スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チラシの効果は一週間だからね

昨夜は弟夫婦と酒を飲みながら新規事業について意見をもらった
ついこの間籍を入れてまだ式を挙げていないせいか
まだ義妹という実感が薄いのだけれど
その義妹は医療関係者で
そっちの分野からの見解を含めた意見や発想をたくさんもらえた

そうか・・・顧客対象となりえる分野の会社等から
専門的な意見や問題点を指摘してもらうのが大切だな・・・
それを受けてようやく設備投資の決断をしよう
そういえばさっぱり顔を出していない「中小企業同友会」に入会してたんだ
人脈を活用させてもらえるな・・・

全てが追い風!!絶対に上手く行く!!!

そうそう、昨日のチラシの効果はというと
145万件には遥かに及ばないものの
訪問者数が落ち込む日曜日としては異例の人数でした
ユニーク訪問者数は過去最高では??
問い合わせのために事務所でスタンバっていたんだけど
残念ながら今のところゼロ
居酒屋を経営する弟曰く
「チラシの効果は”すぐに”じゃなくて一週間が勝負だから」

あ~どうしよう!
今週も忙しい!!



今日の余談
img_main.jpg

今日最終日を迎えた全米女子ゴルフで引退する女王アニカ・ソレンスタム
なんと最後の最後の18Hでチップインイーグル!

持ってるね~違うね~
あ~言う人をスターって言うんだね~

負けないぞ!!(何に??)
スポンサーサイト

取らぬ狸の日

昨日は一日ホームページ作り
結局工事中のページが残っちゃったけど
特に力の入れたい商品だけはどうにか形になりました

夜は事務所で一人ぼっちも寂しいので
自宅に戻って嫁と二人でデザインの再考
あ~でもないこ~でもないと夜も更けて
早寝早起きの習慣が続いている私は
何度もウトウト・・・ガクンガクンしながら夢まで見つつ
パソコン操作がおぼつかなくなる失神寸前まで手直しを試みました

そして以前よりややシンプルなデザインのホームページになったと思いませんか?↓
   千葉化工のホームページ
私性格がくどいのでここまで直すのにすご~く苦労したんですよ

今日はきっと東京と札幌の方々から
パンク寸前になるくらい(?)アクセスがある予定ですので
気に入っていただける方がいたらいいな~と
ソワソワワクワクしている日曜の朝でした

新規事業通信
DSCN7397.jpg

着々と製作が進む中私もそろそろ決断しなければいけない時期になりました
昨夕父のお墓に報告とお願いに行き、心はほとんど決まりました
間もなく公表できると思います!!
賭け事運のない私が一世一代の賭けに出ようとしています
暫くは
大好きな「がっちりマンデー」も「渇!」も「サンジャポ」も「たかじん」も見ないで
日曜ナシで働きます
このブログを見ているお友達の皆さん!応援してください!!


今日の癒しコーナー
20080608114143.jpg

ラム肉をしゃぶる少女
友達の娘さんです


人と人

毎日色々な人に会い新しい構想を相談する中で
すかさず「そんなのムリじゃん!」って全否定する人も
「だから何なの?」って興味を示してくれない人もいるけれど
中には自分の得にもならないのに親身になって考えてくれる人もいる

価格設定に悩んでいることを話したら
「お客さんが喜んでもらえる」ことを中心に考えた上で
会社が損しない程度に付けた価格であれば
何を言われようと胸を張ってお奨めできるんじゃないか・・・的なアドバイスをもらった
「試しに使ってもらえばきっと気に入っていただける」
という自信があれば
わかってもらえない人は残念・・・と割り切れるんじゃないかと思った

さらに
特価だとか値段をまけるだとかお金だけでできた結びつきはもろい
ってこともアドバイスをもらった
こちらの意図、どのくらいお客さんに喜んでもらいたいと思って売っているのか
そこを十分説明して賛同してもらって
あとはその人にとってそれだけの対価を出したいかどうかでいいんじゃないかと

最初から値引き巾ありきで設定した値段を持って行ってはそういう客に出会えない
逆に私の考えに賛同して導入してくれたお客様なら
たとえ価格競争があったとしても「千葉化工さんに」となるかも知れない
甘っちょろいこと言ってるのかもしれないけれど
そういう商売をしたい

会社も同じ
給料をもらう・払うだけの関係じゃなくて
社長の考え、職人さんの考えに互いに共感して高めあう
そういう会社は無敵だと思う

ホント
都合のいいときだけフラッと来やがって
何の得にもならない相談持ちかけられてるのに
それでも一生懸命考えてくれる人が
自分みたいな人間の周りにいることに
感謝と反省を繰り返す貴重な経験をしている毎日です

いよいよ明日は読売新聞の広告が入る日
今日はどこにも出かけないでホームページを作りこみます

PS 昨日相談にのってくれた人のいる会社のHPをご紹介
  スポンサー集めに苦労しているようなので良い情報がありましたらご連絡下さい
  エフエムなかそらち-G’Sky

疲れた・・・言ってる場合か

昨日もある友達のところに新しい事業の相談に行った
JC時代の知人で
発想と行動力でグングン前へ進んでいくパワフルな方です
期待通り時間が経つにつれて次々とアイディアを出してくれて
かなり変わり者(=アイディアマン)の私も舌を巻きました
と同時に自分の得にならないことでも親身になって考えてくれる友に感謝です
そういう人に私もならなきゃ・・・・

ここ数日突っ走りすぎて今日は朝から疲れ気味だけど
せっかく湧き出るアイディアを早く形にしないと
実現しないうちに会社なくなっちゃうよ~

体調以外は全てが追い風
今が頑張り時!ガムバル!!

DSCN7373.jpg

新規事業の準備に取り掛かっている写真
製材業(?)も鉄工業も当社でやれることはなんでもやります
生き残りに向けた価格競争力の強化です

砂川スイートロードの旅

着々と自信を深めつつある「切り株露天風呂」第3部
情報収集も我が社にとってはとても大切な社長の仕事ですから
朝から方々駆け回っています

人と話すのって結構疲れるんですよね(私だけ??)
夕方会社に戻るとぐったり・・・
おかげでホームページ作成が全然進みません
やばい・・・時間が無い・・・

そんな折一本の電話
「チラシを見てお電話したんですけど・・・」
おおっ!ポストインのチラシ効果だ!
電話まで掛けてくるってことはきっとその気だ!
「ありがとうございます!」
「あの~~~・・・風呂釜だけ買うことってできます?」
・・・・・・・・・
「薪の風呂釜のことですか?」
「はい、探していまして・・・」・・・・・・・・

もちろんこんな形でもご縁のあったお客様ですから
購入先を丁寧に教えましたよ
お問い合わせありがとうございますっ



わがまち砂川は「砂川スイートロード」と銘打って
お菓子屋さんの元気を借りてまちの活性化につなげる事業をしています
事務局を中心に関係者のひたむきな努力のおかげで
他市への知名度も随分上がりました

ここ数年
「砂川スイートロードとソメスサドルを巡る旅」
みたいなバスツアーで市外のお客さんが訪れまして
私もボランティアスタッフとして案内役のお手伝いをしています
お客さんとちょっとでもお話してよい印象で帰ってもらえれば・・・・と奇麗ごとを言いつつも
逆効果を恐れず積極的に話しかける自己修練の場として活用させてもらっています

バス降車

去年は毎回40人以上のお客さんを乗せたバスツアーが
延べ15回開催されたと言うのですから
600人以上?!

今回も初回3回のバスツアーが即日完売だそうで
スイーツの力おそるべし・・・と言った感じです

壷屋

スイートロードと言っても
お菓子屋さんがズラズラ~っと並んだ道があるわけではありませんので
「マーライオン」並みにがっかりされるお客さんもいるそうですが
10数件のそれぞれ個性ある小さなお菓子屋さんを食べ歩けば
お気に入りの1件が必ず見つかると思います

このバスツアーの隠れた“ウリ”
砂川市内の移動時間内に繰り広げられる
市役所職員Mの砂川市の紹介

20080625100827.jpg

たくさん勉強して調べた砂川市の情報を
笑いあり涙あり(?)で楽しく紹介してくれます
すでにファンが付いているとかいないとか・・・
必見・・・必聴の価値あり!!
我がまちの印象が良くなることはどんな理由であろうとも嬉しいです

宣伝投資

ついにいよいよ今週29日日曜日
東京145万部札幌10万部
当社の広告が載った読売新聞のチラシが折り込まれます

そして昨日
チラシができましたよ!って送られてきました

DSCN7362.jpg

A3で8ページの
「北海道心づくし空知特集(保存版)」
オールカラーの立派な冊子です


ただし当社の広告はと言うと

DSCN7364.jpg

8.5×4.7cmの
ちょうど“MINTIA”ほどの小さな広告です

これで広告料7万円
高い!!と思う?
いいえ私は安すぎだと思います

知り合いから持ち掛けられなかったら
「広告料詐欺」じゃないかと思うくらい安いと思いました

7万円と言う金額そのものは貧乏会社には痛いけど
札幌はともかく東京145万件に我が社を知ってもらうチャンスなんて
探してもそうそうあるものじゃないですよ

しかも北海道だから食料品の広告が多く掲載されている中
ワケのわからないゴミ箱とかお風呂とか載せている会社って気になりません??
仮に1%の人が気になってホームページを訪れてくれたとしたら
なんと14,500人もの人が新たにホームページを見てくれるビッグチャンスなんですよ

そのうちのさらに1%が問い合わせしてくれたとしたら
145件という数は実質一人で対応している我が社としては大パニックです!!
あ~困った困った・・・悩みすぎて毛が抜ける・・・

「取らぬ狸グセ」がまた出てきました
・・・・・・・・・・・・・・
しかしその時のためにもホームページの整備が急務なので
毎日一生懸命作りこんでいます

ちょっと残念なのは
せっかく「空知特集」なのに
最後の2ページは札幌・小樽・函館などの空知以外の広告だったこと
知人いわく色々宣伝して周ったがことごとく断られたそうです
「高い」
「地元のお客だけで十分」
「忙しくて外からの問い合わせに対応できない」


価値観や業種の違いもあるのでしょうが
北海道は景気が悪いとか輸送費がかかるから不利だとか
内にこもってグチばかり言っていれば
そりゃ北海道は取り残されるさ
地元が好きなら地元に貢献するためにも
地元の限られたパイを奪い合うんじゃなくて“外貨”を稼いで来なきゃ

よく「千葉くんのところはいろいろ可能性があっていいね」
って言われるんですけど
そもそも小さな小さな下請け専門のFRP工場が
何のノウハウも無いクセに自社製品を作って無謀にも一般売りしようとしているのって
随分な冒険だと思うんですよ
製造業だから何でもできるんじゃなくて
やる気があるから何でもできるんだと思うんです

お~~~~エラそ~~~~
アンタ何様??って感じで語ってますけど
こんな調子じゃ地元の衰退はますます加速していくな~ってがっかりしたので、つい・・・

他人はいいからまずは自分が頑張らないとね

昨日「切り株露天風呂3部作」の3番目も実現できるかも・・・という段階に入りました
(1番目は家庭用、2番目はオーダーメイドです)
まだ詳しくは言えませんが
総額400万円、内作費を除いても100万円以上の投資が必要な
当社としてはかなりの冒険をしなければいけない大きな大きな事業です

大儲けはできなさそうですが勝算はありますので是非やってみたい!!
ますます頑張らなければと思う今日この頃です

最近共感した話

sanpei.gif

「昭和の爆笑王」林家三平が臨終の床に就き
意識も遠のく中お弟子さん達林家一門に囲まれて

医者「わかりますか?自分のお名前言えますか?」
三平「・・・・・加山雄三です・・・・・・」
お弟子さん「おおおお~っ、さすが師匠!!」

死ぬ間際に人を笑わせようとするなんてスゴイ!
私も最後の一言は絶対にジョークで終わりたい(噛んだりして・・・死んでも死に切れない)



g080749.jpg

羊水発言で批判を浴びた倖田來未が
発言後初めての株主総会ライブで最後に発した言葉
「これからも倖田來未を求めていただけるのなら、
頑張りますのでよろしくお願いいたします」

求められているから歌える・・・という悟り
当たり前のことなのに心底わかっている人は少ないかも
若いうちから辛い経験を通して実感した倖田來未はこれからスゴイ!!



昨日ブログに頂いた取引先の社長からのコメントで
「買いたい人に売る。それを見つけるのがセールス」
という含蓄のあるメッセージを頂きました
私もポストインしたチラシの中に
「お望みの方に喜んでお買い求め頂く」ことが当社の販売ポリシーです
と書いた紙を添えていました
そんなの当たり前だろう!って思われるかもしれないけれど
その当たり前をアタマのテッペンから足の先まで理解して忠実に守るのは
そんなに生易しいものじゃないんですよ・・・特にこの不景気の中では

苦悩10数年の末にようやく辿り着いたこの「当たり前」のことが
社長から寄せられたコメントにダブってますます自信を持てました

さらにブログやホームページ、ポストインにダイレクトメール・・・
空振りが圧倒的に多い宣伝活動というものも
「買いたい人に知らせる行為」「買いたい人を見つける行為」だと思えばやる気が出る
今の私にとってこの言葉が一番スゴイ!!

ささやかなお礼にもなりませんが
遠藤木型の遠藤社長のブログを紹介します

「ノック無用の社長室」
私のふざけたブログとは違っていつもやる気を分けてもらっています
職人数人の小さな会社(失礼・・・)
周囲にムリだと囁かれる中何度も何度も足を運んで
ハードルの高い某有名キャラクター会社からパテントを取り
とある発想の商品化に漕ぎつけようとしている
夢と希望に溢れた社長です
当社にとって大切なパートナー会社の一つです



そしてそんな気持ちが報われたのか
露天風呂のホームページを公開してから10日
昨日、早くも1軒目の問い合わせがありました。
これから怒涛の如く訪れるであろう(?!)問い合わせの第一軒目です
自信の中にも不安がちらつく現在の私にとって
言い表せない喜びと緊張感で一杯です
1000円2000円のものじゃありませんから十分納得してご購入いただきたい
現物を見せられる距離ではない以上そこを克服する工夫が必要かもしれません
ただただご縁があることを祈っております

オーダーメイド露天風呂登場!死なない程度に頑張ります

ヒットすると信じて疑わない
否!疑えない家庭用露天風呂「木こりのお風呂」に
オーダーメイド版「木こりのお風呂」登場!!

実は知る人ぞ知るこちらが元祖なんですが
売り方がピンと来なくてほったらかしにしていた技術です
色々整理してみると結構いいアイディアだったことがわかってきまして
このたびカタログなんかを作ってみました

DSCN7342+3.jpg

ホームページも追加しちゃいました
http://www.chiba-kakou.com/original/yokusou/order/top.html
トップページも露天風呂に力を入れてリニューアルしました
http://www.chiba-kakou.com/index.html

ペンション・コテージ・旅館などの比較的小規模な宿泊施設で
 「露天風呂付けたいけどな~・・・
  あまりお金も掛けられないし
  大掛かりで大変だろうな・・・」

って考えているオーナーさんを想定して作戦を練りました

ということは価格を極力抑えなければならない
リスクや営業費などを考えるとホントはもっと欲しいところですが
まずはできる限りの低価格でやれるところまでやってみようと思っています

いくつか作っていくうちに
「やっぱりこの値段じゃ合わないから値上げしよっ!」
ってことになるやもしれませんので
早い者勝ちって感じです
これより安く売ることはまず有り得ませんから



とにかく我が意ここにありとばかりに
設置型の露天風呂に没頭し
寝ても覚めても露天風呂のことばかり考えて
根を詰めてパソコンに向かっていると
昨日偏頭痛が・・・

そういやお気に入りのマグカップの取っ手も壊れたしイヤな予感・・・
DSCN7339.jpg
(実は結構ショック・・・)

そこで昨日は午後から休みを取って
隣町新十津川でやっていた陶芸祭りを散策しました

おもに個人陶芸家達がそれぞれの作品を展示即売している
結構大規模なお祭りでしたが
それぞれ色々とアイディアを出して作品を作っていることに感心し勉強しました
頑張っている人達に出会うと勇気とやる気をもらえます

その後近くのパークゴルフ場で
嫁と義母と3人で夕食当番を賭けての36ホール
大笑いしながら久々の運動に汗をかきました

上手に気分転換しながら仕事しないといけないですね・・・・



そうそう
一昨日結婚11年目12年目に突入(嫁より指摘あり修正)
DSCN7341.jpg

肉類のない祝膳に何の違和感も持たなかったことに
写真を見ていまさら驚くとともに
それなりに妥当に年取っていってるんだな~ってことを実感しました

家庭用露天風呂が贅沢じゃなくなる日

今日は会社お休み
でも4時にはぱっちりお目覚めしました
せっかくできた早起きの習慣ですから
いつもどおり出勤してせっせとブログ



露天風呂の宣伝というかご意見伺いというか
そんな感じで知り合いに
チラシを見せたり構想を話したりして
あれこれ言ってもらう機会がたびたびあります

すると皆さん一様に
「置ける人は限られる」
って最初は言うんです

面白いくらい皆さん同じことを言います
「住宅街の家には置けないね」
「庭がとても広いところ限定だね」
「ニセコとか富良野とかああいう所ならいいかもね」


でも実際に私が入浴した時の気持ちよさとか
目隠しの仕方なんかをあれこれ話していくうちに
大概「欲しいな」「ウケルかも」
って感想に変わっていきます

絶対に置けない家もありますが
工夫すればどうにかなる家も結構多いと思っています

要は自宅で露天風呂に入ってみたいと強く思うか思わないか
自分が入って安らいでいる姿をどれくらい具体的に想像できるか
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
欲しいと思えば諸所の問題は案外どうにでもなるものです

「家庭用露天風呂」
これまでそれほど積極的に販売されていない新しいマーケットですから
売るのが大変なことはわかっています

でも本当に気持ちの良いものだっていうのは
入った私が一番わかっていますし
日本人にとってお風呂は特別なものですから
潜在ニーズはとてつもなく大きなものだと思っています

自宅で露天風呂に入れることが
それほど珍しくもない
日が必ず来ると信じて
今日もせっせと販促準備です



こんなちっぽけな会社が
新しいマーケットの創造にチャレンジできるなんて
なんて幸せな社長なんだ!!


・・・・・・・・・・と自らに言い聞かせながら・・・

家庭用露天風呂 宣伝開始

急ピッチで準備を進めてきた家庭用露天風呂
チラシもようやく完成し いよいよ宣伝をスタートできます

DSCN7327+8.jpg

チラシのデザインを依頼するお金なんかありませんから
もちろん自分で作りました
ゴミステーションからずーっとチラシは自分でデザインしてきましたが
数年間の積み重ねのおかげか
「何とか見られる」チラシを作れるようになりました

プリントは今回からカラーコピー機です
1枚20円かかるので割高ですが
暫くは色々な人の反応を見て修正していきたいので
印刷屋さんに頼むのはもう少し先です

宣伝方法は新興住宅街へのポストイン
ピンポン押してお宅訪問!なんて勇気もありませんし
私ならそんな売られ方をすると
買いたいものも買いたくなくなりますから

「それならダイレクトメールの方が効率いいんじゃね~か」って?
効率が良くないのもわかってますが
まずは愛情込めて作ったものを「売っている!」って実感を味わいたいのです
汗をかかんと!足を使わんと!
そう!私は100kmウォーカー!!

そういえば庭先でお客様に会わないとも限らない
もちろんそんな時は一言ふた言会話を交わし
笑顔でチラシを渡すことになります
・・・・・・
ヒゲが印象悪いな・・・

DSCN7330.jpg

そこで
昨年11月より生やし続けたひげを剃ることにしました

DSCN7332.jpg

半分剃りました

DSCN7334.jpg

全部剃りました
ちなみに嫁は剃ったことをまだ気付いていません
その程度のヒゲだったようです
またいつか生やすことが許される立場になったらお会いしましょう

チラシの出来上がりが遅くなったので
今日は以前から気になっていた近くのまちの住宅街を回ることにしました
チラシに当社の直販に対する考え方などを書いたメッセージペーパーを折り込んで
苦楽を共にした愛用のウォーキングシューズを履いて
いざ出発

1部20円のチラシとは言え
我が社にとってはムダに出来ないお金です
空き地に車を止めて徒歩で周り
ガーデニングに凝っていそうなお客さんや
こんな家の庭に置いて欲しいな~って思った家を選んで
ポストに投函します

この家のお客さんが今夜家族とこのチラシを見ながら
「面白いもの売ってるね!うちにもあったらいいね!」
と嬉しい発見をしたように談笑している姿を想像しながら
そしてその中のほんの数人だけでも
問い合わせをしてくれることを想像しながら
夢と希望に胸をいっぱい膨らませ
怪しげなおじさんは住宅街を徘徊しました

ポストインとは言え
お客さんに説明する機会がいつ訪れるとも知れない緊張感は
あまり気持ちの良いものではありませんでしたが
立派なお宅やきれいなお庭を眺めながらの散歩は
結構楽しいものでした

あいにく手渡しできたのは1件だけでしたが
ポストインのお宅を厳選したにも関わらず
80枚ほど用意したチラシは2時間ほどで無くなりました

通常のお仕事も入ってきて少し忙しくなってきましたが
もう暫くの間宣伝活動を続けていこうと思っています


気の毒だとは思ったのですが
嫁と義母が富良野の方へ遊びに行くというので
チラシを持たせて別荘地などへのポストインをお願いしました
せっかく時間を割いてくれたのですから
一軒だけでも問い合わせがあったらうれしいです

100kmウォーク 語らせていただきます・・・

自社製品の販売に向けて猫の手も借りたいくらい忙しい現在
ブログを書いてる時間も惜しいのですが
どうしても100km完歩したことを自慢したいので
朝も4時からせっせとブログ

非常に長くなりそうなのでお時間のあるときにどうぞ・・・



DSCN7317.jpg

出発前のハツラツとした3人
チームリーダー(?)は昨年完歩を達成した右端の大きい人
「今回はただ完歩するのではなく
3人が揃って完歩することに意味がある!」

そんなカッコいいセリフで皆を鼓舞したミスター100kgウォーカー
このセリフが後々自らに重くのしかかってくることも知らず・・・

新聞によると368人が参加したそうです
すごい・・・

このうちおよそ半数の人が例年脱落するそうですが
何せ50km近いリハーサルを無事こなしたわけですから
内心完歩する自信は溢れんばかりです

ところが午前7時
打ち上げ花火の合図とともに意気揚々とスタートしたのも束の間
GW明けに歩いた時とのわずかな違和感を感じずにはいられませんでした

気持ちが・・・気持ちが違うのです
これから約30時間も歩く・・・・100kmも歩く・・・
そのプレッシャーがスタートとともににわかに込み上げ
ずっしりと両肩に背中に覆いかぶさってくるような
暗く重~い気持ちが早くも芽生えてきたのです

まだ体に何の異変もないうちに
心がくじけようとしている
・・・・・・・・・
100kmウォーキングとは自らの気持ちとの戦いであるということを
早くもこの時実感したのです

チェックポイントは30km地点を最初に
おおよそ5~10km毎に設けられています

各ポイントごとに飲み物とマッサージのサービスが用意されています

テントに寝転がりマッサージを受ける人々の姿は
さながら野戦病院のような光景でした

DSCN7320.jpg

この時3人の心はすでに
スタート時のそれとはあきらかに違っていました
「なんでこんなことしてるんだろう・・・」

とは言えまだ30km
ここでリタイアという頭は微塵もありません
微妙な心の動揺を抑えつつ重い腰を上げて再スタートした3人

DSCN7321.jpg

ここであることに気付きました
大きなつり橋や建物など
大きな目標物ほど近くに見えるがなかなか近づかないということ

そんなの当たり前だと思うでしょうが
この事実がとても精神的ダメージを与えるのです

歩いても歩いても前に進んでいないような錯覚
「なんでこんなことしてるんだろう・・・」
寄せては返すそんな思い

「100kmウォークは自己満足の世界。自分が満足すれば50kmでも意味がある」
「誰かと競うのではなく自らと戦っているんだ。100kmを歩くことにこだわる必要はない」
後ろ向きブラザーズはリタイアを正当化しながら歩いていきます

DSCN7322.jpg

40km地点で3人のうちの一人が足の指に豆を作ってしまいました
痛くて痛くて仕方がないようです

50km地点でその激痛がピークに達していたようで
本気でリタイアを口にしだしました

するとリーダーがおもむろにバックから「バファリン」を取り出しました
バファリンが足の痛みに効く???
大いに疑問を持ちながらワラをも掴む思いで飲んだところ
暫くすると本当に痛みが和らいできたそうです
元気とやる気を取り戻し再び完歩に向けて歩き始めました

私はと言いますと
股関節と腰と足の裏がとてもとても痛くなってきました
リハーサルでも痛くなったところ
すなわち私の身体の弱いところです
普通に歩いているつもりでも足を引きずっているのがわかります

すでに弱りきって道端に座り込んでいる人
杖を突きつつやっとの思いで歩いている人
泣いている子供 友達を介抱する仲間 リタイアバスに乗り込む人々・・・
「今どのくらいの人がリタイアしたのかな~ もうリタイアしても恥ずかしくないかな~」
「月曜日に仕事にならないと迷惑掛かるしな~・・・」
スタートしたときには想像も出来なかった弱い心が私を支配していきます

さてそんな3人で歩いてきた60km地点で新たな仲間が加わりました
いいえ、リーダーがお願いしてこちらが加わったと言った方が正しいかもしれません

過去4度の完歩経験を持ち
うち2度は絶対に完歩不可能と言われた人々を完歩に導いた
「完歩請負人」
ただし何か賭けていないと実力を発揮しないそうですが・・・
ちなみにリーダーも昨年お世話になり
後で知ったのですが随分ご迷惑をおかけしたそうです

今回は何も賭かっていなかった様で(?)仲間の2人が早々にリタイア
そこで「一緒に歩きましょう!次のチェックポイントで待っててください!」
という図々しいお願いをして合流しました

これも後で教えてもらったことですが
すでに瀕死の状態で60km地点に到達した3人を見て
正直「一緒に歩くのイヤだな」と思ったとか

何はともあれ次の70km地点を目標に4人で再スタート
70kmのチェックポイントは今回のコースで唯一の折り返し
直線道路日本一のほぼ端を折り返し
向こうの端まで歩くという精神的にゆさぶりの掛かるポイントです
小さい頃から何度も車で通った道
この直線道路の長さは身に沁みてわかっているのですから

しっかりした足取りで歩を進める1人とそれを取り巻くイヤイヤよたよた歩きの3人の姿は
まるで西遊記の三蔵法師と妖怪たち
もちろん猪八戒は体型的にリーダーです

三蔵が加わり
今までの歩くペースが微妙に変わり始めたのを感じた頃
猪八戒と沙悟浄が遅れ始めました
(注;むしろお前が沙悟浄だろうという方もおられるでしょうが私のブログですので)
きっと足の痛い沙悟浄を気遣いながら歩いているであろう猪八戒
ポイントポイントで待ち合いながらそれぞれのペースで歩く4人
そしておよそ65km地点
八戒がヨタヨタと寄ってきて残念そうにこう呟いた
「沙悟浄がもうダメだと言っている。次のチェックポイントでリタイアするって。」
と・・・・・

仕方ない・・・
血豆を潰しながら痛い足を引きずり引きずり30km以上頑張ったのだ
よく頑張った
リタイアに悔いなし

「それで・・・・・・・・・俺も付き合うわ・・・」
ええええええ~っ!?
猪八戒!!! いやリーダー!!
それは何ゆえ~?
「もうだいぶ前から足の裏全体がブヨブヨして水ぶくれができているんだ・・・」

幸い血豆も水ぶくれも出来ていない私にその辛さを否定することはできないが
一度に2人の仲間を失う寂しさ 心細さ 無念さ・・・

「一緒にゴールをしよう~って
皆んなで~揃ってしよって
やくそ~くし~た~じゃ~ない
あなた~ 約束し~た~じゃ~ない~・・・」

往年の名曲 沢田知可子の「会いたい」のメロディーが
悲しく心に響きます

そうか・・・それでわざわざ三蔵に声を掛けたのか
皆のリーダーとして100km完歩のナビゲーターを買って出た猪八戒が
まさか皆んなをおいて辞めたとは言えず
50km地点からリタイアの準備をしていたとは・・・
責任感があるというべきか 計算高いというべきか・・・

ところで私はと申しますと
だってあと30kmですよ
たとえその時とコンディションが全く違うとは言え
30kmはすでに経験済みの距離なんです
しかももう10分の7も歩いてきたんです
たとえ一人になったとしても
どうして残りの10分の3を切り捨てることが出来ましょう

そうです
私は雪山でムリして死んでしまうタイプです

DSCN7324.jpg

もう少しで70kmというチェックポイントでお別れの記念写真
センターに写っているのがこれから私がお供する三蔵法師52歳です

夜中の12時をとうに廻り
車通りもまばらで、薄暗い外灯の灯りすら眩しく見える丑三つ時
眠気がピークに達し
歩きながらフラッシュバックで夢を見ます
膝がガクッと落ちそうになったり
意識がこめかみの方からくら~っと遠のいていったり・・・・
眠気を我慢しながら歩くのってこんなにも辛く苦しいものなんかってことを
この時初めて知りました

次のチェックポイントまで頑張ろう
次のチェックポイントでちょっと寝よう
明るくなれば全てが変わる
何度となく自らに言い聞かせる私

そしてようやく見えてくるチェックポイントの灯りは
まさに砂漠の中のオアシスのようです
拍手で迎えてくれるボランティアスタッフ
夜中だというのに入念にマッサージをしてくれて
このマッサージがなければ決して最後まで歩けませんでした
完歩したあかつきには
来年はマッサージのボランティアとして参加しようと
そんなことを思いながら感謝感謝のチェックポイントで
ひと時の休息をとりました

その他に応援や差し入れをしてくれた友達
早朝に様子を見に来てくれた友達もいました
ええ もちろん差し入れをしてくれた嫁にも感謝してますよ
忘れず書きます 毎日ブログチェックされてますから

辛さのあまりすっかり写真を撮るのも忘れていまして
折り返し地点以降の写真は1枚しかありません

DSCN7325.jpg

唯一撮った写真が
ゴールまであと7kmくらいのところで
私のペースに合わせて歩いたせいか
くたびれ果てて歩道橋に腰をかける三蔵の姿

ゴールが現実のものに思えてきたこの頃言った
「ちばくんをナメていた」
という三蔵の言葉は
ナメられていたことに腹を立てるべきかもしれませんが
最高の褒め言葉の様に感じられました

DSCN7326.jpg

そして無事ゴール
たくさんの暖かい拍手を受けながら
28時間40分ほどの長く貴重な経験にようやくピリオドが打たれました
途中リタイアした二人も足を引きずりながら祝いに来てくれました

達成感?
満足感?充実感?
もちろんそういう気持ちもありますが
むしろ自分の弱さを痛感した複雑な気持ちです

あれほど完歩しようと心に固く決めたのに
何度途中で投げ出しそうになったことか
「まだやれる。まだやれるうちにあきらめたら絶対あとで後悔するぞ」って
挫けそうな心に繰り返し繰り返し言い聞かせていました

そしてどうにかこうにかそれを乗り越えられたことによって
「ちょっとあれから調子に乗ってんじゃない」
ってくらいの自信と勇気を得たように感じています
それから惜しくもリタイアした人へのおもいやりの心も少し学んだかも・・・

途中知り合いのボランティアさんがこんなことを言ってくれました
「鬼の形相の30km地点からどんどん仏さんのような顔になってきたね」
そうです
私は長い長い旅の末にようやく天竺へとたどり着いたのでした

                           めでたしめでたし
                           最後までお付き合いありがとうございました
                           さてもう7時過ぎた!飯食って仕事だ!!

まずは報告

100kmウォーク完歩達成

今だから正直に言うと
「完歩できないわけがない!」
という自信がありました

しかし実際に歩いてみると
これはもう壮絶な自分との戦いが繰り広げられたのです

歩いていない人には大袈裟に聞こえることでしょうが
100kmウォーキングとは人生の縮図です!

語りたくて語りたくて仕方ありませんが
今朝は急ぎの書類作りで忙しいので
ちょっと落ち着いたら
「もう読みたくない!!」
って言うくらい長々と語らせていただきます

私のブログですから好きにさせてください

DSCN7318.jpg

スタートの写真
参加人数制限があったとの噂も聞こえましたが
それでも370名ほどが参加する大規模な大会の
いよいよ幕開けです
                                         つづく

明日はいよいよ

そういえば
明日はいよいよ100kmウォークの日

今からおよそ24時間後には
スタート地点に向かっていることでしょう

今回一緒に歩いてくれる昨年完歩した人は
朝7時にスタートしてから夜通し歩き
翌日13時にやっとの思いでゴールしたそうです

およそ30時間歩くのです

未知の世界にワクワクドキドキ
もうすでに胸が苦しい・・・

余裕があれば携帯でブログに経過報告します

(追伸)
切り株浴槽のページ更新しました
ご意見・ご感想お待ちしています
お金持ち・物好きへのご紹介もお忘れなく

「届いたその日から露天風呂 風呂釜付き切り株浴槽」

(急募!!)
「海の家」にコネのある方いませんか?
海から上がったら水着のまま露天風呂でひと休みできる「海の家」って
お客さんにウケそうじゃないですか?
今回ページ更新した浴槽とは別の工法でとても大きな浴槽も作れるんです

北海道の海はダメです
シーズンが短いし景気悪いから

湘南とか九十九里浜とか
新しいもの好きのお客さんがたくさん遊びに来そうなところがいいですね
人が多いから元を取るのも早いだろうし

ほんのちょっとでも知っている人がいたら
是非紹介してください・・・売り込みに行きます

今年の夏は海辺で露天風呂!!

ちょ~よちょよちょよ・・・

とある賑やかな温泉街

見知らぬおじさんを
私がマイク片手にレポートしている夢を見た

地元に伝わる「うなぎの白焼き」の歌をマスターしたい
とそのおじさんは
身振り手振りを交えて熱く説明する

座布団の上に正座して
歌に合わせて手振りで踊る「うなぎの白焼き」の歌

「ここがいまひとつ上手くいかなくてね」
と残念そうに語るおじさん

そこへ
50代やや痩せ気味の浴衣を羽織った中年男性が
これまたお揃いの浴衣を着込んだ数人の集団を引き連れて登場

「うなぎの白焼き」の歌の名人だと紹介される

それでは是非お願いします


  ちょーよ ちょよ ちょよ ちょよ ちょ~よ
  うなぎが畳にでたからね
  親父が掴んでしーろ焼き
  ちょーよ ちょよ ちょよ ちょ~よ ちょよ
 

串に刺さった「うなぎの白焼き」
両手でひっくり返しながら
大きく右に左に手を振る踊りで
大ウケにウケる取り巻きの面々

「さすが名人ですね~」
と真剣に感心する私

・・・・・・・・・・・・・・

そしてふと目覚めると
そこは温泉街ではなく布団の上

・・・・・・・・・・・・・・

時間とともに徐々に薄らぐ夢の記憶の中で
いつまでも耳から離れないフレーズ

ちょーよ ちょよ ちょよ ちょよ ちょ~よ
ちょーよ ちょよ ちょよ ちょ~よ ちょよ

sa13.jpg


我が家に露天風呂がやってきた~家庭用露天風呂の実践~

昨日はお日柄もよろしいようで
予定通り我が家の庭に露天風呂を設置しました

通りからの目隠しは
ホントはルーバーラティスなんかを並べたかったんだけど
予算の都合で我が社の白樺偽木パネル

DSCN7229.jpg

DSCN7234.jpg

ん~・・・なんか伝わらないな~

自分の庭に置いたら・・・って
お客さんにムクムクと妄想を膨らませてもらって
自分も欲しいな・・・買いたいな~・・・
って購買意欲を掻き立てるには到底至らないな~

小雨交じりの中
夜の露天風呂も撮ってみた

DSCN7271.jpg

DSCN7276.jpg

ん~・・・ん~・・・
入っている本人はお気楽極楽なんだけど
その気持ちよさが伝わらないな~

モデルか??



露天風呂に夢中になっているうちに
友達の大根が案の定花を咲かせました

DSCN7075.jpg

DSCN7076.jpg

可憐な花ですね~

でも花を咲かせてから徐々に元気がなくなっています

花なんか咲かせないで
葉っぱボウボウのままでいいから
元気のなくなっていく姿は
たとえ大根でも見たくないです

露天風呂に入る真面目なお仕事~イレブンPMのバニーちゃん

先週土日は予定通り展示商談会に参加してまいりました
正式には「リフォーム商談会」なんですが
ガーデニング用品が超お手頃価格で手に入るので
そちら目的に大勢のお客様が訪れてくれました

だってこんな大きくて作りのしっかりしたテーブルが
DSCN7090.jpg

¥6,000

お孫さんやガーデニングのアクセントとして
こんな手間の掛かっている動物木馬が
DSCN7091.jpg

¥1,800

その上日曜日に来場してくれた方には無料で

羊の丸焼き
DSCN7079.jpg


さらには端材でつくったらしい

DSCN7087.jpg

ガンダムや

DSCN7086.jpg

マジンガーZ

そんなお得感満載の商品が所狭しと並ぶ中
当社の製品価格は“ゼロ”が1つ2つ多いですから
やけに高いもののように感じられることでしょう

ヤケになってロデオ

DSCN7093.jpg


ところで当社の今回の目玉は

DSCN7095.jpg

「薪釜付き切り株露天浴槽 ¥198,000」

「届いたその日から露天風呂が楽しめる」をコンセプトに
「家に露天風呂を設置する贅沢」のハードルを
できるだけ下げるつもりで色々工夫しました

会場が狭かったため残念ながら実際にお湯を沸かすことは出来ませんでしたが
真剣に欲しがって悩んでくれたお客さんもいらしたし
まずまずの手ごたえを感じました

この他に試作段階のゴミ箱も展示しました

DSCN7074.jpg

お客さんの反応を見るために¥29,000と価格を抑えましたが
その値段では作れません
考えていたことをあれこれ試した試作機といったところです



そして昨日は好天に恵まれたので
浴槽を持って川原で撮影会です

川原で撮影会??

実は今回の「釜付き浴槽」は
家庭に設置してもらう他に
キャンプやバーベキューに持っていって
清流の水を汲んだらどこでも露天風呂を満喫できるという
斬新な(?)狙いがあるのです

そう!!
私はここに「新しいアウトドアスタイル」を提案します!!

車で降りられる川原を見つけて
電動ポンプで川の水を汲み上げて
薪を炊くこと1時間半

DSCN7118.jpg

そしてモデルは不肖わたくしでございます
誰も入ってくれないので・・・

すると・・・・・

DSCN7166+7177.jpg

DSCN7162.jpg

これが予想をはるかに超える気持ちよさ!!

川のせせらぎや鳥のさえずりを聞きながら
パチパチと薪の燃える音
薪の香りもアウトドア気分を盛り上げます

そして何より
「自分で選んだ景色に囲まれて入るお風呂」
例えようの無い満足感・爽快感を味わえました

これは売れる
いや売れろ

準備や片付けもそんなに面倒じゃなかったし
アウトドアで持ち運ぶとしたらもう一回り小さくても良いかなと感じましたので
そこら辺を早急に対応したいと思います

次回
「我が家に露天風呂がやってきた」をテーマに
庭に露天風呂を設置した撮影会を開催します

近日公開!!

PS.
作るだけ作らせてちっとも売らないと職人さんに申し訳が立たないので
皆さん、ご意見ご感想を是非お寄せ下さい
特に「これくらいの価格なら私は心が揺らぐ」
「こんなところに売り込んだら売れるんじゃない?」
無記名で構いませんからメッセージ頂けたら嬉しいです

せっかく自然に囲まれてるんだから・・ねぇ

どこぞのおじいちゃんと身体が入れ替わっちゃったんでしょうか?
最近朝目覚めるのが早くなりました
  どうせなら映画「転校生」みたいに女子高生と入れ替わりたかった・・・

昨日も4時にぱっちり目を覚ましましたので
もったいないから早朝ウォーキングすることにしました

数日前にも嫁と二人で朝歩いたのですが
「寒い」だの「痛めた足が痛い」だの「もっとゆっくり」だのと不平不満が多かったので
今回はそっと起きて一人で出発しました

20080605042221.jpg

夜明け寸前です
あの山の頂上の“チョコン”と尖っている場所が今朝の目的地
GWにも登った石山展望台です

まずは砂川が誇る子どもの国を通過します

すながわ子どもの国には世界7不思議と呼ばれる建造物があります
残念ながらそのエリアは有料(大人のみ 子供は無料)なので
この時間は外から眺めるだけです

20080605043957.jpg

古代の7不思議の一つ「ピラミッド」

中には子供心をくすぐるアスレチック風の遊具がびっしりあって
子供さえいなければ大人でも夢中になって遊べます

20080605044011.jpg

現代の7不思議の一つ「万里の長城」

要するに有料エリアを仕切る
貧乏人と金持ちの間に作られた塀です(そんなに高い入場料ではありませんが)

その他にも「ピサの斜塔」「ストーンヘンジ」など
なぜここにこんなものを作る気になったんだろう・・・
とちょっと首を傾げたくなる建物があります
詳しくはこちらでどうぞ→「北海道子どもの国」

20080605050730.jpg

せっかくひと気のない早朝の山道
ただ歩くだけじゃカロリー消費も微々なので
「デューク更家」よろしく腰フリウォーキングをしていると
まだ5時前だというのに山から下りてくるおじさんに遭遇してちょっと焦りました
泊まってたんでしょうか?

変てこな歩き方をしたせいで
展望台に着く頃にはヘトヘトつゆだく

しかし・・・・・

20080605051745.jpg

なんと素晴らしくさわやかな天気でしょう

木々の隙間から黄色・・・いや金色に輝く展望台
小鳥たちもこんな朝早くから何を相談してるのか
  ピピピピピッ・・・
       チチチチチッ・・・

静かなはずの森の中が心地よく賑やかです
疲れた心も身体も癒してくれます

さらに展望台のてっぺんに登ると
遠く西の彼方に連なる山々のふもとに
低く広がる雲海が!

そうだ
先日イマイチだったパノラマ写真を撮ろう

あっカメラ持って来てない

まいいか
携帯電話で撮ろう

20080605051953.jpg

20080605052010.jpg


あっ電池切れ
ピラミッドとかいらん写真撮らなきゃ良かった
しかも出来るだけ広いパノラマ作ろうと思って端から撮ったから
肝心の雲海が広がる山の写真撮れないし・・・

そんなこんなで2時間半歩いてもまだ7時前!!
ひと汗かいてシャワーを浴びて朝飯を食う
健康的なある朝の出来事でした

PS.そういう今もブログを書き終わっても朝6時前
どうなっちゃったんでしょう ボクの身体

(業務連絡)

会社のホームページリニューアルしました→千葉化工

まだできていない商品説明のページもありますが随時更新していきます

ご意見・ご要望・誤記・リンクミス等の指摘お待ちしています

大根の世代交代

DSCN7043.jpg

友達の大根が枯れてきた

葉先が次々に黄色く変色してって
何をしても歯止めが利かない

しかし真ん中からは花すら咲きそうな勢い

きっと新芽に栄養を持っていかれているのだろう

栄枯盛衰
盛者必衰

これから咲き誇る新たな命のために
この身を捧げる古き葉たちよ

その崇高な志しを
私は決して忘れない
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSCN7046.jpg

気付くと嫁にばっさり切られてた

ちょっとショックでしたが
おかげですっきりしました

これでまもなく
きれいなお花を拝めることでしょう


その日の夕食

DSCN7048.jpg

「大根の葉とおかかのふりかけ」

これうまいんだ!
ご飯にのせて食べると何杯でもいける

あれ
この大根の葉って
・・・・・・・・・・・・

違うか



(おまけの水菜)
DSCN7044.jpg

「おまえレタスだっけ?」

たこ焼きを楽しいと思った日曜日

昨日わが町でちょっとしたイベントが開かれました

「ゆう楽市」という市民手作りのお祭りです

一昨年できた砂川市の多目的ホール「ゆう」を利用して
フリーマーケットや屋台、子供向けのイベントや学生ライブなど
お金をかけずにできることで
市民に休日を楽しんでもらおうというお祭りです

せっかくの日曜日
やりたいことはたくさんありましたが
最近ボランティア活動からトンとご無沙汰しておりましたので
たまには重い腰を上げることにしました

大まかな役割分担はありましたが
基本的にはスタッフ個々人の判断とやる気で
忙しい人もいればブラブラできる人もいるという
緩~い縛りです

私の担当は屋台

私が到着した時には
まだあまり手伝いの人が来ていなかったので
どの屋台にするか選ぶことが出来ました

そこで初体験の「たこ焼き」にチャレンジ

20080601131419.jpg

あいにくの雨模様ではありましたが
結構な賑わいで
「たこ焼き待ち」の行列に背中を押されながら
つまみ食いをしている暇も無いくらい忙しかったです

所詮素人仕込みの“ダマ”だらけのたこ焼き
あんなに並んでまで買って食べた皆様
さぞやがっかりしたことでしょう・・・
すみません

でも思ってた以上に「たこ焼き」焼くのが楽しくて
あっという間の充実した5時間を過ごしました

唯一困ったのは
隣がビールを売るブースだったこと

動けなくなるくらい飲みました・・・
プロフィール

ちばさん

ちばさん
北海道砂川市在住
48歳
妻と二人暮し
FRPの製造会社経営
自社オリジナル商品で
生業を立てるのが夢

カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
ようこそ!
我が社の製品です

DSCN4324.jpg

完全オーダーメードだから
好きなサイズでお作りします
「切り株露天風呂」

20070314192532.jpg

普通のゴミステーションじゃ嫌な方
「ログちっくハウス」

sgomibako.jpg

ペンションや観光地の
ゴミステーションに
「白樺ゴミボックス」

20070314194140.jpg

インパクトで集客アップ!
「ベジ看板」

DSCN4184.jpg

お庭に違和感の無い存在感
「白樺コンボックス」

Amazon
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。