スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年度末に思うこと

今日で3月が終わりです

3月は我が社の年度納め

今年は色々チャレンジしたな~

イメージどおりにはなかなか進まなかったけど
大きく前進した1年でした

明日から始まる21年度は
今年1年、がむしゃらに蒔いたタネを実らせる1年
そろそろ成果をドンドン出さなければ
そろそろ会社がもちませんから・・・

もっともっと大きな結果を出せるはず!
それだけは誰に何と言われようと自信があるのです

見かけはデカイが中身は可愛いこのオツムをひねって
せっかくのタネを無駄にしないようにしなければ

そんな年度末に朗報が舞い込んできました

7月中旬から1ヶ月間
羅臼町で足湯を借りる予算付けが取れたと担当者よりご連絡いただいたのです
初の長期レンタル!
嬉しくて心強い実績を作ることができそうです
スポンサーサイト

夫婦二人の大捕り物帳

すっかり日も落ちた夜7時
突然嫁から電話が掛かってきた

  「今、家にいるの?」

 いえいえ、私は事務所でお仕事中です

  「ええっ!家に電灯点いてるんだけど・・・怖い・・・」

ななな、ナヌッ~?!
もしや泥棒?!


我が家は工業団地の中にポツンと建つ一軒家
何となく狙われやすそうな立地なので
戸締りにはとても気を付けているが
ついにその時が来たか・・・

 今すぐ行くから車で待ってなさい

何か武器、武器・・・
事務所にあった大きめのスパナを片手に
小走りで自宅へ向かう

確かに電灯が点いている

高鳴る鼓動
ドックンドックンと音がする

警察に電話しようか・・・
しかし警察が来る前に逃げられるかもしれない
まずは状況把握だ
いざとなったら俺が捕まえる・・・腹を決めた

まずは嫁の安否を確認
嫁は車中でプラスチック製のスノーブラシを両手で握り締めている
護身用のつもりか・・・無いよりはましだが・・・

続いて物音を立てないよう慎重に家の周りを一周した
・・・・・・・・・窓ガラスを割られた形跡は無い

玄関から進入か?もしや鍵を掛け忘れたか?

恐る恐る
居間の窓から中の様子を伺ってみる

隣部屋に点いている明かりが
薄ぼんやりと居間を照らしている

 乱雑に引き出された押入れ・・・
 ゴソゴソと不気味に動く黒い影・・・


そんな恐ろしい光景を覚悟しつつ部屋の中を見回すも
変わった様子は伺えない・・・
人影も無い

もう逃げた後か
それともここから見えない所にいるのか?

とにかく電灯が点いているのは事実だ
何かがおかしいのだ

こうしてじっと見ているわけにもいくまい
こうなったら潜入するしかない

万が一のために台所の窓から家の中を嫁に監視してもらい
玄関から潜入することにした

ピ~ンポ~ン
一か八かインターホンを押す
・・・・・・・・・・・・・・
 「はい、誰ですか?」

インターホンからそんな返答が来たらどうしよう・・・と思うと
ゴクリと飲む唾が喉を通らない

しかし何の応答も無い
何となく人の気配を感じる気もするが気のせいかもしれない

しばらく様子を伺った後
ガチャリと鍵を開け
ゆっくりドアを開く

不意に力強く押し返されるドア!
勢いよく飛び出してきた大きくて黒い陰!


と、最悪の展開を描く妄想は膨らむばかりだ
スパナを握る手は汗で湿っている

しかし
ドアを開けるとあまりにいつも通りの玄関がそこにあった
見知らぬ靴があるわけでもなし
土足で上がった形跡もなし
・・・・・・・・・
慎重に居間のドアを開けて
パチリと明かりを点ける

荒らされた形跡が全く無い・・・

間もなく嫁も家の中へ
念のため風呂場からトイレから家中探し回ったが
誰もいない 何も変化していない

何かの弾みでうっかり電灯のリモコンスイッチを押してしまって
そのまま外出した・・・・としか考えられない

ホッと胸を撫で下ろしたものの
あまりの緊張感にグッタリと疲れ果てる二人
そしてやり場の無い憤り・・・

結局何があったわけでもありません
ただ間抜けな夫婦の珍事件簿を
ちょっとだけサスペンス風にお届けして
分かち合いたかっただけです



これは今日のブログネタだな、どうやって書こうと思いつつ
今朝いつも日課のブログチェックをしていると
取引先の遠藤木型さんが
昨朝ホントに泥棒被害にあった!とブログに書いてありました

なんという奇遇・・・あっ、いやうちはただの勘違いでした

窓ガラスを割られて荒らされたものの
金銭的な損害は無かったそうなのが不幸中の幸い

片や勘違いの泥棒騒ぎ
ブログに書くのを少しだけためらいましたが
やっぱり書いちゃいました

不景気です
用心しましょう

枯れ木にお金を咲かせましょう

仕事机を整理していたら
こんな物が出てきた

95春闘

以前働いていた会社で春闘用に作ったポスターだ

私が案を考えて
事務の姉さんが描いた作品

余程気に入ったのか労組新聞に載った記事を切り抜いて
後生大事に保管していた

花咲かじいさんが枯れ木に灰を撒くと
なんと!1万円札が咲き乱れるという
非常に下品な作品です

“咲いたね じいさん
 咲くもんだね ばあさん“


深いコピーじゃないっすか?!

ほのぼの感を全体に漂わせながら
「出そうと思えば出せるんじゃないの?!」
という上層部への辛らつなメッセージ性

今見ても秀逸な作品でしょっ!!

これが佳作止まりとは組合もセンスが無いねぇ

こんなの見つけたら急に懐かしくなってきた
前の職場の皆んな元気かなぁ~
もう10年以上会ってないなぁ~
また皆んなで夜中まで
花火とか酒盛りとか
ワイワイガヤガヤやりたいなぁ~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

木にお金が咲くのはとても嬉しいけれど

DSCN8856.jpg

我が家に木こりの露天風呂があるのもかなり嬉しいよ

休日だから”赤”というわけではありませぬ

DSCN9442.jpg

日曜出勤は赤い靴下

誰かから貰った赤い靴下

人前で履くのがちょっと恥ずかしい赤い靴下

それなら履かなきゃいいじゃんと思う赤い靴下

けれども生地がしっかりしている赤い靴下

履かないのがもったいない気がする赤い靴下

だから来客の無い日曜日に履く赤い靴下


今日もタンスからあえて選んだ赤い靴下

まだまだバリッとしていて履けそうな赤い靴下

ダメになるまで履くつもりの赤い靴下


心のどこかでダメになるのを待ち望んでるボク

でもホントにダメになったら寂しいんだろうな

また同じような赤い靴下買ったりして

はみ出すことを恐れるな!それが若さだ?!

トラックからはみ出てしまう大きなものを
遠方まで納品しなければいけなくなりました

お金を掛ければ色々な方法があるけれど
余計なお金は使いたくないので
私が責任を持って(?)運ぶことにしました

DSCN9464.jpg

これまでもたびたび“はみ出し運搬”してきたけれど
今回は40cm以上とちょっとはみ出しすぎ
見るからに“はみ出してる”って感じです

何かに引っ掛けないよう配慮しなければならないのはもちろんですが
途中警察に見つかって捕まったら
罰金取られるのは仕方ないとして
それ以上運べなくなるのが非常に困る

大分図々しくなった私も実は結構冷や冷やしていました

なんてビクビクしている私をあざ笑うかのように
荷台の幅を全く無視したトラックが突如私の前に・・・

DSCN9462.jpg

お前それははみ出しすぎだろう・・・
しかも今にも荷崩れしそう・・・

多分近距離なんだろうけど
この積み方で国道を走る図々しさにはすっかり脱帽です

自分の小ささを思い知らされました

この車に勇気を頂き
おかげ様で何事も無く納品を終了いたしましたとサッ

「見つからなければいい」という法律解釈は危険ですので止めましょう



先日頂いた露天風呂のご相談

「自宅2階のベランダ(ロッジア)にType400を設置したいのですが
階段を通らないので外から吊るためのアドバイスを下さい」


ユニックなどで上げれば何の問題もないのでしょうが
そうもいかない事情があるのでしょう
Type400は大人二人で十分運べる大きさなので
ロープでしっかり縛って人力で吊り上げることは決して難しくありません
滑車などで吊れれば最高ですが
大人2~3人で掛け声かけながら引っ張り上げれば
「な~んだ、こんなもんか」
って感じです

でもロープワークに慣れていない方は
ロープが解けたり外れたりするんじゃないかとちょっと不安?

そんなお客様には
浴槽ウラにロープを引っ掛けられる仕掛けを施して納品いたしますよ
これでロープ外れを心配することなく吊り上げられます

その程度の”改造”なら無料です

小さな会社ですから
お客様のご相談に細かく対応できるんです!

DSCN8993.jpg

あなたは何で春を感じますか

幼稚園からずーっと一緒の友達が地元にいます
ズングリムックリでひげが濃くて
昔から“クマ”みたいな男です
家業の農家を継いでいるので
冬は働きに出ています
働きに出ていると言っても
隣町の小さな車屋さんでスノーモービルの修理のお手伝い
・・・・・機械いじりの好きな彼には遊んでいるような仕事です

そんな彼は
毎年決まって外働きから農家の仕事に変わるこの時期に
我が社に遊びに来ます

一応用事らしき用件を持ってくるのですが
その話題は1分くらいで終了します
電話でも済むような用件です
多分彼が我が社に訪れるのは
この時期彼が本能的に取ってしまう“習性”と言っていいでしょう
ちょうどクマが冬眠から目を覚ます“習性”と一緒ですね
来ないとホルモンバランスが崩れてしまうんでしょう

「今年はK君来ないね」
2日前に母親がふと漏らした一言に
「そろそろ来るんじゃないの」
と返答した私
「新聞のお悔やみの欄にも出ていなかったし」

そして今日
まるで聞いてたかのようにふいにやってきました

ホンの一瞬”用件”を聞いた後
彼はスノーモービルの話
私は露天風呂や足湯の話
・・・・・・・・・・・・
久々に会った恋人達の様に
およそ2時間も近況報告を交わし合い
我が社の春の風物詩は
こうして今年も無事終了いたしました

北海道ももう春はそこまで来ています



今日銀行に行って担当者と話していたら
女子高生らしき制服をまとった女の子がお茶を出してくれた

一瞬ドキッ

「新しいサービス?」

聞くと
4月から働く新卒者が実習に来ているんだそうで
4月までは服装自由・・・なので大体高校生は制服なんだそうだ

新鮮で結構イイ・・・
コスプレ銀行

春はアブナイおじさんが徘徊する季節
気をつけます・・・徘徊しないように・・・

踊らされるのも国民の義務かも

我が家にも定額給付金申請書が届きました

DSCN9459.jpg

国から
「お小遣いあげるから何か買いなさい」
ってお金貰えるなんて凄くない?

事前の調査やアンケートでは批判的な国民が多かったですが
支給してみると意外と経済効果が高かったりして・・・
とても興味があります

休日の高速道路を一律1000円にしたり
アナログテレビを2万円で買い取るとか言い出したり
聞けば聞くほど
「こいつらプロの政治家か?」
と耳を疑いたくもなりますが
案外こういう単純なことの方が
一般国民がアクション起こしやすいのかも

へそ曲がりな私は
“踊らされている”感が強くて気分悪いですが

『自宅に露天風呂を付けたら半額補助』
『足湯を付けたら無金利融資』

とか決めてくれたら
いくらでも踊りますけど

日本バレー納品12

半額補助なら¥164,000
の直径1.4メートル大型露天風呂
・・・・・・・・・・・・・・・です

数字だけが全てじゃないけどね

先日初めて我が社のホームページの1日のユニークアクセス件数が3桁を記録しました
ユニークアクセス数とは
同じ人がグルグル見て回っても1回としかカウントされないアクセス数
すなわち1日に100人以上の人が
何らかの形で
我が社のホームページやブログを見に来てくれたということになります

上地祐輔のブログの32万件に比べると極少ですが
インターネットの世界とは言え
1日に100人の人が我が社と接触しているなんて
すげぇくないですか?
すげぇですよ~

でもでもでもでも
まだまだ満足しちゃいけない
もっともっと楽しいホームページにしなきゃ
たまたま訪れた人にも
「面白いホームページ見つけちゃったぁ~」
って喜んでもらえるようにしなきゃ
用事がなくても時々チェックしたくなるようなホームページにしなきゃ

そして
「この会社なら気軽に相談しやすそ~」・・・って
今よりもっとたっくさんの問い合わせ貰えるようになりたい

ホームページが無ければ出会わなかったであろう奇跡の出会いに感激しつつ
どうやったらこのお客さんの要望や相談に応えられるだろうって
事情を聞きながら頭をひねるの
ちょっと癖になるくらい楽しいことなんですよ、ホントに

遠慮しないでドンドン問い合わせてください!!

ただし・・・
「オレは客だ!」
って態度ムンムンの電話はお断り
お客が偉いなんて思っていませんから、私

問い合わせてくれて「ありがとう」
いえいえこちらこそ
こんな製品を作ってくれて「ありがとう」
いえいえこちらこそ
我が社の製品を気に入ってくれて「ありがとう」
いえいえこちらこそ・・・・・

お互い「ありがとう」って感謝しあえるのが商売のあるべき姿だと信じていますから
商談が成立してもしなくても
最後まで気持ちよ~くやり取りしましょうね

人生山あり谷ありモハメッドアリ

ここんところ何故だか友達の悩みを聞く機会が続きまして
人間って弱いな~ってつくづく思います

一緒にしょげてるわけにもいかないから
「そんなマイナス思考ばかりしないで!」
「ダメで元々のつもりでチャレンジ!」

なんて言ってるけれど
実は自分にも思い当たる節がた~っくさんあります

調子が良いときにグイグイ前に進めたことも
小さな窪みに脚を取られた途端臆病になって
前に進まない言い訳を作ってしまう

 決して自分が悪いんじゃない
 これがいけない、あれが足りない・・・
 だから敢えて前に進まないのだと・・・

あぁ~弱っ・・・

とは言え
そんな簡単に直る習性でもなさそうだから
そういう自分がいるということを自覚して向き合えば
前に進むタイミングが少しだけ早くなるかも
必要以上に落ち込まないかも

いやいや、悪いことばかりじゃないですよ

人の悩みが自分のことの様にわかる弱い人間に生まれて良かった
それを克服しようと努力できる前向きな人間に生まれて良かった

私も友達も
ただ今人間としての”深み”を養うための修行中なんです・・・きっと

あ~ぁ!
何でもすぐできる人間に生まれてこなくて良かった~~~~~

・・・・・・・・ここまで書くと負け惜しみだということがばれてしまいます



DSCN9170.jpg

奈井江大橋を浦臼町に向かって渡るときに見える樺戸山塊です

写真では良さが伝わりませんか?

天気の良い日はこの橋を通るんだと思うだけでワクワクするくらい
私のお気に入りの景色なんです

この橋の上に家を建てたいくらい

もちろん露天風呂付き
湯船に浸かりながら大自然を独り占め

パノラマ写真合成のコピー

こんな感じ

「理想」と「現実」 不条理の彼方に・・・

北朝鮮拉致被害者田口八重子さんのご家族が
金賢姫元工作員と面会した報道を通して
久々に拉致問題が多くの人達の関心を集めました

でも・・・・
拉致被害者が・・・と言うよりも
あの大韓航空機爆破事件の悲劇の元死刑囚(しかも美人)がついにマスコミの前に現れる
という興味本位?
少なくとも私はそういう目で注目しました

そしてニュースを見て
「何故こんな理不尽なことがいまだに解決しないのだろう!?」
とあらためて憤りを感じました

どこからどう見てもおかしいことなのに
遅々として進展しないこの問題

仮に自分の家族が拉致されたなら
どんな手を使っても取り返してやろうと怒り狂うだろう
なぜこんな明らかな犯罪がまかり通るのだと

ところが他人のこととなるとこの程度しか関心を持たない自分

今回みたいに「マスコミ受け」する話題を作らないと
私みたいな人間は記憶の片隅に葬ってしまう

別にそんな自分が情けない・・・とか書きたいんじゃないんです
残念ながらそんなに純粋じゃありません

例えばある評論家が
拉致被害者を返してもらうためには
「金正日さんは悪くない。全部部下が勝手にやったことでしょ?」
ってメンツを立ててあげることが重要だって言っていました

返してもらうためなら極悪人(多分・・・)をも擁護する
ウラでお金も動くことでしょう

私が拉致被害者家族なら
何より家族を返してもらいたいから
「金正日さんは悪くない?・・・あぁ悪くない、悪くない!」
もうこの問題チャラにしてもらって構わないから返して頂戴!
一生掛けてできるだけ弁済するから
お金立て替えて頂戴!

だって
拉致被害者の一番の目的は
家族を返してもらうことなんですから

でも国際問題であるこの件は
拉致被害者の願いを優先するわけにはいかない

「日本人拉致したらもれなくお金もらえるらしいぞ」

なんて誘発は極端な例だけど
複雑な問題であることは間違いない

だから暴動起こしたいくらいの拉致被害者家族も
今回の面会の様な話題づくりを継続的に行って
世論を高める努力が必要なのだろう

お隣韓国では500人近い拉致被害者が認定されているそうだが
政治的・民族的な理由であまり重要視されていないそうで
抗議活動を行った拉致被害者家族会代表が刑務所に収監されたそうだ
逮捕した人は自分の家族が拉致されたらどうするのだろう??

暴力がいいとは言わないが
こんな不条理な世の中ばかりだと
「必殺仕事人」みたいな人の登場を待ちわびる

せめて
「お天とう様は見ている」
と言い聞かせるしか
今の私に納得できる理由が見当たりません

バランスと計算

今日の朝食は

 目玉焼き
 コープママウインナー
 味付けのり
 お味噌汁
 ご飯


お気に入りの食べ方は
半熟卵を付けたご飯を味付けのりで包んで
コープママウインナーをカジカジしながら一緒に食べる

「う~ん・・・美味・・・」

小さな幸せを噛み締めながら箸をすすめるうちに
気付くとお茶碗の中には
金色に光る目玉焼きのかけらと
焦げ目が食欲をそそるコープママウインナー半分
そして一口にも満たない僅かに残ったご飯

圧倒的にご飯が少ない・・・

「バランスが悪い」

そう言ってお茶碗にご飯を追加する私に
夜までご飯をもたせるつもりの嫁が

「計算が狂う・・・」

とぼやく

小さな食卓でたびたび繰り広げられる
二人きりの攻防

これも一つの幸せの形か?

職人さん 頑張ってくれています

またまた新作浴槽を発表いたします

DSCN9431.jpg

DSCN9430.jpg

DSCN9435.jpg

今度は木目調ボディーの浴槽です
ボディーの模様は高級ウレタン塗料で仕上げたので
耐水性はもちろん日焼け・変色もしにくく
当社がシリーズ化にこだっている「露天風呂」として
問題なくご利用頂けます

内風呂に用いても浴室に映えると思います

面白いデザインだと思いませんか?
私はとても気に入っています

さて
私が担当となるホームページ更新や宣伝チラシの製作が
新作の完成に全く追い付いていません・・・

「せっかく作ったんだから早く売れよぉ~!」

って職人さんに陰口叩かれていそう・・・
頑張って売らなきゃ・・・

それにしても新作が次々出るってことは
さては暇だなぁ・・・

いえいえ
時間を見つけて
コツコツやっていると言って欲しいですね~

あっ でも・・・
まだちょっとだけ・・・・ちょっとよりもうちょっと多いくらい・・・・工場に余裕ありますから
お仕事あったら声掛けてくださ~い

我が社のホームページは私の"出会い系サイト”です

露天風呂と足湯のレンタル・販売をホームページで始めてからというもの
見ず知らずの遠く離れたお客様から
電話やメールでたびたび問い合わせを頂くようになりました

もう何度もそんなことを繰り返しているというのに
いまだに問い合わせを頂くたびに
ホワ~ン・・・と宙に浮いているような
不思議な気持ちの自分がいます

「露天風呂が欲しかった」
「足湯のレンタルを探してた」

問い合わせの理由は明確であり必然だけど
私がこの商品を作らなければ、ホームページに載せなければ
きっと一生出会うことのなかった方々が
今こうして私と連絡をとりあっている
・・・・・・・・・・・・
考えれば考えるほど不思議な気持ちになってきます

もちろん私もネットでモノを買います
メールや電話で問い合わせもしますよ

それとなんら変わりの無いことなんですが
“私”が発信したものが見ず知らずの人の目に留まり
そしてわざわざ“私”にコンタクトを取ってくれる
・・・・・・・・・・・・
多分“私”というごく身近な存在が主役になっていることがピンときていないようです

さらにその中の何割かの方とは
数十万円という決して小額ではないお金を頂戴して取引きをします
しかもすべて”前金”です
・・・・・・・・・・・・
見ず知らずの我が社を、私を信じて前金払ってくれているんだよな・・・

人を騙してお金をもらうようなことは絶対にしない人間だってこと
自分自身はよ~く知っているけど
この見ず知らずのお客様まで
私を信じてくれてるんだよな・・・

そう考えると
ちょっと気持ち悪いかもしれないけれど
“愛しい”というか“他人とは思えない”というか
なんだか複雑な感情が芽生えてきます
多分お客様にとって”うっとうしい”くらいの・・・

決して裏切ってはいけない
期待以上のモノを納品して、め~ぇ一杯喜んでもらおう!

実際はね
作るの工場の職人さんだから私は気持ちだけなんだけど

今日は2件問い合わせの電話を頂いた
昨日も1件、先週も数件・・・
たとえ商売につながらなかったとしても
この“奇跡の出会い”に
私はそれだけで案外満足しています

終始ホワ~ンとしながら・・・ですけど

新作お披露目で様子見

「2月は逃げる」などとよく言いますが
ホント2月は早かったです
今月は年度末決算
「高い目標!厳しい現実」は毎年のことなれど
今年度はあれこれチャレンジしたこともあって特に厳しい~~!
ラストスパート1ヶ月で少しでも売上稼がなきゃ

そのためには
もう少し一般ウケする浴槽も揃えなければと考えて
時間を見つけては試作品作りに精を出してもらっていました

DSCN9359.jpg

客室露天風呂にありそうな浴槽をイメージしました

外は本物の木 中はFRPです
木は着色後クリアのウレタン塗装で保護する予定なので
露天風呂として発売するつもりです

DSCN9368.jpg

ちょっと個性的に色変えしてみました

ウルサイ感じもしますが
好みもあるし、置く場所によってはアリかも
何台も試作品を作る余裕がないので
色見本帳を作って選べるようにする、なんて手法で売り込めないかな・・・

価格ですか・・・
木こりのお風呂よりも割高になりそうなんですが・・・検討中です



もう一つ
木目調のゲルコートを研究しています
塗装ではなくゲルコート

私が知らないだけかもしれませんが
浴槽内面を木目にするのはとても難しいです
過去何度かチャレンジしましたが
全く見られたものにならず断念いたしました

その壁を我が社の職人さんが今
ジワリジワリと超えようとしています

DSCN9345.jpg
DSCN9347.jpg
DSCN9351.jpg

どうにかこんな感じまで漕ぎ着けました
せめてこの質感を安定して作り出せるようにするのが今の壁です
この技術が完成するとやってみたいことが山の様にあります

失敗品もたくさんありますし
今現在試行錯誤して苦しんでいる試作品も幾つかありますが
こうしてイメージに近いものができてくると
決算に向けて落ち込む気持ちも
「まだ頑張らなきゃ!どんなに辛くても今あきらめるのはもったいない!」
と励まされる思いです

頑張って売らなきゃ
プロフィール

ちばさん

ちばさん
北海道砂川市在住
48歳
妻と二人暮し
FRPの製造会社経営
自社オリジナル商品で
生業を立てるのが夢

カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
ようこそ!
我が社の製品です

DSCN4324.jpg

完全オーダーメードだから
好きなサイズでお作りします
「切り株露天風呂」

20070314192532.jpg

普通のゴミステーションじゃ嫌な方
「ログちっくハウス」

sgomibako.jpg

ペンションや観光地の
ゴミステーションに
「白樺ゴミボックス」

20070314194140.jpg

インパクトで集客アップ!
「ベジ看板」

DSCN4184.jpg

お庭に違和感の無い存在感
「白樺コンボックス」

Amazon
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。