スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ありがとう」 と ”ワクワク”

今週末の足湯設置現場を見に行きがてら
久々に嫁と映画を見ました

「おくり人」
弊社のお仲間である木型屋さんのお墨付きもありましたが
その通りとてもよい映画でした

特に映画の中頃に山崎努が執り行なった納棺は圧巻で
自然と涙が溢れてくるほど愛情に満ちた神々しいものでした

私も父と祖母がなくなった時に納棺の儀に立ち会い
その見事な手さばきと仕上がりに
家族一同至極感謝していたことを憶えています

残された者たちの自己満足なのかもしれないけれど
遺族は元気な頃の美しい姿で最期を見送りたいと願うもの

悲しみのどん底の中にひと筋の希望が差し込むような
そんな気持ちにさせてくれる仕事をしてくれた時
これほど心から「ありがとう」と言ってもらえる職業は少ないのかもしれない

仕事はお客様の「ありがとう」のためにあることを再認識した
羨ましくもあり励みにもなる映画でした

そういうことを伝えたい映画ではないと思います・・・念のため補足



先日ブログでちょっとだけお披露目した足湯を改造しました

DSCN8062.jpg

どこが変わったか?
テーブルに装飾が付きました
テーブルの柱を石目調にしました
そして
雌のトドが入っています・・・非売品です

写真ではなかなか伝わりづらいですが
全体石目肌でいい感じです

週末の足湯に持っていってお客さんの感想を頂くつもりです
住宅展示場だから売れちゃったりして・・・商売禁止ですが・・・

実はもう一つ新しい足湯を作っています
既存の技術を組み合わせて作るのでイメージどおりできると思っています

浴槽内の直径が1.3メートルという大きな「木こりのお風呂」も作っています
完全に業務用を意識して作っています

どちらもできあがるのがとっても楽しみで
足繁く工場に足を運んではうるさがられています

職場でワクワクできるなんていい仕事でしょ
その分月末と給料の支払日はどんよりしていますが・・・

明日月末だ・・・どんより・・・
スポンサーサイト

お気に入り

最近知人から紹介されて
「斉藤一人」という人のWEBページを毎日チェックしています

知る人ぞ知る長者番付の常連さんで
10数年位前に突如番付1位に躍り出て一躍有名になったように記憶しています

別に金持ちになりたくて見ているわけじゃないですよ

 人生イヤなこと、辛いことが多いけど
 後ろ向きにクヨクヨしてるのは良くないよ!
 何でも明るく前向きに受け止めていけば
 幸せが向こうの方からやってくるよ!
 きっと世界も明るくなるよ!


という感じのことを
言葉を変え視点を変えて毎日一言ずつ更新しているページです

「あいだみつを」の暗い部分を取り除いた
超前向きバージョンと言ったところでしょうか

今日の言葉は

「いつも笑顔でいるあなたに悪いことは絶対におきない」

そんなワケないじゃん・・・と思うのもよし
そんな気がするから実践してみよう・・・と思うのもよし

いつもいつも笑顔を絶やさず・・・なんてことを心がけるのは大変だけど
まず今日一日だけはこの言葉を意識して生活してみようと思えば
案外できるし気持ちもいいもんですよ

焦らずのんびり繰り返していくうちに
自然と身に付くんだと思います

良かったらどうぞ↓

「斉藤一人オフィシャルページ」

速報

ついに本日
正規のお金を頂ける足湯レンタル第一号の注文を頂きました

来週末の2日間
以前見積をしていた臨時住宅展示場です

昨年実績で300~400人の来場者と
やや足湯をもてあます感はありますが
精一杯サービスしてお客さんに喜んでもらって
評判を上げられるよう努力します

今夜は祝宴です

秋ですもんね

暑さ寒さも彼岸までとはよく言ったもので
昨日から急激に寒くなってきました

旭岳等では初冠雪が記録されたそうです
平年並みかやや早め

今朝ついに
今年度最初のストーブ着火式を執り行ないました

DSCN8051.jpg

ストーブは温くていいですね・・・
ゆらゆら揺れる炎を見てると気持ちが安らぎます
灯油代下がるともっと気持ちが安らぎます

そして寒くなったらお風呂

夏場はシャワーで済ませることが殆どですが
昨夜は湯船が恋しくなります

冷えた体を湯船にゆっくり沈めると
ジュワ~・・・って幸せな気持ちになります

“不便”と“幸せ”にはビジネスチャンスがあります
そこに気付く余裕を持っていなければ企画者としてはNG

そうです
あまりキリキリせずに
感性豊かに暮らすのは大切なこと

さて今夜は
寒くなってからのお楽しみ「熱燗」をチビチビやりつつ
秋の夜長をのんびり過ごしますか
・・・・・・のはずが
久々の熱燗にすっかりやられてとっとと寝てしまう
味も深みも無い41歳なのでした

ちょっとパソコン打ちづらいです

先日金曜日久々に飲みに出たら
階段から足滑らせて尻もちついたはずみで
右手を突いて強打しました

その場にうずくまるくらい痛かったけど
何せ少々飲みすぎちゃって記憶も定かではなく
その日は泥の様に眠りこけましたが
翌日起きてグローブの様な手にビックリ!!

DSCN8039.jpg

痛さもハンパじゃありません
折れたか?少なくともヒビだな・・・

しかしその日は足湯のお手伝いだったので休む気にもなれず
役立たずを承知で出動しました

普段気付かない中で
いかに右手の親指に頼っているかがよ~くわかりました

ウ○コしたあとにお尻拭く時、痛くて拭きづらいのは意外な発見でした

先日の事故といい何か憑いてる??
そういえば首の痛みも相変わらずだし・・・
そういえば厄年だし・・・

いえいえ
大成功を収める直前には
これでもかっていうくらい不幸が訪れることを私は知っています

そうです
前ぶれです

何せ車ぶつけたと思ったら右手の骨折ってるんですから
十分権利頂きでしょう

と思ったら今日は腫れが少し引いてきました
・・・打撲??

ダメ~~~!
打撲じゃ権利弱い!!

・・・冗談です・・・
打撲で済んでなによりです・・・



怪我を押してたどり着いた土曜日のパークゴルフ場は若い人や家族連れも多く
黙々とホールを回る人が多い平日に比べて行楽ムードが漂っています

そのおかげか
足湯、結構利用してもらいました

缶ビール買って酒盛りを始めたグループもいました

DSCN8021.jpg

浄財も5日間で最高の金額を頂きました と言っても千円台ですが・・・

5日間置いてみてお客さんの利用者数は予想外に少なかったですが
単発ではなく設置型にすれば
「あそこのパークゴルフ場には足湯があるよ」
という口コミで利用者増が見込めることは間違いなさそうです

長期リースというパークゴルフ場に対する次のアプローチが見えてきました



足湯レンタルが終わると必ず待ってるタオルの洗濯

業者に頼めば案外安くやってくれるのですが
今のところ商売として成立してませんから
嫁や母に分担して洗ってもらっています

怪我療養の日曜日は
テレビを観ながらタオルたたみを手伝いました

DSCN8050.jpg

結構骨の折れる仕事でしたが
「あんなことまで自分でやってたよね」
と笑って語れる日が来ることを楽しみにしています

社っ長さんやや失格

今年も春と秋に分けて
砂川のスイーツを探訪するバスツアーが札幌からやってきます

先日人手が足りないというので案内のお手伝いに行ってきました

バスツアーのお手伝い結構好きです

積極的に話したり聞いてくれたりするお客さんがいると
ほんのちょっとの時間だけどあれこれお話しができて
こんなことでもなければあり得なかった出会いに感激します

お菓子の甘い香りに囲まれて
なんか嬉しそうにしている人が多いのもいい感じです

美味しいものは人を笑顔にしてくれます
笑っている人が多いとホント心が和みます

当社の足湯も同じです

入っている人と近くに座って眺めている人では
顔の表情が違います

そんなおっかない顔してないで
足湯に浸かればいいのに!!

「ありがとう」「気持ちよかった」「初めて入った」「出たくない」・・・
目尻を下げて私たちにお礼の言葉を掛けてくれる人達とのほんの一瞬の出会いは
奇跡の出会いであり至福の喜びです

そしてそんな言葉を掛けられれば掛けられるほど
私たちも幸せのおすそ分けを頂いているような気がしてなりません

見積もりもしなきゃいけない
事務仕事もしなきゃいけない
足湯や露天風呂の宣伝資料も作らなきゃいけない
溜まってる仕事一生懸命片付けなきゃいけない

だから事務所にいるけれど
ホントは早く次のイベントに参加したくてウズウズしています

ハイ、やや社長失格です・・・



DSCN8019.jpg

試作一号機「家庭用足湯」
水張りと沸かし湯の実験中です

“昼下がりにご近所の奥様が集まって足湯に浸かりながらティータイム”
というシチュエーションを想定して作りました

だからテーブルを付けることにはこだわりましたが
ちょっとバランス悪いね・・・改良の余地あり

テーブルの柱に簡易の濾過・保温装置が付いていて
不特定多数の人が入るには不十分な能力なので家庭向けです

露天風呂と同じ20万円を切る価格で売り出そうと思っていますが
果たしてニーズがあるものか
いつも通り「作りたいから作っちゃった」って傾向の方が大きいかも

ちゃんとした濾過器やヒーターつなげたらレンタルにも活用できるので
決して無駄にはなりませんが
そのためには結構値段の張る濾過器を買わなきゃいけないので
試すのはもう少し後になりそうです

「潜在ニーズの発掘」が私の自社製品に対するこだわりとはいえ
ユニークだけど、金になるのか微妙な製品ばかり作って
やっぱりやや社長失格です・・・

足湯ウィーク

事故のブログ読んで
ご心配のメッセージやら電話やら多数頂きました
おかげさまでピンピンしてます

ただ右から追い越されるのが少し怖くなりました

意外と繊細です・・・・



今週は足湯ウィークです

15日月曜は手稲のお祭りに参加しました

中継ぎをしてくれた実行委員の方が
「2000人くらいの人出だ」
と言うから
正直その程度の祭りなら出動したくないなって思っていたのですが
いざ始まると
「20,000人の間違いじゃないの?」
ってくらいびっしりの人出です

DSCN7992.jpg

400枚持っていったタオルでは足りず
人の使ったタオルでもいいという人が次から次へと入るくらい
予想をはるかに上回るな盛況ぶりでした

しかも子供が多い

DSCN7980.jpg

足湯無法地帯・・・

ボクはしつけの悪い子供には
他人の子供だろうと親に文句言われようとガッツリ叱る主義なので
何人も小突いてやりました
バカたれめが!!



今回は“浄財”集めを実験的にやってみました

DSCN8001.jpg
DSCN8000up.jpg


1回いくらとか10分いくらとか
そんな世知辛いことはしたくない
「気持ちよかった」「ありがたかった」
そんな感謝の気持ちがあれば経費の一部を負担して下さいという
相も変わらず甘っちょろい考えでブタの貯金箱を置いてみました

結果は○千円くらい・・・
見て見ぬ振りする人多かったです・・・
寂しい世の中です

ミノムシの子供がいたり
DSCN7984.jpg

我が社の白樺スツールでカニ汁を黙々と食べるおばあちゃんがいたり
DSCN7993.jpg

手稲の方々と親交を深めることができました



16日から土曜日までは
札幌の「パークワン」という全135ホールのどでかいパークゴルフ場に置いています

DSCN7994.jpg
DSCN8004.jpg

パークゴルフ場といえば高齢の方
きっとすごく喜ばれるはず

そして今回も浄財方式にしてみました
お年寄りですからそれなりに人のできた方も多いはず
きっとほとんどの人が僅かずつでも入れてくれるはず・・・・

ところが
まず皆さん入らない
靴を脱ぐのが面倒だとか相乗りしている運転手が帰るからとか
500人以上の来場者に対して1割も入っていきません
何をそんなに生き急ぐ?
何か売られると勘ぐって敬遠していた人もいたように思います

そのうえ見事に皆さん浄財箱を見て見ぬ振りします
たいそう足湯にご満足頂いているようなんですけど・・・
10円の値すらなかったですかね・・・

誰かがその話題に触れるとそそくさと出ていく人さえいます

いろんな意味で結構がっかりしました

とは言え今週一杯置かせてもらうわけですから
是非靴を脱いで入ってもらえるようにアプローチを研究します

なにせ入ってもらった人からは一様に
「ありがとう、気持ちよかった」
の言葉を頂けるとっても嬉しい仕事ですから
多くの人に積極的に望まれる存在になって
早く商売ベースに乗せて
末永く続けられるように挑戦を続けます

DSCN8015.jpg

忘れられない41回目の誕生日

昨日晴れて41歳になりました

41歳といえば
かの有名な「天才バカボンのパパ」も41歳の設定だそうです

1187319678_photo.jpg

こんな41歳はいないだろう・・・
それとも子供達から見ると大差ないのかな・・・

若造りしたいとは思わないけど
年相応のいい感じのおじさんになりたいなとこの頃思います



そんなめでたい誕生日
会社もお休みなので
嫁と富良野・美瑛方面をドライブしていたら
・・・・・・・・・
事故っちゃいました

国道でUターンしたくなって
後ろを十分確認せずにハンドルを切ったところを
後ろから追越をかけてきた車が来て
ガシャ-ン

s-DSCN7901.jpg
s-DSCN7909.jpg

幸いケガは私の“タンこぶ”くらいで済みましたが
私の愛車は運転席ドアがベッコリ、相手も左前がグッシャリです

冷静になって考えるとどう考えても僕のほうが悪いので
素直に謝りました

先方は運転手のおじさん以外おばさんが3人乗っていましたが
すごいムッとしてました
平謝りしましたが
「首痛くなるかもしれない」
「あとで足しびれたらどうすればいいの?」
・・・・・・・お~こわっ
皆さんくれぐれも保険はしっかり掛けときましょう

ハッピーバースデイ気分もすっかり意気消沈して
車屋さん以外どこにも寄らず帰ってきました

よく宝くじに当たった後は事故に注意・・・・なんて言うよね~
ということは逆も真ナリ?

s-DSCN7914.jpg

賞金金額もよくわからない宝くじを20枚買いました
事故の相手にとって腹立たしいくらい前向きです
・・・・反省はしてますよ

ルールってなに?

大麻事件で力士をクビになった若ノ鵬が
解雇取消の提訴をしたそうな

そこまでしてでも相撲取りとしてやり残したことがあるのでしょう
今辞めると一生後悔すると思ったのでしょう

そこで仕方なく取った行動が法に委ねるという行為だったのでしょう

「力士の私生活上の行為で解雇した前例が無く、協会の権利の乱用に当たる」

という提訴理由だそうだ

人の心を察することができない「規則」によって首になった若ノ鵬が
法律という「規則」に訴える矛盾
そしてこの行為は
「法律」に訴えられたときのためにますます「規則」を理論武装し
血の通わないものへと変化させていく
・・・・・・・・・・

人が暮らしやすくするために作られたのが「規則」のはずなのに
その目的を忘れて単なる「道具」として使うから
規則に人が振り回されるんじゃないでしょうか

法律や規則に画一的に当てはまる事例の方が珍しいはずなのに
その規則ができた目的を汲み入れて柔軟に対応する努力をすることなく
無理矢理パターンにはめ込もうとするから
必要以上の不幸が訪れるんじゃないのかな

何でも「決まりだから」「規則だから」で片付ける人は
弱い人・ずるい人・いつも逃げ道ばかり考えて生きている人

法律や規則を司る人は
場合によっては自己責任で「規則」をぶち壊すくらいの度量のある人じゃないと
その傘下にある人が不幸になるだけ

若ノ鵬の件もそもそも
「悪いことした。心から反省している」
と言った時点で
「よっし!わかった!なんとかしちゃる!!」
となぜ言えなかったのか

「弟子を信じることが親方の責務」と偉そうに言った親方がいたが
心底反省している弟子を心中覚悟で救ってあげるのは
親方の責務じゃないのだろうか

しかもまだまだ分別の甘い若造
しかも日本文化もロクに教育されていないであろう外人さん

親方や角界の落ち度の方が重大だったんじゃないだろうか
・・・・・・・・・・・・

翻って自分

会社と言う小さな社会で
私の価値観のもと独自のルールを運用している

たとえ訴えられて損をしようと
心無い人に非難されようとも
ルールのために理不尽な不幸が起きないように
今一度気を引き締めることにします

若ノ鵬の件は今からでも遅くないから
協会側が英断して譲歩するべきだと思います

「今度こそ立派な力士になろうな!」って



DSCN7900.jpg

とても美味しそうにできたグラタンドリア
奥は母手製のトマトジュース

なんか「朝!」って感じなので撮ってみました

せっかちに付ける薬を募集中

早く実現したいことが溢れんばかりに待ち構えているのに
なかなか思うように進まない

毎朝工場の進み具合や私の仕事の進捗を整理するたびに
軽い吐き気に襲われる

早く、早く実現したい!

そうそう
私はせっかちです


やりたい!!となったら
あれもこれも早くやりたくて仕方なくなっちゃうんです

職人さんたち
「また社長のせっかち始まったな~~」
って流してるんだろうな・・・

そうそう
私はせっかちです


私の要求する期限を守ろうとして作ったら
きっとろくなものは作れませんから
どうか私が傷つかない程度に流してください

特急の注文が入りました
ありがたいことです、感謝です
・・・でも予定が狂います・・・

「特急やりながら今やってることも予定通りできない?」
って無茶なこと言います

そうそう
私はせっかちです


私のせっかちはなかなか治りません
どうか皆さんご理解の上
上手に私と付き合ってください

なにせ当の本人が
”せっかち”とのお付き合いに一番苦しんでいますから

責任を取って・・・と言うけれど

ブログのテンプレート変えました

というのも
ある日突然ブログサイトからお借りしていたテンプレートが削除されて
無地のブログになっちゃってたんです

あのテンプレート結構気に入っていたんですけど
残念です

忙しくてあまりじっくり選べなかったけど
10月のハロウィンまでこれでいくつもりです

暖色が好きなんです、私



大相撲の大麻事件が騒ぎになってますけど
最初に捕まった若ノ鵬が
「ごめんなさい。許してください。」
って何度も頭下げてましたよね

許してあげられないもんですかね?
すごく反省していると思うし
若気の至り・日本の麻薬に対する厳しさの認識不足など
情状酌量の余地はあると思うな

心から謝ってると認められたら
規則を曲げてでも許すべきだと思うな

ボクなら許すな
2回目は無いよ、って釘刺した上で

必要以上に厳格な文化が
嘘を突き通す政治家を生み出していると思うんだけど

ボクは政治家でも責任ある人でも
間違ったときは「ごめんなさい」って素直に謝って許しを請うて
事の重大さにもよるけどできるだけ許してあげる社会がいいな

幌加内そば祭りの報告です

お久しぶりのブログ更新です
ようやく幌加内そば祭りが終了しました

土壇場まで不測の事態の連続、連続

今回はリンパマッサージと喫茶をやるのですが
不慣れと要領の悪さで遅々として準備が進まず
結局半徹夜状態でのスタートとなりました

いつも通り見切り発車です



金曜日はいくら祭りとは言え平日ですから
それなりだろうなと予想はしていましたが
それなり以上でした

DSCN7780.jpg
DSCN7781.jpg

無料の足湯にもかかわらず利用者100名足らず
マッサージも3名のスタッフに対してわずか10名のご利用です
喫茶も2~3杯です

はい、大赤字です

ゾッとしてきました

立地も覚悟していた以上に良くありません
指定された場所は
そば会場の外のように思われてもおかしくない場所

警察の目を盗んで勝手に出店を出してる”わたあめ屋”のような
そんな立地です

さすがに実行委員会に不満を漏らしましたが
「土日はミニ馬車が通ったり宣伝を増やしたりして絶対に賑やかになります」
と自信を持って言うし
さらにテントの前に広いスペースがありまして
そこを我が社の製品展示に使って欲しいと言われましたので
お人好しの私はまんまと気が治まりました



そして土曜日

DSCN7804.jpg
DSCN7809.jpg

ご覧の通り色々持ってきました

DSCN7812.jpg

ミニ馬車も登場しました
確かに人出も多くなりましたし
足湯も500名ほどの人に利用して頂きました
感謝の言葉もたくさん頂きました

しかし
肝心のマッサージは昨日よりちょっと多かったくらい
喫茶も泣かず飛ばずです

さすがに少しへこたれてきました
興行収入的には大失敗です

DSCN7813.jpg

足湯の暇つぶしにと買ってきた知恵の輪
”10分10円”って金取るわけにいかんしね~

それでもこの失敗を無駄にしてはいけないと発奮し
もう今回の収支は考えないことにしました
どういうPR、どういうレイアウト、そしてどういうシステムで足湯をビジネスにするか
そのための実験的な場であると開き直りました



そして雨が降ると言われていた日曜日
幸いにも時々太陽が顔を出すくらい持ちこたえてくれまして
新たに色々と試した成果か
或いはさすがの日曜なのか
マッサージは目標の7割、喫茶もまずまずのご利用を頂きました

DSCN7794.jpg
DSCN7822.jpg

喫茶のメニューを入口に大きく貼り出したせいで警戒されたのか
足湯の利用者は土曜日より減りましたが
ご覧の通りイモ洗い状態です

コーヒー・紅茶とも350円という良心価格ですから
足湯に入って気持ちよかった感謝の気持ち・・・としては手頃だと思うのですが
注文率は10%未満といったところでしょうか

「お飲み物もよろしかったらどうぞ」
って言うとイヤ~な顔したり聞こえないふりしたりする人結構いるけど
これだけの設備タダで準備してるんだから
「お金掛かってるよな~」
ってちょっと配慮して飲み物頼んじゃってくれる気持ちが
明日の日本を明るくすると思いませんか?

いっそ足湯喫茶と銘打って
飲み物頼まないと足湯に入れないって方法も考えたけど
そんな世知辛いこと言わなくても
なんとなく察してオーダーしてくれると嬉しいんだけどな~
甘いかな~~~

今回も当社イチオシの家庭用露天風呂を展示しましたが
私の見た感じでは7割以上の人が関心を持ってくれています

DSCN7835.jpg

しかしお勧めしても”いや~うちには・・・”という反応が多い
やはり一般家庭に露天風呂の発想はムリか??

イヤイヤ

当社は世の中の3歩くらい先を歩いちゃっているのです
10年後には間違いなく普通の家に露天風呂があることが
それほど特殊でない時代が来るでしょう
皆さんの反応を見るたびにそんな気持ちが確信に変わりつつあるのです

生まれるのが早かった・・・と惜しまれて死ぬタイプです・・・



ちなみにそば祭りのメイン会場であるそばの売店は
昼頃には長蛇の列ができていました

DSCN7821.jpg

なぜそばを食うためにそこまで時間を掛ける???というくらいの熱狂ぶりです
これだけのイベントを地元のボランティアだけでやっているということに頭が下がります



今日は全く頭が働きません
心労もあるのでしょうがとにかく疲れました
収支の結果も結局片時も頭から離れず
心身ともに衰弱しきっています

今は投資の時期・・・じっと我慢・・・です・・・

オレはナニ屋よ?

いよいよ3日後に迫った幌加内そば祭り

どうしてもこのお祭りに足湯を置いてみたかったとは言え
結局のところ「しょば代」払うわけですから
普通のテナントと一緒です

足湯を有料にして受け入れられるとはとても思えませんので
どうやって他のことで商売にするか思案を重ねていました

足湯といえば足裏マッサージ・・・という安易な発想の元
膝下のリンパマッサージをしようと企みました

素人がやるわけにもいきませんし
我が家の鍼灸師もマッサージの資格はないので
自宅でエステなどのご商売をされているプロの方々にお願いすることにしました

DSCN7766.jpg

幸い柔軟に対応していただける方に出会いまして
先日お試しに揉んで頂きましたが
終わったあとも暫く足が軽くて
予想以上に気持ちのよいものでした

今回は”1日いくら”と言う形で契約しましたので
一定人数を下回れば“しょば代”を稼ぐどころか単体で赤字になります
果たしてそば祭りの来場者にリンパマッサージのニーズがどれだけあるか
普通に考えると場違いな感じも致しますが
・・・・・・だって・・・
人がやってないことやりたいんだもん・・・

「いろんな店があって楽しいね~」って
来場者に素敵な想い出を提供できることが一番の幸せなんです
お金なんて二の次なんです!!


・・・・・・・・

ウソです

赤字はイヤです
「長い目で見て」なんて言ってられるほど余裕ないです

今回はリスクを低くするために施術者の人数を絞りましたので
仮に計算どおりお客が入ったとしても
足湯の経費を稼ぐのに不十分です

悩んだ挙句
足湯の中に飲み物こぼされたら最悪中止となってしまうリスクを承知で
「足湯カフェ」に踏み切る覚悟をいたしました

とは言え普通にコーヒーとかジュースとか売っても面白くない

うちの嫁の発案で
“チャイ”という飲み物を扱ってみることにしました

“チャイ”って何?
煮出したミルクティー・・・ってところかな

シナモンなどの香辛料を入れたりして
ちょっとお洒落な飲み物
美味しいですよ

それだけじゃ寂しいので
無農薬豆を使った水出しコーヒーもやっチャイます

足湯のテーマは癒しと健康ですから
ずれてませんよね?

作るのは誰かって?
今の流れだと私が“マスター”になりそうです

“マスター”というと聞こえはいいですが
おっさんがウロウロ接客していると入りにくいという世論を受けた結果です

一生懸命旗振りしていたつもりが
いつの間にか隠居に追いやられた気分です
・・・接客したいな~・・・

主催者の手違いがあって
あまりいい場所を頂けなかったのが残念だったけど
上手くいかない理由並べても仕方ないから
そばのメイン会場を出し抜いてやる!!!!!!・・・ぐらいのつもりで
ただ今ポップ作ったり作戦練ったりしています

あっ、あまりにもそばのメイン会場から客引っ張りすぎて
来年から「幌加内足湯&チャイ祭り」に変わっているかもしれませんから~~~~
最後になるかもしれない「幌加内そば祭り」に皆さんもお越し下さい

そんな中“オリジナルのぼり”ができてきました
納得のいくデザインには程遠いものとなりましたが
限られた予算の中で
まずは自力でできることを精一杯やった成果です

DSCN7776.jpg

いよいよあと3日
ブログ書いてる暇もないほど切羽詰ってきましたが
現実逃避で書いちゃいました
プロフィール

ちばさん

ちばさん
北海道砂川市在住
48歳
妻と二人暮し
FRPの製造会社経営
自社オリジナル商品で
生業を立てるのが夢

カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
ようこそ!
我が社の製品です

DSCN4324.jpg

完全オーダーメードだから
好きなサイズでお作りします
「切り株露天風呂」

20070314192532.jpg

普通のゴミステーションじゃ嫌な方
「ログちっくハウス」

sgomibako.jpg

ペンションや観光地の
ゴミステーションに
「白樺ゴミボックス」

20070314194140.jpg

インパクトで集客アップ!
「ベジ看板」

DSCN4184.jpg

お庭に違和感の無い存在感
「白樺コンボックス」

Amazon
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。