スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時代がオレに追いついてきた?

20080131113052.jpg

ホームセンターに売っていたゴミステーション
キャッチフレーズは

「道や庭先のゴミ箱も色にこだわりませんか」

こだわれ!こだわれ!
スポンサーサイト

女子マラソンフェチ

いや~泣きました、昨日の女子マラソン
福士加代子
20080127-00000017-jijp-spo-view-000.jpg

ダントツ1位で、これは勝負あったな、と思った人も多いはず
しかし最後は4度も転倒し、よろよろと前へ進むのがやっと
それでもゴールまであきらめずに走りきった
普通トップランナーなら途中棄権するんだそうです
それなのに、福士は
あんな惨めな姿になりながらも
泣きながら最後まで走り続けた・・・
気付くと私もウルウル・・・・
涙無しには見られませんでした

福士ってちょっと品が無さ過ぎてキライだったんですけど
見方すっかり変わっちゃいました
頑張れ福士


そして3月9日は私の応援するQちゃんが
名古屋国際で走ります
オリンピック挑戦もこれが最後でしょう
なんとかもう一度
あの華やかな舞台にQちゃんを立たせてあげたいな~と
思っているのは私だけじゃないでしょう


そして私の嫁の同級生も走っていました
小幡佳代子
bjn00301-5878160.jpg

大阪は残念ながら22位という結果
でも名古屋国際も走るんだそうです

もしかしたらこれが最後の挑戦だと決めいているんでしょうか?
いずれにしろ、超番狂わせの快走に期待しています

人には言えない趣味

あ~寒い
とにかく寒い
こんな日はお気に入りのおじゃる丸カップで
ココアなど飲んで暖まりましょう


DSCN6332.jpg


おじゃる丸アップ
DSCN6334.jpg


そうです
40歳ですけど何か?

新しい武器

DSCN6438.jpg


ついに買った
レーザー墨出し器
メーカー希望小売価格¥137,000!!
・・・・・のところ¥84,948
前から欲しかったけど高くてなかなか決断できなかった
これで、背の高い製品も一発レベル出しOK
しかもなんと!!
60周年記念モデルのメタリックゴールド
強そう

楽しい(?)排雪

寒さも少し緩んできたので
工場裏の排雪をすることにしました
工場を建てる時には
我が社の東側が公園になる話だったので
冬は使わなくなるであろうその公園側に雪が落ちるよう設計したのですが
どういうわけか数年前
その土地を他社に売却しまして
我が社との境界線に柵を立てられてしまいました
それ以来、雪が溜まりやすく
しかも除雪車が入りにくい不便な構造になってしまいました
ガラスを割ったり壁を傷つけたりと
毎年なんだかんだ損害をこうむる恒例事業です



DSCN6411.jpg

DSCN6412.jpg


まずは完璧な防寒
ヒーターのない我が社の除雪車はかなり寒いのです
ちなみに父のお下がりです


DSCN6418.jpg


午前10時30分 作業開始

DSCN6413.jpg


1時間30分経過
お昼休み


DSCN6415.jpg


午後3時
排雪作業で大切なことは雪を捨てる場所を確保すること
この頃になると
雪捨て場の整理にも時間がかかってくる


DSCN6420.jpg


さあ先が見えてきた
しかし辺りは暗くなりかけてきた


DSCN6423.jpg


日暮れまでに間に合うか?!

DSCN6421.jpg


暮れちゃった・・・

DSCN6430.jpg


18時作業終了
あ~寒い


ブログの書き込みストーリーを考えながら
時々除雪を中断しては写真を撮る自分が
少しカワイイ

寒くたって仕事

今朝は一段と寒いと思ったら
最低気温-25℃
あっさりこの冬一番の寒さを更新

事務所の水道は
昨晩落として帰ったにもかかわらず凍れかけてました
水道管を直接お湯で“ジャー”っと暖めて暫くすると
ようやく
「仕方ねーな」みたいな感じで
“ジュボッジュボッ”と出てきました

我が家の愛車ステップワゴンも
そういえば買って8年、1度もバッテリーを交換していません
高齢のバッテリーにはこの寒さがこたえるようで
エンジンのかかりがとても悪い
“クンクンク~ン・・・・・ク~ンク~ン・・・”
今にも
「も~、勘弁してくださいよ~」
って泣き言が聞こえてきそうです
この冬持ちこたえられるか

ストーブは・・・お陰様で・・・点いてました
あまりの寒さに一向に室内は暖まりませんが


今年も有難いことに、仕事が切れることなく続いています

DSCN6399.jpg

こちらはカビオラップパネル
このパネル、見ての通り円弧を描いておりまして
8枚つなげると直径7メートル以上の円になります
それを5段重ねると
約300トン入るタンクになるのです
塩酸タンクとして使われるそうです

DSCN6394.jpg

こちらは排ガス洗浄塔
直径1.2メートル、高さ4メートル弱と
我が社にとっては手頃な大きさです
内部にコチャコチャと仕掛けが付くのが面倒ですが
その分上手く出来上がったときの感激も大きいのです
来週火曜日出荷予定なので
今日は休日出勤して最後の追い込みです

DSCN6410.jpg

久々特注防水パンのお仕事
8.75㎡と、やや大きめの防水パン
これに取り付ける3箇所の排水口のための木型です

この特注防水パンやオーダーメード浴槽のビジネスが
このたび設計会社がコア企業となって
経済産業省北海道経済産業局より「新連携支援制度」事業に認定されました
http://www.hkd.meti.go.jp/hokic/h19nintei_3/index.htm
「身体障害者等向けの「洗い場付き浴槽」の開発・販売」
が事業テーマの柱となるそうです
困っている人のお役に立てる仕事と認められたわけで
とても嬉しいです
我が社も協力企業として末席に名を連ねています
千葉化工の「化」の字が間違ってるのが結構ショックですが・・・


寒さとの意外な闘い

昨日より北海道はこの冬一番の寒さです

トップリと眠りに就いてる朝3時頃
「寒い」
と言って、嫁に起こされました
オレを起こしても・・・・と言いたいところですが
それほど寒かったのです

鼻の穴も凍りつくほどの寒さの中、事務所に行くと
タイマーを仕掛けたはずのストーブが
点いてない!!

なんと
あまりの寒さに灯油タンクの出口にある
「ストレーナー」なるものが凍ってしまって
灯油が送られてこないのです
早速業者さんを呼んで修理してもらいました

DSCN6361.jpg

寒さでガスボンベも点かない等の苦難を乗り越え
寒さもやや緩んだお昼ごろ
ようやくストーブが点きました



ところが
今朝再びストーブが点きません
昨日に比べると若干気温が高めですが
それでもかな~りシバレています
昨日業者さんがやっていたことを
見よう見まねでやってみようと思ったのですが
灯油タンクをガスバーナーであぶる勇気がどうしてもありません
仕方なくドライヤーで暖めてみたのですが
一向に良くなる気配もなく
仕方なくまた業者さんに来てもらいました

結局灯油タンクに溜まっている水が凍結するので
春になったらタンクの洗浄をしましょう
ということになりまして
それまではしばらく
ポータブルの灯油タンクで過ごします

DSCN6393.jpg

2日に1回の給油がこの冬の日課となりました

出でよアセトン!!

あれから1日
まずは残骸のオープンザドア~


アセトン4

おおぉ~~~!
いい感じでカピカピ
写真だと”おから”みたい
でも食べると死ぬ

続きまして
生まれ変わったアセトンよ!出でよ!!

アセトン5

アセトン6

アセトン7

意外と少なかった
回収率40%くらいかな
ニホイもちょっときつめ
でも十分使えますよ

アセトン更正への道

ここ数日、冬の北海道らしい天気が続いています

20080112104201.jpg

20080112104227.jpg

それでも例年に比べるとまだまだですが、
今年はやたらと雪が少なくて、ちょっと調子狂ってましたから
少し安心しました




さて
先日修復したアセトン回収機で、いよいよアセトン回収開始しました

アセトン1

溜まっていた古いアセトンを集めてもらいました
大体40リットルくらいあるでしょうか
純アセトンなら8,000円相当の分量です
もちろん再生したら、この半分以下になりますが・・・


アセトン2

よーし、最後に貴様のその汚れた顔をアップで撮ってやる
なんだてめー!底の方で寒天状に固まってるじゃねーか!
ちょっと触れただけで、やたらベタベタしやがって!
悪あがきはよしやがれ~ぃ!


アセトン3

そうさ、おまえはもう回収機の中
も~う年貢の納め時だ
いまさら謝ったって遅いぞ
これから1日、しっかり更正してこい!
バタン!

明日へつづく・・・

ゴミ袋への意識変化

私はガラにもなく【日経流通新聞】を購読しています
一時期、ちょっとした向学心で本家【日経新聞】をとってみたのですが
難しいし面白くないしで、「読まずに古新聞」になったので
「止めて」
って新聞屋さんに言ったら、こんなのもありますよって
持ってきてくれたのが【日経流通新聞】
写真も多いしカラーだし・・・・
ビジネスヒントになりそうな流行分析の記事なんかが気に入って
読んだり読まなかったりだけど、1年以上購読しています

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その新聞を読んでいたら、本日興味深い製品に出会いました

ゴミ袋1

「ゴミに表情 エコ意識包む~イラストで「汚い」一変」

製作者のコメント
「ゴミは家の中では私物だが、外に出すと公共物となる。
むき出しのゴミ置き場の場合、回収されるまでは街の景観の一部ともなるのに、無頓着だった。
もっと気を使うと状況は変わってくるのでは」


これはまさに我が社のゴミステーションのコンセプトに共通します

2006年に発表したところ問い合わせが殺到し商品化に乗り出したとのこと
45リットルサイズ10枚で380円と、ちょっと高めのため
スーパーなどはそっぽを向いたそうですが
ようやく東急ハンズやロフトでの取扱が決まったそうです
ゴミ回収に対する世の中の意識の変化を感じずにはいられません

ちなみに、このゴミ袋、自治体指定ゴミ袋のある町では使えません
そこで
「ゴミを楽しく持って帰ろうよプロジェクト」
と題して作られたのがこれ↓
ゴミ袋2

お出かけの際のゴミ袋として・・・
「ウサギさんを置いてきぼりにしたら寂しがるから、一緒に持って帰る!」
と言って、子供にゴミを持ち帰らせる習慣を付けるアイテムとして考え出されたそうです

製作者いわく
「僕たちは袋のデザインを考えたのではなく、袋を使う行為そのものをデザインした」
クゥ~ッ、気取りやがって!!

と言いつつも、このゴミ袋に対する企業の姿勢に好感が持てます

アセトン回収機の復活祭

原材料が高騰する中
FRP製作には欠かせない溶剤
「アセトン」
も、やたらと高くなりました

我が社は経費節約のために、一度使ったアセトンを蒸留した
「再生アセトン」を購入しておりましたが
こちらは品薄状態だそうです
力の無い我が社には廻ってきません

そんな折
そういえば我が社には昔取引先から頂いた
「アセトン回収機」
なるものがあることを思い出しました
「再生アセトン」を自前で作ることができる機械です
買ったら100万円!!近くする機械です
そんな高い機械を
「もう使わなくなったから」
という理由で数年前に無料(タダ)でくれたのです

本当に有難かったのですが
使ってみると回収に結構手間が掛かって面倒だったので
そのうち使わなくなっちゃって

さらにそのうち電気設備の改造工事が入って
電気屋さんが
「使わないでしょ」って配線切っちゃった

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あれから3年
あらためて見てみると結構複雑な配線
しかも200V電源だから
間違って結線したら、結構危ないかも
果たして再びつなげられのか・・・・・

数日悩んだが、一か八かやってみることにした

こう見えても電気科卒
多分こんな感じ・・・・・のような気がする
と躊躇を交えつつ格闘すること4時間
全ての結線を終え、スイッチオン!



おおおおおぉぉーっ

見事、爆発することなく電源ランプが点いた
装置もどうやら動いている
さすが電気科卒!ヤマ勘が冴えてる~

さて、明日からせっせとアセトン回収で節約節約

死ぬまで治らない??

20080109104242.jpg


昨夜の新年会で飲みすぎて、よどんだ眼

仕事始めのお買い物

今日から仕事始めです
職人さんも全員揃って、無事2008年がスタートしました
とは言えかれこれ10日近くも休んだんですから
皆んなエンジン掛かってないんだろうな
今日は全員ニコニコ、定時退勤です



突然ですが、私のおでこは広い
生まれた時から広かった
おかげ様で、というのはどうかとも思うが
小さい頃から「ハゲ」と言われ続けているので
「ハゲ」と言われてもさほど腹が立たない
それどころか40にもなると
学生時代に私のハゲネタで笑いを取っていた友が
すっかり私を追い越している、なんてことがよくあり
どうやら年齢的にはもう特殊でもないようだ
むしろ
「ハゲ」に免疫のなかった者達が
迫り繰る「後退」を前に
苦しみ葛藤し無駄な抵抗を続ける姿
に優越感すら感じる

では私はどうかというと
どうやらまだこの程度では許してもらえないらしく
M字の先端が繋がりたがっている
つながったら、真ん中だけポチっと髪の毛残って
鶴瓶みたいになっちゃうのかな
イヤだな~

と思っていたところに
今日ホームセンターでこんなものを発見!

20080107172507.jpg

おお~

なんか効きそう!!

洗髪のとき指の腹でマッサージするんだけど
どうもイマイチだったんだよね~
早速パッケージオープン

20080107175444.jpg

おおお~

ますます効きそう

なんでも
“ディープクリーナー”と“ソフトマッサージャー”で
しっかり洗いながら頭皮マッサージできる構造だそうだ
早速試す

20080107172743.jpg

気持ちいい~

これは効くぞ~

今夜髪洗うの楽しみ~

父の命日

今日1月4日は父の命日です
あれから1年
徐々に記憶が薄れかけたあの日のことを
少し辛気臭いけれど、振り返ってみたくなった



あちこちに転移していたガンのせいで
もうすでに寝たきりになっていた父でしたが
年末年始だけは自宅で過ごさせてあげよう、と
病院から介護タクシーで家に連れて帰りました
移動中、付き添いの私に
「もう病院に帰りたくねーな・・・」
と力なく言った父の言葉は、結局現実のものとなりました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

年越しの夜

酒を抜いた日が無い、って言うくらい酒好きだった父でしたが
病気が見つかってから約3ヶ月、全く酒を口にしていません
それでも縁起物だからと、お神酒を少しだけ口に含ませたら
「カライな~」
という、今まで聞いたことも想像したことも無い一言
陽気に楽しく酒を飲む父の姿は、もう2度と見られないんだな・・・
って、このとき感じました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

年明け

すっかり食欲を失った父のために
柔らかくて食べやすい食べ物を、とレトルトの幼児食を買ってみました
ところが、試食してみると、ものすご~い薄味
何にでも醤油をかけるくらいしょっぱい物好きな父でしたから
これはさすがに美味しくないだろうなと、少しだけ塩を足して食べさせてあげたら
「しょっぱい!!塩食ってるみたいだ・・・」
と、それ以上口にしません

病気のせいで、味覚もすっかり変わったんだな・・・・
と気落ちしながら、もったいないので食べたら

・・・・・・・しょっぱ・・・・

病人にこんなもの食べさせて、すみません

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして別れの日、1月4日

この日は翌日から仕事始めの姉夫婦が帰る日です
それもあって、朝から身体を拭いてあげることにしました
いくら病気で痩せたとは言え、
力の抜けた大人の身体を寝かせたまま拭くのは結構な重労働ですから
母と姉夫婦、弟とその彼女、そして我々夫婦の7人がかりで
たっぷり時間を掛けて、しっかり拭いてあげました

何度も寝返りを打たされて、いつもより随分辛そうでしたが
日がすっかり沈む前にと、姉夫婦は帰省
弟はお店の準備があるから、と彼女と一緒に家を出ました
そして
母と私と妻と3人になって間もなく

・・・・・・・・・・父の様子が変わりました

相変わらず苦しそうな荒い呼吸を続けながら
一生懸命口を動かして、私に何かを求めているのです
喉が渇いているのかな、と思って
「水かい?」
と尋ねても、「違う」っていう顔をします
「お腹空いた?」とか「苦しいの?」とか
あれこれ尋ねても
どれも「違う」っていう顔をします
とにかくなんだか様子がおかしいのです

困り果てていると
母がハッと顔色を変えて台所に向かい
水を含ませた脱脂綿で父の唇を拭いだしました
そして、
「さとしもやってあげなさい」
と言うのです
しかし、私は何のことだかさっぱりわかりません
「いいよ。俺にしてもらったって気持悪いって」
としきりに拒否しましたが
あまりにしつこく言うし、
父も相変わらず何かを私に訴えかけていたので
なんのこっちゃと思いながらも
仕方なく拭ってあげました

その途端に
何ともいえない、満足した顔をしたかと思いきや、
父の全身から、力がすーっと抜けたような気がしました
そして、さっきまであんなに荒かった呼吸が
次第に弱くなりだして・・・・

それから間もなく
父は息をしなくなりました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

死に水だったんです
自分で死期を悟ったんでしょうか
それに気付いた母も偉かったと思います

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

泣きながら
死なないでと言ったのか、ありがとうと言ったのか、
とにかく泣きながら父の枕元で
最期の別れを受け入れられずにいたような気がします

ふと我に返り、姉夫婦や弟、そして救急車に電話
救急車が来るまで心臓マッサージをして下さい、と言われ
電話越しからの指示通りに心臓マッサージをしましたが
押すたびに、アバラが”ボキッ、ボキッ”と鳴る
それでもとにかく続けて、と言われるので
「ごめんね・・・ごめんね・・・」
と泣きじゃくりながら、救急車が到着するまでマッサージを続けました

救急車到着後、病院へ搬送
正月にもかかわらず、幸い出勤していた担当医の計らいで
家族全員の到着を待ったのち
看護士に引き継いだ心臓マッサージの手が止まり
そして、1月4日午後4時4分
ご臨終の宣告を受けた

しかし、この時私はすでに悲しみよりも
長男として、しっかり葬儀を執り行なわなければならないという責任感に燃えていた
死に水で拭った瞬間に、きっと
「後は任せたぞ」
と託してくれた父が
安心してあの世に行ってくれるように・・・・



そんな思い出を胸に
今日は実家で、父の分まで飲んであげることにします
安心してください
父よ・・・

年末の過ごし方

あっとゆー間に2008年も2日目
ダラダラとテレビ三昧の生活を送っています


年末慌てました
29日の晩に鮭とばを肴に晩酌しておりましたら
ちょっと固めのトバと格闘中に
パキッ
と前歯の刺し歯が折れちゃいました

20071230093008_2.jpg


あ~~~~~~~~
年末年始にかけて美味しいものたくさん食べなきゃいけないのに
こんな歯じゃ
思う存分食べられな~~~~~~~~~~~~~い!!

しかも明日は暮れも押し迫った12月30日日曜日
歯医者も開いてない
そういや、先日の忘年会で
「休日当番医の診療は50%増し」
だって、友達の歯科医が言っていた

・・・・・・・・・・・・・・・

そうだ
友達に聞いてみよう

「前の刺し歯取れちゃった・・・」
ってお困りメール送ったら
「今から来る?」
という有難~いメール
さすがに飲んじゃったので、次の日直してもらいました

20071230095832_2.jpg


これで思う存分食べれます



そして大晦日
実家で母と姉夫婦と弟と弟の彼女と年越し
去年は仏間に親父が寝ていたね・・・・・・
なんて話しながら食べ飲みしていましたら
なぜか突然弟が髪を切ると言い出した
電気バリカンを買ったそうで
このクソ寒いのに
彼女に刈ってくれと頼んで外に出た

20071231225951_2.jpg

10分後、寒さに震えながら戻ってきた写真

バリカンって難しいんですかね?
いくらなんでも下手すぎるよね

そして再び二人で、寒風吹きすさぶ屋外で数十分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20080101000208_2.jpg

無事キレイな坊主になりました
それにしても変な弟



実家でご馳走になるだけでは申し訳ないので差し入れをと考えましたが
少々軍資金不足の年末なので、何か作って持っていくことにしました

年末といえば
ピザ????

20080101192911.jpg


もちろん生地もトマトソースも自家製です
仕込んで実家まで持っていって
実家でトッピング後オーブンで焼きました

ピザってよほどヘマしない限りそれなりにできるので
皆さんに喜んでもらいました
その代わりに寿司やら酒やらご馳走になりました

海老で鯛

フッフッフッ
プロフィール

ちばさん

ちばさん
北海道砂川市在住
48歳
妻と二人暮し
FRPの製造会社経営
自社オリジナル商品で
生業を立てるのが夢

カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
ようこそ!
我が社の製品です

DSCN4324.jpg

完全オーダーメードだから
好きなサイズでお作りします
「切り株露天風呂」

20070314192532.jpg

普通のゴミステーションじゃ嫌な方
「ログちっくハウス」

sgomibako.jpg

ペンションや観光地の
ゴミステーションに
「白樺ゴミボックス」

20070314194140.jpg

インパクトで集客アップ!
「ベジ看板」

DSCN4184.jpg

お庭に違和感の無い存在感
「白樺コンボックス」

Amazon
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。