スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お休み

久々に朝から太陽が顔を出しているさわやかな土曜

DSCN5929.jpg

来週納品の製品も無事完成し、今日は職人さんはお休み
ホントは休んでいる場合じゃないくらい忙しいんだけどね
メリハリ無いと疲れちゃうから

誰もいない会社って結構スキです
工場の進捗を気にする必要も無いし
土日は電話や来客も少ないし
時間が無限にあるようなゆったりとした気持で仕事に向かえます
調子に乗ってると
「今日一日何してたんだ
ってことになっちゃうけど
今日は絶対にやることを幾つか決めて、あとはマイペースで仕事します



今年1月に「中小企業同友会」なるものに所属しました
 良い会社、良い経営者、良い経営環境作り
が同会の目指すところだそうです
今年末で青年会議所も卒業となり、もう暫くはそういう類の組織はゴメンだ、と思っていたのですが、「もっと外の人と会って勉強しろ」と言っていた父が死んで間もなくの勧誘だったこともあって、何かのご縁と思い入会しました

そして昨夜、砂川・滝川・赤平・芦別の同友会メンバーが「空知中央地区」なる分会を復活させよう、と集まりました
正直私の腰は重たかったのですが、旭川や富良野の幹部メンバーも集まってくれて、色々な経験談を話してくれているのを聞いているうちに、
「ボクはJC卒業を機に、また『人付き合い』から逃げようとしているんだな」
って気付きまして、反省しました
せっかく向上心だけは持っているのだから、もっと色々な人に会って話をして、魅力ある大人になりたいな~ってね

本会の中心人物の一人が、北海道ではかなり有名人である植松電気の植松専務
ほんの数年前までただの田舎の町工場だったのが、今や世界を相手にロケットの開発をしているという、実に夢のある会社だ
この専務の座右の銘(?)が
「想い描くことができれば、それは実現できる」
それを口だけではなく実践しているのがすごい
このような人と身近に接触し学べる機会も増えるであろう「空知中央地区会」は、時間を割くに値する会となるであろう

その植松専務が自らに言い聞かせている話の中で
「今日は昨日の1.01でもいいから成長しよう」
1.01を100日続けるとになるんだよな
3年続けると10になるんだな
1.011.0011.1かは判らないけど
そういった形で自分の成長を楽しみながら、新たな出会いや発見の機会を求めていけば、苦手な『人付き合い』も苦にならないかもね
スポンサーサイト

嵐の後

昨日の納期を来週月曜に延ばしてもらうことができて、どうにか納品の目処が立ちそうで、ようやく次の仕事などに目を向ける余裕ができた
一物件終わると、日報を元に掛かった工数を拾っていく作業をするわけだが、まとめるのが怖い
私の見積の経験不足が主な原因なんだけど、予想より信じられないくらい手間が掛かった
どのくらい赤字だろう・・・
職人さん、皆んな文句も言わず(私に聞こえないだけ?)遅くまで残業も休日出勤もしてくれて、今持っている技術力でやれることを一生懸命頑張ってくれたわけで、感謝こそしろ文句を言う筋ではないが、このやるせなさをどこに持っていけばいいのか、つい朝礼でグチが出てしまった

しかしもう次の物件が待っている
今すぐにでも取り掛からなければ間に合わない
私こそ、今やれることを精一杯やるしかないんだよね



DSCN5927.jpg

先日熊本で紙漉き体験をした時の紙が送られてきた
昔よく使った、わら半紙のような色
素人作りらしく、厚みムラが笑えるくらいある
表面のざらつき感が、いい雰囲気で手作りの良さを醸し出している

DSCN5924.jpg


さて送ってもらったのはいいけれど、飾るほどの物でもないし、何かに使うには実に中途半端な大きさ
私同様受け取った子供たちも、微妙なんだろうな~

楽しい日曜出勤

予定通り(?)本日全員休日出勤です
ようやく納期の目処は立ってきたものの、仕上げは案外時間のかかる仕事、150個も作れば「あれっ!」て言うものも出てきますから油断はできません
そういえば明日も休日なんですね・・・そんなの関係ねぇ



お昼に会社を抜け出して、3ヶ月ぶりに散髪してきました
s-DSCN5888.jpg

雑誌に載っていたベリーショートのモデルさんをみて、「こうして!」と言ったら、「前髪の生え際が違うんですけど・・・」と言われてしまいました
ごもっとも・・・・

40の晩餐

s-DSCN5849.jpg


妻が作ってくれた、ささやかながら心のこもった誕生日の夕食
昨夜は22時まで仕事がかかったので、23時近い夕食となりましたが、メタボリックも恐れることなく美味しく頂きました
ハンバーグは豆腐が混ざっているそうで、やわらかい歯ごたえが、高級なハンバーグを演出していました
写真を撮る、と言ったら、食器が急きょちょっと良いものに変わりました
この頃控え気味のお酒も少し多めに飲んで、良い誕生日祝いとなりました



安倍首相辞任の衝撃も覚めやらぬ中、次の総裁のことで話しが持ちきりです
安倍さんは、人柄が良いともっぱらの評判ですが、一国の首相は人柄が良ければ良いほど務まらないんじゃないでしょうかね?

 人に愛されるけど責任ある立場で大成しない人
 人に煙たがられるけど大事を成し遂げられる人

社長だったら後者を取るべきだろうけど、やはり私は愛されたいわ~

次期総裁のことで話が持ちきりだけど、特に麻生さんは、自分が総理職を務めているイメージができているから総理になりたいんだろうな
そんなこと、私にはとても真似できないこと・・・それだけで立派なお方だと思いますが、なぜあんなに嫌われるんでしょうね・・・・いつも口が曲がっているからですかね???

祝40歳

ついに本日40歳となった
誰が何と言おうと、もう中年だ
40代だから何かが変わるわけも無く、ただの通過点
孔子曰く「四十にして惑わず」・・・・・・・・・惑いまくり
すでに「三十にして立つ(学問や道徳を確立させる)」を10年過ぎても、不道徳だし勉強嫌いだし、そんな男が40で惑わないわけがないっちゅうの
なんだか、いつまでも子供でイヤんなっちゃうな~

まず孔子と比べる自体が僭越でありました、ハイすみません

誕生日も残業です、納期間に合わないんです、日曜も出勤になりそうです
ブログ書いてるのも申し訳ないくらい忙しいので、今日はこんなところで

妻とゴルフ

心配していた台風も北海道にとっては大きな被害もなく、昨日は一転暖かな日曜でした
せっかくの晴天、インドアももったいないな、と思って、妻と二人でゴルフをすることにしました
実は私、球技と言う球技がことごとく苦手で、残念ながらゴルフも例外ではありません
しかし、お付き合いでどうしても断れないコンペがでてくる予兆があったので、ついに一昨年、重い腰を上げました
予想通り(?)、昨年やむを得ず5度ほどコンペに参加しましたが、いつもダントツでビリ
ある偉い方からは
「千葉君、普段ゴルフもやらないのに立場を考えて参加してエライ!」
と、お褒めとも同情とも取れない声を掛けられました
それほど下手なのです

しかし、今年も秋に2回、どうしても断れないコンペがあります
ビリでもいい、走り回ってもいい、とにかく一緒に周る人達に最低限の迷惑で済むように、練習することにしました

砂川オアシスゴルフ場という、河川敷の市民ゴルフ場
河川敷なので平坦で、上手な方には物足りないそうですが、薄暮なら一人2900円、二人乗用カート800円という、驚愕の安さ
嫁は学生割引で2300円ですから、二人合わせて6000円で18ホール!!
ホント、田舎っていいですね~

晩飯の当番を争っていざスタート
いつも最初の数ホールは調子の良い私、そして途中から調子を上げてくる嫁
今回もその通り、超低レベルの格闘3時間半・・・・・結果、3打差で私の勝ち・・・・しかし、決して公表できない悲惨なスコアに、どっちが勝とうが負けようが、クソも嬉しくないホールアウトとなりました
晩飯当番もナシ崩し的に共同作業となっていました・・・・



少し話は変わりますが、嫁にプロのキャディーをやっている同級生がいます
契約制だそうで、今は倉本プロに帯同してアメリカを転々としています
私たちにとっては非日常的な経験をブログで公開していますので、ゴルフプロの日常に興味のある方はどうぞ
  『「迷」キャディたわしがする移動話』

ちなみに一昨年に一度だけ一緒に周ってもらいましたが、キャディーとは言えめちゃくちゃ上手でした

マーフィー岡田じゃないよ

今回の台風は大きいぞ~、としきりに報道されていたのでかなりびびっていたが、ただの雨降りで終わった
収穫の時期、農家が被害をこうむると、北海道の景気もますます悪化しかねないので、良かった良かった



いまさらと思われるかもしれないが、ただ今「マーフィーの法則」にはまっている
想いっきり要約すれば「強く念ずれば願いが叶う」という何とも怪しさ満点の法則だが、まだ解明し尽くされていない人間の潜在意識のパワーを自己暗示によって利用する手法で、理解すればそれほど眉唾ものでもない
一時期流行った催眠術では、生の野菜を甘いフルーツだと思い込ませることによって美味しそうに食べさせたり、自分が動物だと思い込んでそのような仕草を芸能人にさせる番組があった
催眠術という響きもダークだが、「マーフィーの法則」は自分自信で都合の良い暗示をかけて、心の壁を取り払うために活用できると思う
若輩者の私は、会社のこと・人間関係のこと・その他もろもろのストレスで、たびたび心が折れてモチベーションがガクーンと下がることがある
「マーフィー」の本に出会ったのも、そんな心持ちで、本屋に立ち寄ったときだった

51WMWE8JVKL._AA240_.jpg

購入した何冊かの本の中にCD付きの本もあった
毎夜このCDを流しながら眠りにつく
非常に前向きなことばかりを語っているCDで、へそ曲がりの私がそれを信じ込んで暗示にかかるか甚だ疑問だが、むしろ毎夜CDを流しているという行動に対して、自己満足転じて自身につながっているような・・・そんな気がしているから、今夜もまた続ける

来客のジンクス

思い込みかもしれませんが、お客が立て続けに2人来ると、3人目が必ず来る、という経験則を持っています
そして、3人目が来ると大体その日は仕事にならないことが多いです
今日もそういう日でした
午後から一人、そして帰られてから間もなく二人目が来たときには、覚悟しました
案の定、しばらくして3人目来社
話が尽きることなく、気付けば「工場閉めます」という従業員さんの報告・・・・・・・

人が出入りしなくなったら会社も終わりだと思っているので、来客大歓迎
居心地がいいから長居もしてくれるわけで、それもありがたい
だから、決して不満ではないのだけど・・・・あぁ、目標の仕事こなせなかった・・・・と

健康に感謝

今日、月曜日に受けたCTの診断結果を聞きに行った
実は健康診断で「腎臓に腫瘍の疑いあり」と書かれていた
父の件もあったし、内心ビクビクドキドキの1週間だった

11時の予約だったが、5分ばかし遅れて到着して、予約表を提出した
それから・・・・・・・・・約2時間・・・・・・・なんと13時まで待たされた
何のための予約???
そして運命の診断
「健診の腫瘍って、何を見てそう思ったんだろうね?全く見当たらないわ」
まずはホッとひと安心したところで、脂肪肝の診断も受けたんだけど、と問うたところ
「脂肪肝って言えば脂肪肝に入るのかもしれないけど・・・私のほうがもっと脂肪肝だよ、心配ないよ」
結局健康診断の結果は何だったのか?

それもさることながら、待ち時間2時間、診断2分、お代は210円
お粗末・・・


モノの値段

個人の方から、とある試作品の相談が舞い込んだ
アイディアがあるので、実験のためのFRPの箱を作って欲しいとのこと
死んだ父の知り合いとのこと、しかも60歳も後半だというのに新たなことに挑戦する意欲に敬意を表し、精一杯のアイディアと価格を提示したつもりだった
あまりお金を掛けられないそうだし、どうせ切った貼ったでコタコタになるのだから、試作機は形を単純にして安価に抑え、実験が上手くいったら少しお金を掛けて格好いいものを作ればいかがでしょうか?と
もちろんお値段も、他のお客さんに聞かれたら「それをそんな安く作れるならうちの製品ももっと安くできるんじゃない?」って言われちゃうような原価割れギリギリの特別価格

ところが・・・次の日、そしてまた次の日
「やっぱりあの形じゃ格好悪い。こんな形にしてくれ」
と新たな要請が・・・
もちろんどんな形でも作れるけれど、曲線が欲しいとかもっと長くしたいとか言われれば、あの値段じゃできませんよ、と言うしかない
しかし、先方は予算が無いの一点張りで
「形を変えると何故高くなるんだ」
「こうやって作れば木型も簡単に作れる」
とか、FRPのことも知らないのに、まるでこちらが価格を吊り上げているかのような物言いに変わってきた

それでも我慢して
「それではその方法でそちらが木型を作ってきてくれれば、こちらはFRPを巻くだけなので安く作れますよ」
なんて提案を続け理解を求めました
しかしついには
「父さんが生きていたら(その価格で)作ってくれた」
とまで言う始末

死人にくちなしとはよく言ったもので、死んだ父を引き合いに出すその姿勢にはさすがに堪忍袋の緒が切れた

「もういくらお金を積まれようが作りません!」

小さい会社だ若い社長だと思ってナメられたのか、それとも物に対して対価を払うということを理解していない人なのか定かではないが、せっかくの誠意を踏みにじられた思いでした

ただ、スイッチが入るとつい冷静さを失ってしまう私もまだまだ青いな、と反省しなければ社長としては失格でしょうね

命の有難さ

大阪国際陸上が昨日終了した
私の好きな競技は女子マラソン
好きな選手は最近成績が振るわないが高橋尚子
北京オリンピック出場なんかしちゃった日にゃ、北京に応援行っちゃうかも・・・ってくらい
そんな中、土佐礼子が3位入賞でオリンピック出場を決めた
確かに最後の粘りは素晴らしかったが、3位だしタイムも2時間30分代だし、これで高橋尚子の残り枠が減っちゃうのは、どうなんだろうね
銀の中国選手は「しゅうしゅんしゅう」
骨粗しょう症並みの耳障りさ



今日初めてCT検査をした
先日の検査で念のため、という検査だが、何事も経験、正直チョット楽しみだった
造影剤を注射するそうで、何度も「アレルギーはないですか」「造影剤で体調を崩したことはありますか」「具合が悪くなったら無理しないで言ってください」と念を押されたが、こういうのは身体の弱い人のための確認だと気にしていなかった
ところが、いざ注射されてびっくり
まず喉が熱くなり、肛門が熱くなり、全身が熱くなってきた
やや胸が苦しい
「息を吸って・・・・・・・・止めてください」
おおぉっ、息が思うように吸えない・・・・そして、止めると息苦しい

無理するなって言ってたけど、これって一般的に無理なのかな、結構辛いぞ・・・
ううぅっ、死ぬ・・・・

「戻してください」
ふーっ・・・九死に一生を得た
大げさじゃないよ、ホント、毒盛られたらこんな感じなんだろうな、って・・・命なんて儚いわね



今日はドラえもんの誕生日だそうだ
おめでとう・・・

今月ついに40歳

我が社の休日は年間カレンダーで決めていて、生意気にも(?)週40時間に適応している
8月はお盆連休の代わりに土曜は3日間出勤の日だったが、暇だったので全部休みにしました
今日は約1ヶ月ぶりの土曜出勤です
土曜は電話も来客も少なくて、とても仕事がはかどります

s-DSCN5824.jpg

少しだけ忙しいのが、脱臭装置に使うカートリッジの製作
1辺約30cmの小さな箱
工場などで使う装置なので一般の人には馴染みが無いが、活性炭を詰めたこのカートリッジを、汚れた空気の通路に敷き詰めて、きれいにする環境装置の部品だ
煙突の中に「キムコ」をびっしり詰めたら、きれいな煙が出てくる、と説明したらわかりやすい?

「ただの箱、簡単じゃん~」と思われるかもしれないが、こんな物でもあちこちに、作り手にしか判らない”トラップ”がある
舐めてかかると、とんでもないものができあがる(伝わらないと思うけど・・・)

これが150個
150個も手作りで作ると、正直飽きる
飽きるとどうなるか・・・雑になる・・・
ここに目を光らせ管理するのが、この類の製品を作るコツとなる
せっかく頂いた注文、大切に作らなきゃね



今日から9月
今月13日、ついに40代の仲間入りとなる
まだまだ働き盛り、男はこれから・・・・・・・・・・・・・
プロフィール

ちばさん

ちばさん
北海道砂川市在住
48歳
妻と二人暮し
FRPの製造会社経営
自社オリジナル商品で
生業を立てるのが夢

カレンダー
08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
ようこそ!
我が社の製品です

DSCN4324.jpg

完全オーダーメードだから
好きなサイズでお作りします
「切り株露天風呂」

20070314192532.jpg

普通のゴミステーションじゃ嫌な方
「ログちっくハウス」

sgomibako.jpg

ペンションや観光地の
ゴミステーションに
「白樺ゴミボックス」

20070314194140.jpg

インパクトで集客アップ!
「ベジ看板」

DSCN4184.jpg

お庭に違和感の無い存在感
「白樺コンボックス」

Amazon
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。