉(長期間)と偏桃体(短期間)の記憶のメカニズムの違い
感情で記憶するのが女性なんだそうな

「感情記憶に時効はない!」

なんだかゾワッとする恐ろしいキーワードです

「そんなことない!」「オレは違う!」って反論もありますけど
科学的に解明されている以上事実なんでしょうから
どうしてもそういうのがイヤなら

【事象】 結婚しないか男性と結婚するしかない
  →【問題】 一生一人身はイヤ!でも男と結婚するのはもっとイヤ!
    →【解決】 あきらめる


男らしく論理的に納得させて頂きました
これからもよろしく・・・

けいざいナビ45

いつもお世話になっている 遠藤木型さん
明日朝9時から放送のTVH「けいざいナビ45」なる番組に登場します

blog10030502.jpg

昨年も「塗りプラ」で同番組に登場していますが
今回は内容も時間もグレードアップして
会社の隅々まで(?)紹介してくれるかも

最新マシーンと昔ながらの職人技術を兼ね備えた頼もしい会社
木型屋って何やってるの??とお思いの方
これを知ると仕事の幅が広がるかも!!

番組で紹介される「ハローキティーグルメ鍋」は
なんと新千歳国際空港のお土産屋さんで扱われるんですよ!!

メイドイン北海道にこだわった商品なので
中国製なんかと比べると製造原価がちょっと・・・かなりお高い
したがって仲介業者を挟んで売れるような代物じゃないんだけど
それでも扱いたいと言ってもらえる商品力!
そして何より情熱!!

大いに見習わなければならないのです

是非番組を見て刺激を貰ってください!!



刺激といえば
今朝発見したウイルスソフトの広告

blog10030501.jpg

ついクリックしたくなる
このインパクトは勉強になります

布製ですけど社長イス

blog10030401.jpg

これはナニ??
正解はイス

座面や背もたれのスポンジがヘタっちゃって
金属がゴツゴツ当たって痛いので
毛布縛り付けてクッション代わりにしてました
エコ・・・?ケチ・・・?

でも座っていると毛布がずれたりして結構ストレス・・・
ちゃんとしたイス欲しいなぁ・・・

って思っていたら
某店で展示品処分の特価品に出会いました

blog10030402.jpg

背もたれが高くて
座面のホールド感もなかなかで
肘掛けなんか付いちゃったりして
その上ユラりんこリクライニング機能付き

申し分ない!!

早速買ってデスクの前に置いたら

blog10030403.jpg

肘掛けが引き出しに当たってこれ以上入らない

泣く泣く肘掛け取りました・・・

blog10030404.jpg

贅沢感が減少しました・・・

肘掛けが当たらないデスク
特価品で売ってないかなぁ



去年と比べて今年は足湯レンタルの問い合わせが多いように感じます
どちらかと言うと道内より本州からの問い合わせが多いです

少人数掛けで良いのなら
送料のことも考慮して本州にある協力同業社を紹介しますが
大きな足湯がご希望なら我が社だけなので対応します

お客 「設置や管理もしてもらえますか?」
ワタシ 「いいですけど旅費等実費頂戴しますよ」
お客 「幾らくらい掛かりますか?」
ワタシ 「飛行機と宿泊費で6万と・・・」
お客 「・・・・あのぉ~・・・どちらから来られるんですか?」
ワタシ 「北海道ですけど・・・」
お客 「ホ・ホ・ホ・・・北海道??」

北海道の会社だと知らずに問い合わせてくる方が
案外多いんです
中には”千葉県”の会社だと決め付けて電話してくる人も・・・

がっかりさせちゃってごめんなさいねぇ~だ

春ですよ~!

昨日夕方
かねてより 『どうアプローチしようか』 と狙っていたところから
足湯のレンタルの問い合わせがありました

失敗したくないから紹介ルートを探して慎重にコトを進めよう・・・
とガラにも無いことを考えていたくらい欲しかったお客サマ

まだ問い合わせだけだから書けないけど
決まる前からブログに書くってことは
よほど嬉しいんだねぇ~・・・・嬉しいんだよぉ~
朝メールを見て思わず
“オオオォッ~!”
って吠えました
今思い出しても興奮しちゃいます
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここまで書いて明かさないんだぁ・・・
イヤなブログだねぇ~

午後にも以前営業に行った自治体から足湯の問い合わせがありました
何だか今日は調子いい??

おかげ様で随分と実績を積み重ねさせて頂いたけど
もっともっとワクワク、ドキドキ、ムラムラ・・・するようなことを
どんどん次々仕掛けていかないと・・・って焦っています
まだまだヘナチョコ3丁目です
のんびりしている暇はないのです

幸い(?)3月は工場がさっぱり暇です
来月末資金繰りで苦しむことは目に見えているけれど
なるようにしかならんのだ!
我が社では “暇” と書いて “開発のチャンス” と読むのだ!

ワタシも社長らしく(?)苦手な営業廻りしなきゃねぇ

ってことで
丁度名刺が無くなったので新たに作り直すことにしました

名刺

ワタシが作るものはどうしてもクドくなる傾向にありますが
貰ってインパクトのある名刺
そしてオモテ面に商品の紹介がしたくて
こんな出来でも随分頭を捻りました

どの写真にしようか迷って結局10種類作りましたが
どれも甲乙捨てがたいので (目くそ鼻くそとも言う)
全部採用!

10種類全部集めたら
特製名刺ホルダーが当たる!?

まぁ初めてのことですから・・・

な~んでいちいちスムーズに行かないんだろうねぇ
足湯・・・・・
子供たちが見学に来た土曜日も朝からどたばた

4台設置なんて初めてだったのもあったけど

「あれ?!動かん!!」
「あれ?!ジェットが出ん!!」


と、獅子てんや瀬戸わんや

blog10030104.jpg

あれよあれよと時間が過ぎて
子供たち到着1時間前に
最後の一台がやっと動いた

足湯はどうにかなったが
まだ構想していたレイアウトには程遠い・・・
あれどうしよう・・・喋ることもまとめてない!

まぁいいさ
なるようになるさケセラセラ

でガキども到着

blog10030105.jpg

FRPってな~に?
どうやって作るの?
ナニに使われるの?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
質問なんか交えちゃったりして
な~んとなくこんなこと喋ろうと思っていたことが
案外スムーズに口から出てきたんだけど
あっ・・・後ろの子供たちが聞いてない・・・
前の子供たちも寒そ・・・・・・

そっかぁ~・・・足湯に入るために薄着なのねぇ・・・・

ってことで空気読んで
考えていたことの半分も喋らず足湯タ~イム!!

班ごとにローレルさんで作ってきたばかりの入浴剤を入れて

blog10030101.jpg

熱いだのヌルイだのギャーギャー騒いでたけど
まぁ結局は喜んでもらっているようなので
良かった良かった

blog10030102.jpg

blog10030103.jpg

わずか30分足らずの足湯のために
これだけの労力・・・・・贅沢ねぇ
それもこれも
未来を築く子供たちのためですから ( ̄。 ̄)ホーーォ。
プロフィール

ちばさん

ちばさん
北海道砂川市在住
48歳
妻と二人暮し
FRPの製造会社経営
自社オリジナル商品で
生業を立てるのが夢

カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
ようこそ!
我が社の製品です

DSCN4324.jpg

完全オーダーメードだから
好きなサイズでお作りします
「切り株露天風呂」

20070314192532.jpg

普通のゴミステーションじゃ嫌な方
「ログちっくハウス」

sgomibako.jpg

ペンションや観光地の
ゴミステーションに
「白樺ゴミボックス」

20070314194140.jpg

インパクトで集客アップ!
「ベジ看板」

DSCN4184.jpg

お庭に違和感の無い存在感
「白樺コンボックス」

Amazon
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。