スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FRPの特注品

身内が亡くなると久しぶりの親族に会えるのが密かな楽しみだ
故人が最後に施す一族への恩返し、と言ったら大げさか?
酒を飲みつつ、ある意味故人そっちのけで話が盛り上がり、そしてさらに酒を飲む
だから翌日の告別式では決まって二日酔いだ
もちろん昨日の叔父さんの告別式も、酒気帯び
ただ、一点違ったことは、殆ど知らない顔だったということ
ことさら世話になった叔父さんだったので参列したが、ちょっと遠めの親族なので、見渡しても知らない人や、見たことあるけど誰だっけ
それでも数少ない知人を相手に、酒を飲みつつ馬鹿話
それが故人の弔いになる、と死んだ父がよく言っていたので、都合の良い言いつけだけは守っている



今、ある動物の首飾りを作っている
詳しいことは言わない方がいいのかな?
精密機械を首飾りにしのばせて何やら我々凡人にはわからない用途で使うそうだが、その機械にあったケースをFRPで作っている
できたケースに機械を挿入して蓋をつければ完全防水になる
決して一般的ではない用途、そして少量
オーダーメードの得意分野だ
作業自体は単純で、特にどうってことないのだが、お客さんはおそらく
「この機械どうやって防水しよう?」
って悩んでいたことだろう
だからきっとこの手法を提案されたとき、喜んでくれたと思う
ニーズとシーズのマッチング
商売はこれが一番面白い
職人としても冥利に尽きる

儲かっていない会社の負け惜しみに聞こえるかもしれないが、私は接待だ談合だで、仕事をむしり取るようなことはしたくない
どうだ、仕事させてやってるぞ!なんて少しでも客の態度に出ようもんなら、その仕事はたたき返す
「助かりました、ありがとう」
「こちらこそ、お声掛け頂きありがとう」
これが商売の原点
たくさんのありがとうが聞けるように、精進精進

スポンサーサイト

擬木を用いるこだわり-その2

隣町の滝川市に丸加高原という大変居心地の良い所がある
宿泊施設やオートキャンプ場も完備しており、眺望も良好で、夏は羊も放牧している
当然ここは擬木満載
ここに通じる道路は、ずーっとコンクリート擬木のフェンスが続いている
これが、非常にお上手だ

20070327122350.jpg
節や樹皮が剥けた雰囲気が良く表れている
正直に言うと、私はこの辺りの擬木をお手本にして擬木製作の練習をした
ただし、これくらいこだわって作るとなると、それなりの手間がかかる
特に塗装が大変
一度塗りではこの深みは出ない
何色も使い、ある時は乾いてから、またある時はわざと乾く前に重ね塗りをする
スプレーではなくハケ塗りだ
したがって当然高くなる

しかし私は公共事業だけでなく、一般の人にも本物に近い擬木の製品を使って欲しい
できるだけリーズナブルな価格で
だから、コストダウンが課題となっている


20070327121817.jpg

擬木を使ったコンポストを作ってみた
北海道だけかもしれないが、ホームセンターで売っているコンポストといえば、緑色のプラスチックでできている円筒状のものを思い浮かべる
うちの実家の畑にも置いてあるが、はっきり言って興ざめする
あのコンポストは少し不細工なくせして自己主張しすぎ!
その点擬木なら畑のアクセントになる
庭に置いたっていい
少しくらい高くたって、こちらを選んでくれるはず!!

ただ、少しくらいならともかく、結構高い
どうしても塗装に半日以上の時間がかかる
こんなとき人件費の安い国が羨ましくなる・・・

コンクリート擬木・擬石を専門に製作している友人の会社のHP
    ↓
http://homepage3.nifty.com/DS-tamura_k/index.htm
親父の代からこの道数十年のベテラン会社
FRPとコンクリートの擬木で、用途を分けてコラボレーションできないものか、模索しています

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

悲しいお別れ

昨夜とてもお世話になった叔父さんが亡くなった
叔父さんといっても父方ばあさんの弟で90歳近い
若い頃は気性が荒く、喧嘩っ早くておっかなかった
反面甘いものが大好きだったのも忘れられない
おっかないけど優しい、という昔の頑固親父そのものだった

なぜかはわからないが、うちの父のことをとても好いていた
年を重ねてもやんちゃ癖の直らない父が可愛かったのかもしれない
何かあるたびに、茂生(父の名前)は元気か、茂生の会社はうまくいってるか、と気に掛けてくれていた
12年前に会社が火災を起こした時には、ポンッと大金を差し出してくれた
貸してやる、ではなく、好きに使え、と
当時私はまだ会社にいなかったが、大きな精神的ダメージを負った父にとって、どれだけあり難く、また嬉しい心遣いだったことか
困ったとき一番支えになるのは、人の優しい心に触れることだと思う
そういった意味では、亡くなった叔父さんが父や会社のピンチを救ってくれたと言える
感謝してもしきれない

10年くらい前からアルツハイマーを患っていた
薬が合ったのか、一時は随分回復したのだが、ここのところ再び床に臥していたそうだ
うちの父が死んだときもあまり良い状態ではなかったので、精神的な落ち込みを考慮して、父の死は知らせなかった
だから、病床で誰に会いたいか尋ねるたびに「茂生に会いたい」と言っていたそうだ
もちろんそれは叶うはずも無く、父を連れて来られない理由を話せない母は、見舞いにすら行くことができなかった

あっちの世界では父の方が少しだけ先輩だから、どうか世話になった叔父さんにしきたりやら道案内やら色々教えてあげて下さい
あれだけ顔見たがっていた叔父さんに、イヤっちゅうほど顔見せてやって下さい


信頼や友情は、相手が困っているときにどれだけ親身になって考えてあげられるかというところで真価が問われることを、父の経験を通してたくさん教えてもらった
こんな貴重な財産を無駄にしないようにしたい

切り株露天風呂はいかが?

当社の得意分野の一つにオーダーメードの特注浴槽がある
この道数十年の浴槽設計屋さんと、大型5軸制御のNCを持つ木型屋さんと3社で組んで、様々な注文を頂いている
今作っているのは、あまり広くない浴室に脚を伸ばして入浴できる浴槽が欲しいというニーズ
お客さんが自ら図面を引いて提案してきたそうだ
四角い浴室に、試行錯誤で三角(正確には台形)の浴槽をはめ込み、洗い場の面積もある程度確保している
考えたものだ
と同時に、世の中には色々なことを考える人もいるもんだな~、と感心する
お風呂が一番の癒しの場所だという人は世の中に多い
ちょっと値は張るが、こだわってみる値はあると思う



昨日擬木の話をしたが、最新作の白樺パネルの前に紹介しておきたいものがある
偶然の擬木つながりだが、昨日、前記設計屋さんのブログでこの浴槽を紹介してくれた
「お風呂屋作業日誌 再び~楽しい苦しいものづくりの日々を~」http://blogs.dion.ne.jp/bathroom/

DSCN4322.jpg
切り株露天風呂、と呼んでいる
昔バスクリンか何かのテレビコマーシャルで小錦関が入浴しているのを見て、いつかあの浴槽を作ってみたい、とずーっと思っていた
FRPの面白いところは、現実にはありえない物を作れること
多分これだけ大きな切り株を浴槽にするのは不可能だろう
だから面白い!
これといった営業活動もしていないのでまだ売れていないが、露天風呂の設置を考えているペンションや旅館に置いてもらえないものかと考えている
オーダーメードなので大きさも自由
底も含めた全周を発泡スチロールで包んであるので、お湯も冷めにくい

ちなみに下の写真は、家庭用にと思って作ってみた

20070323183352.jpg

少し小さめ
遊び心と少し広めの庭のある方、どなたか検討してみませんか?

お問い合わせはこちら!http://www.chiba-kakou.com/

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

擬木を用いるこだわり-その1

今月は月末まで忙しい
猫の手ならぬ社長の手も朝から晩まで貸している
来月の仕事あまり無いから、工場に入り浸っている場合でもないんだけど、お客に迷惑掛けるわけにもいかないし
工場に入ってしまうと、嫌いじゃないから工場ばっかりになってしまう
工場の合間合間に事務所で別のこと、とかができない
もう年度末じゃん、末締めの作業相変わらず溜まってるし・・・
今週中リニューアル完成目標の会社のHP、ちっとも進んでないし・・・
ブログもグチっぽくなるし・・・



公園の池の外周や散策路の道沿いにある木の柵、あれは殆どが擬木
コンクリートやプラスチックを木に似せて作ったもので、よく出来たものは本物と見分けの付きにくいものもある
最近は量産品の擬木が出回っていて、遠目には木に見えるが、ちょっと近づくと量産品ならではのチープなオーラを醸し出している
いくら予算が無いとは言え、あれを用いる人のセンスを疑う
当然安いらしいが、多分メイドイン中国・東南アジアだろう
前にも書いたが、日本の製造業存続を危惧する!
外人さんがいないと何も作れない日本になっちゃうぞ!

それはともかく、擬木は景観を豊かにする
北海道なら断然白樺

20070322065212.jpg

これは砂川のオアシスパークという、実に景観のいい公園のある建物に付いていた擬木
避雷針だろうか?
鳥小屋に見えるのはスピーカーボックスのようだ
なんとも洒落ていて、この公園を設計した人のこだわりを感じる
この他にも随所に擬木を配している

20070322065744.jpg

節のアップ
見慣れていない人であれば本物だと思うだろう
擬木屋さんそれぞれに色々なノウハウがあるので、仕上がりが違う
どうやってこの雰囲気を出しているんだろう、と考え込む作品もある
もちろん中には下手くそな擬木もある

当社も試作で擬木パネルを作ったが、初作は悲惨だった

P100002.jpg

全く話にならないわけじゃないが、全体的に嘘っぽい
塗れば塗るほど安っぽくなっていく、おばさんの化粧みたいだ
それじゃ、と全部白に塗り潰して、あらためてあっさりめに装飾すると物足りない
擬木の難しさを痛感した

今?もちろん腕をあげましたよ
それはまた明日・・・

新聞広告もチェックしよう!

私の朝の仕事は、迷惑メールの削除から始まる
多い日で100件以上、そのままゴミ箱の中へ
100件以上と聞くと大変だ、と思われるかもしれないが、9割が英語のメールなので、案外識別が早い
ダーーーッと選択してポイッ、だ
どのようにして送られてくるシステムなのか知らないが、送る方も送られる方も空しいだけの何のメリットもない作業だと思う
ただ、日本語の迷惑メールは腹が立つ
"Re"だけの題や"Re:ご連絡の件"、なんて、一応チェックしないわけには行かない
誰がリンクサイト見てやるもんか!と思う



DSCN4857.jpg

朝から魅力的な新聞広告に出会った
この広告を見て、瞬時にダイエットマシーンを宣伝しているとわかる人が何人いるだろう?
萩原流行(?)のあまりにアブノーマルな衣装に、確かに目は留まる
しかし、商品名が「俺の暴れ馬 MAX TURBO」・・・どうやら計算し尽くされた衣装のようだ
これだけ奇異な衣装あるいは宣伝文句だ、万人に認められようとは思っていまい
ならば一体どんな人をターゲットにしているのだろう?
広告を見るや「こ、これは!」と釘付けになるお方は、普段どんな服を着ているのだろう?
しかも、先着20名様に当たるブレスレットも気になる
20名か、少ないな~・・・まだ間に合うかな~?

ちなみに、これと似た製品を先輩が数ヶ月試したそうだが、脂肪が硬くなったらしい・・・MAX TURBOがそうだとは言わないが

華麗なる一族のことが書きたくて・・・

今日は久々にほぼ一日工場仕事
そんなに忙しい!という程の仕事を抱えているわけではないのだが、私のヘルプがないと納期に間に合わないようだ
私は、客が来たり急用が出来たりすると中抜けしてしまうので、工場の皆さんと一緒に仕事をすると嫌がられる
だから、主に一人仕事
今日はオーダーメード浴槽の型整備
FRPは型が命、特に浴槽は型の仕上がりが品質を左右する
だから根気良くペーパー掛けを繰り返す
短気な私には非常に不向きな作業なのだが、どんどん仕上がってきて、表面が滑らかになってくるのは結構快感
今日は一通りペーパーを掛け終わって、窪みにパテを埋めたところで作業終了
腹減った



昨夜の「華麗なる一族」は視聴率30%を超えたそうだ
つくづく北大路欣也はいいね~
キムタクが実の息子だと知って泣く・・・息子の死と同時に親父の亡霊から解き放たれた安堵とも後悔とも言えぬあの心理を、欣也は見事に演じていた
そして最後に、中村トオルの冷たい態度に思いを巡らす表情たるや、欣也以外あり得ない!
反面、別にキムタク嫌いなわけじゃないけど、彼が主役顔でちょろちょろしていたのはちょっと目障りだった
キムタクの役はどちらかと言うと欣也の脇役として存在していて欲しかった、と思っているのは多分私だけではないと思う

夜中にわざわざドラマの話で更新しなくても・・・って感じだけどね

日曜の仕事は実が入らない!part2

今日は日曜
のんびりお休みしたい気分だけれど、そうも言ってられない
やりたいことがた~くさんあるのに、何一つ出来ていない
焦る・・・
なのにブログ・・・そういう性格・・・

きょうは彼岸の入りだ、あとで実家の仏壇に挨拶に行くか
今年1月に死んだ父、初めての里帰りだから帰り道迷っているかもしれないな
あちらの方では新参者だから肩身も狭いだろう
こっちで少しでかい顔させてあげるから、数日間家でのんびり過ごして下さい

今晩キムタク主演の「華麗なる一族」が最終話だ
全部見ていたわけではないが、結構気になる
「万俵 大介」役の北大路 欣也がさすがいいね~

repo21_9p.jpg

北大路欣也の顔のアップはしびれる
あんな怖い顔で長ーくにらまれた後、ニコッと笑われたら、安堵感で泣いちゃうだろうな
しかも役どころが複雑でいい
彼の冷酷な判断は、反面これまでの日本経済を根底で支えてきたのではないか
彼のような判断と実行力がある人を政治力があると言うのだろう
ドラマとして見た時、道義的に決して許されない判断を数多くしていることはわかる
しかしあの境遇でしかもあれだけの策士たる才能があった時、それらを持ち合わせていない私の意見で恐縮だが、同様の判断を下すかもしれない
最終話予告では、キムタクが死ぬらしいが、この類のドラマ、どうか勧善懲悪で終わらせないで欲しい、と祈っている

それとともに、私はできるだけ多くの人と仲良く楽しく暮らせる一生がいいな~、とあらためて思うのであった

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

勝手にライバル

このブログはアクセス解析しています
さすがに誰が見に来たかまではわかりませんが、アクセスしてきた検索ワード等がわかります
身内以外の人がどうやってこのブログに到達しているか知ることは、とても興味深いし、楽しい

今のところ一番多い検索ワードは「キューティーマミー」
事務所で自動検索でもしているのだろうか、毎日一件以上このキーワードで見に来ている
しかし残念ながら骨折り損だ
キューティーマミーに興味はない・・・とまた新たにこの言葉を使うと検索されるんだろうな、ご苦労様です

二番目が「江差」
これも自動検索?
確かに江差を題材にしたブログってなかなかなさそうだから、このブログに到達するんだろう

そして、昨日面白い検索ワードで到達してきた人がいた
「cm 堀ちえみがいない」
!!!!!!!
かなり限定された検索ワード
こんな絞られた言葉で全くの偶然に見に来てくれた方には、とても深い縁を感じる
もしも、もう一度訪れることがあったら、どうかコメントなど入れて頂ければ嬉しく思います



私がしばらく気に掛けている会社がある
Dea’s Garden(ディーズ・ガーデン)
もともと鋳物屋さんで、今は工務店などをやりつつ、建築資材として可愛いポストや物置なんかを作っているらしい
私の目指しているものと方向性が一緒だから、ライバル会社になるのだろうが、ラインナップの面から見てもセンスの良さから見ても、ライバルなんて言うのはあまりにもおこがましい

DSCN2511.jpg


DSCN2517.jpg


初めて見たときは、ショックだった
ものすごーくジェラシーを感じた
しかも、メイドイン東南アジア
手が込んでいるわりには価格が安い!
どうせこの価格でもまだ利幅に余裕があるのだろう
とても同じ土俵で勝負できない

ただ、私が社にも日本の製造業としての意地がある
今の様にただ安いからって海外から輸入ばかりしていると、日本に職人はいなくなる
日本の製造業の危機だ!それでいいのか?
何でもかんでも外人さんにやってもらわないと何も出来ない日本になるぞ!

どうやら価格では太刀打ち出来なさそうだが、全く同じものを作るわけじゃない
血と汗と涙と、そしてちょっとだけある知恵で、どうやってセンスのいいものを作るかだ
チャンスは必ずやって来る
精進せねば!!!
とやる気にさせてくれる存在だ
http://www.deasgarden.jp/index.htm
どうだ、「ディーズ・ガーデン」のURLだ、敵に塩を送るこの懐の深さ、参ったか!

PS.
まだ、ゴミステーションは販売していないようだ
オーダーメイドのお風呂も作れないだろうな・・・


歴史ある街は魅力的

夜のお付き合いが多くなった頃から徐々にお腹が出てきて数年、最近無視できないくらいになってきた
もう決して若くはない、肥満は万病の元
そう真剣に思い出したある深夜のテレビショッピングで、気になるダイエットDVDに出会った

btc-top.jpg


アメリカ軍隊で身体を絞るために使われているプログラムを基にしているようなことを言っていた
DVDが4枚と「ビリーバンド」なる専用の道具が付いて14,700円
しかも7日間試してチェックシートを送れば5,000円キャッシュバック!
これで引き締まった身体になれば決して高くない・・・
心が揺れた・・・だがそこは天性の優柔不断、即決など決してしない!そして気付くと夢の中
・・・・・・・
しかしその翌々日、なんとある友達がこのDVDでダイエットを始めて2日目だ、と言うではないか!
ただ今筋肉痛、「効いてる~!」って感じだそうだ

興味津々で、詳しい話を聞くと、毎日1時間程度、DVDを見ながら激しく運動しなければいけないらしい
そういえば、テレビでも奇怪な体操を繰り広げていた
1時間?!そりゃ無理だ
仮に一日目やったとしても、二日目は絶対にやらないね!(キッパリ!)
体験者の声を読んで見ると
「ビリーの楽しいトークに後押しされてあっという間に終わった」
????????
嘘コケコッコーだぜ

こうして私の「ビリーズブートキャンプ」熱はあっけなく冷めた



また函館の話
歴史ある街は魅力的な造形物が実に多い
いちいち気になる物を撮影していたら、なかなか目的地に到達しないくらい

<P1000021.jpg


駅の近くを運転していたら視界に飛び込んできた
交通監視台?だとしたらあんな高い所で監視して、何をどうしようというんだ?
慌てて降りたって、間に合わないじゃん

まあ、この際用途はどうでもよくて、この存在感はただ者じゃないね

解体寸前のアパートの様なくすんだアイボリー
中途半端な高さ
頭でっかちのバランスの悪さ
そして、使途不明
・・・・・・・・・・・
その全てが歴史を背負ってるよね
撤去するにも撤去できないよ、彼あってのこの道だから
きっと新しく建つ新参者を、今も監視・統制してるんだ

ホント、こういう建物が口を利けたらさぞ面白いだろうな
毎日通うね、毎日違う話をしても尽きないだろうな

「さ~て、今日はどの話から始めるとするか・・・」


江差の続き

今日も随分雪積もりました
天気予報ではまだ降るんだそうです

懸命に雪かきをする我が社の除雪隊員
DSCN4856.jpg

もうあまり余裕の発言したくなくなってきました
早く春になってくれ~




予告どおり江差ネタです
江差とは縁もゆかりもありませんが・・・

すごく余談ですが、江差町にも義経伝説があります
波打ち際に、白馬が首を上げていなないているように見える岩があるそうで、義経が残していった愛馬が、ずーっと義経を待ちわびて、やがて化石になった、という逸話です
なんてイジラシイお馬さん、涙涙・・・・・・って、おいおい!
1000年足らずで馬が化石になるか?
いくらなんでも、この伝説はやりすぎでしょ

DSCN1191.jpg

またまたカーネルサンダースと土蔵風のお店です 立派ですよね(カーネルサンダースの体格じゃなくて建物の方)
こんな感じのお店がずらーっと並んでいるんです
大した用もないのに、ちょっと立ち寄りたくなりません?
我々も幾つかのお店に入ってみました
その中の一軒、喫茶店には見えない喫茶店でお茶をしたのですが、店主が気さくな人で、色々写真を見せながら熱く説明してくれました
随分熱く説明するな、と思ったら、どうやらその店主、幕末を再現した路上町民劇の仕掛け人の一人だったようです
地元の人と気軽に交流できるのも、町並みのお陰なのかもしれません

DSCN1187.jpg

これはちょっと失敗だと思います
銀行なんですけど、このデザインって、ちょっとトイレっぽくないですか?
私だけ?
カーネルサンダースもトイレと間違って中?


DSCN1188.jpg

おまけですが、この松は「土方歳三嘆きの松」と呼ばれています
昨日も触れましたが、開陽丸が沈んだ時に、土方が悔し紛れにこの松に拳を何度も叩きつけたんだそうで、その後この松にできた瘤を、「歳三のこぶし」と呼んでいるんだそうです
あんな強引な義経伝説を作る町ですから、こんな嘘、嘘の内に入らないでしょうね・・・

江差の町並みは、本当に羨ましいと思います
砂川も「お菓子で花咲くまち物語」を合言葉に「スイートロード」という事業をここ数年やっています 詳しくはこちら http://sunagawa-sweetroad.com/
雑誌・新聞・テレビ等マスコミに取り上げてもらったお陰で、市外の人にも随分認知されてきましたが、実際に来てみると「どこがスイートロード?」って町並みです
お菓子屋さんでお菓子は買ってくれても、せっかく来たからついでに他の店に寄ってみよう!とは、とてもならない
せっかく「スイートロード」なんていうイメージの良い事業名付けたんだから、もう少し名前負けしないインフラ整備できないかな?っていつも思います
市に予算がないのはよーくわかっていますが・・・
FRPもお役に立てると思います、まちのためですからお勉強しますよ

江差よいと~こ一度は~おいで~チョイナチョイナ

この期におよんで、予想以上に雪降りました
砂川はまだマシな方で、今日もまだ暴風雪が続いているところがあるようですね
今朝は久々の雪掻き、朝から嫁に何度もプレッシャー掛けられて、仕方なく家の前をはねました
私正直に言うと除雪好きじゃないです
あの非生産的な作業がどうも性に合わないんです
放っといたって春になると融ける雪を時間掛けてはねる、あの空しさ・・・
以前はアパートに住んでいたから、みっともないのでなんとか頑張ってやってたけど、それでも雪が降って数ヶ月すると隣の駐車場より50cmくらい高くなってやんの
除雪好きな人なんていないでしょう?って、積雪地帯じゃない人は思うでしょうが、どうみても好きでやってるな、っていう人、結構います
こてべらで仕上げたのか?左官屋か?っていうくらい、きちっときれいにやる人
ちら~っと降るやいなや除雪を始めるフットワークのいい人
主に年配の方が多いのですが、意外と多く存在しています
私は年とってもそういう老人にはならないと思いますが
そういえば死んだ父も、家の前の除雪は絶対やらない人だったな
血筋かな?




函館のほぼ真西の日本海に面する人口一万人足らずの江差町
江差追分発祥の地で有名・・・ですよね。北海道の人だけかな?
その他にも戊辰戦争の時に、この船が沈没しなければ北海道が独立国になっていたかもしれない?と言われる開陽丸も復元されて展示されています
独特な存在感を持つかもめ島、奥尻島への玄関口、など、北海道でも隠れた観光名所と言っていいと思います
ホームページも歴史の話盛りだくさんで面白いですよ http://www.hokkaido-esashi.jp/
方言たっぷりなとんち話の“江差の繁次郎”や開陽丸の歴史など、この類が好きな人には充実した内容です、是非ご覧あれ

前置きが長くなりましたが、この町、国道沿いの一本裏に町並みがあります
普通の観光客やドライブでは通ることのない立地だと思います
しかし、何の気まぐれか、妻と二人、ぶらりと寄り道したんです
すると

DSCN1190.jpg

歴史漂う町並み
飛騨高山の様な本当に昔からある町並みとは違うけれど、これはこれで整然として美しい

北海道では唯一函館地方が江戸の歴史を漂わせているところ

旅愁に浸りたくなってきた・・・そこで急遽駐車場に車を止めて町を散策することにしました

DSCN1186.jpg

北海道新聞江差支局
こんな事務所に出勤してお仕事・・・羨ましい
色合いがいいですよね
柱や桟で使っている青が全体を引き締めているんでしょうか
新しすぎもせず古すぎもせず、センスのいい仕上がりなんじゃないかな~と私は思います(センス語れるほど私自身センスがいいわけじゃないので、文調がやや及び腰・・・)
ちなみにその脇に立っているのは我が家のカーネルサンダースです

DSCN1189.jpg

公民館か郷土資料館か、そんな建物だったと思います
意味もなく入ってみたくなりますよね、確か入らなかったと思うけど(ということは、きっと有料だったんでしょう)
ここにもカーネルサンダースさんが写り込んでます

これだけ徹底してやれるっていうことは、国の補助金が大きかったんでしょうが、私はお金を掛けて正解だと思います。この時の感激を忘れませんから
年一回路上で幕末の市民劇なんかもやるらしいです
もっとPRすればいいのに・・・でもPRされて訪れると期待しすぎて「なーんだ」になっちゃうのかな?
ってことは口コミ狙いかな~?
だとしたら、私思う壷君?

きっと明日もこの話題続くと思います

リサイクルにもこだわりを!

DSCN4854.jpg

今朝は久々に雪が積もりました
例年なら「また~?いい加減にしてよ」とうんざりするところなんですが、今年は本当に雪が少なくて、ちらちら降る雪も愛らしく思えます("ちらちら"が徐々に"ワサワサ"に変わってきているのが気になりますが)
雪の中の当社ゴミステーションも可愛らしいでしょう?
まめにリンクリンク→ http://www.chiba-kakou.com/ ←気になった方はこちら
厳しい冬があるから、北海道の春はどこの春よりも清々しいのです
それを体感できるのが北海道に住んでいる人間の特権です

そうとでも思ってなきゃ冬住んでらんない!ってゆうのもありますが・・・



函館に向かう途中の道央自動車道有珠山サービスエリアだったと思います

のどが渇いたのでジュースを買おうと立ち寄ったのですが
その先に展望台につながる階段がありました

あいにく天気はよろしくなかったのですが、どんな景色が拝めるのか興味もあってその階段を上り始めました
そして、彼に出会ったのです

P1000017.jpg

第一印象は
「あか抜けない奴だなー」
特にプランターの縁取り!ありきたりで中途半端なデザイン
これならいっそ、何のデザインもないほうが潔い
色も、重たい黄色・・・何かの余りのペンキで塗ったんじゃない?

しかし、よくみると両サイドに丸い耳みたいなものが・・・

P1000019.jpg

もしやこれは浮き玉?よく海に浮いている?リサイクル品?

そこに気付いた私の印象はがらりと変わった

だって普通ただ単に真っ直ぐカットするだけで満足するじゃない、リサイクルが目的なら
それをわざわざゲージかなんか作って、一個一個手作業で切ったんでしょう
二つつなげて、下にも装飾入れたんだね
しかも一個だけじゃない、何十個も

手間だったでしょう、面倒だったでしょう、多分二束三文だったんでしょう、もしかしたらボランティアだったんでしょう

そういう努力、私は認めます
そして、仮にこのプランターで誰にも認められないとしても、いつか別の形で必ず認められるでしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・すごい上から物言ってるお前は誰だってね

日曜の仕事は実が入らない!

今日は日曜日

仕事のことは忘れて、のんびりまったり・・・といきたいところだが、要領が悪いせいだろう、仕事が溜まりすぎているので、職場に出てきた
それならブログなんか打ってないで仕事しろ、ってごもっともなんですけど、だから仕事溜まるんでしょうね

でも日曜日は気分を変えて「形」のブログはお休み



昨日は午後から札幌に出かけた
青年会議所の関係で、13時半から始まる道州制のシンポジウムに動員要請されたからだ(日当はもらってない)
いよいよ現実のものとなる道州制、心配も色々あるだろうけど、日本の中でもひときわ特色ある北海道の良いところをうまく引き出して伸ばすことができたら、北海道はもっと住んでて楽しくなるな、と素人考えで思いました
貧しいながらも楽しい北海道!なんて
北海道だけ通貨単位を買えちゃうくらいの思い切った権限委譲が欲しいですね

そして夜7時半から9時半まで、北海道知事立候補予定者による公開討論会
現職の高橋はるみ知事と、民主の荒井、共産の宮内、3氏がそれぞれの政策を中心に討論しました

DSCN4853.jpg

途中で“ドロン”してすすきののネオンの中へ・・・なんて考えていないこともなかったのですが、何故か昼ごろから痛くなっていた右ひざが、討論会が進むにつれて激痛に変わってきて、熱くなってきて、ついには椅子に座っているのも辛くなる始末
ああこれはすすきのの神様が「お前最近金使いすぎだから、今日は討論会聞いておとなしく帰れ」と諭しているんだ、と自分に言い聞かせて、悪あがきせずに飯食って帰りました、後ろ髪引かれながら・・・ 
今朝は歩くのがちょっと不便くらい、どこかにぶつけたのかな?
それにしてはあざもないし

ちなみに討論会は、ちょっと期待はずれでした
討論会と言うからには、相手の政策矛盾に言及するなど、互いに議論しあう場面があると思ってました
ところが皆さん、自分の言いたいこと言うだけだから、不勉強の私には「皆さん一理あるな」って思うくらいで、誰のどの政策がどう優れているか、なんてことがさっぱりわかりませんでした
ただ、具体策を語らせたら現職が圧倒的でした
そりゃそうですよね、今進めていること話せばいいんですから
それに話が上手ですね、わかりやすいし、庶民にはああいうのが受けるんだろうな~、としみじみ思うのです

誰が知事になってもいいから、貧困にあえぐ北海道そのものが“夕張”にならないようにカジ取りしてくれることを願います
さて、仕事するかっ!


バス待合所も景色だ!

由利徹で有名な長万部より函館へおよそ30km(今どき由利徹も無いが)
八雲町というまちがある
平成の大合併で太平洋側にある熊石町と合併し、日本海と太平洋の両方に隣接する日本で唯一の市町村だ
噴火湾で捕れるホタテが名産だ
函館・大沼・噴火湾ルートというシーニックバイウェイの入口の町でもある

そんな八雲町の国道を走りぬける途中でこんなバス待合所を見つけた

DSCN4848.jpg


ちょっと薄暗くなりかけていたので写りが古ぼけているが、魅力的な建物だ
武家屋敷風のたたずまい
こんなのがいくつも点在している

バス会社が建てたのだろうか?
いや、失礼だが、今どきのバス会社はそんな所にお金をかけるほど儲かっていない

それでは八雲町?
だとしたら、「たかがバス待合所にこんなお金をかけるなら福祉と教育に!!」という某政党の反対は無かったのか?

でも、私はこういうの好きですね~
だって、バス待合所だって景色のうちですよ

せっかく建てるなら、道行く人たちが思わず足を止めたくなる建物の方がいいですよね
「さすが、シーニックバイウェイの八雲町だ!」って
たかがバス待合所だけで、まちの印象を良くすることだって可能だと思うんです

もしかして何か八雲地区に由来する建物がモチーフ?

ちなみに私が作るならホタテのバス待合所
ベタ?



景色といえば・・・
と続く宣伝タイム

前にも書いたが、私はお洒落なゴミステーションを作りたい
作っている人には申し訳ないが、よくある鉄製のゴミステーションは、ただゴミステーションとしての機能だけの存在だ

いくらゴミ収集車にわかりやすくとは言え
ゴミ袋の詳細までもが、見たくもない我々の目に入る、あの格子の構造もどうかと思う

まち中にあんなにたくさん点在しているゴミステーション
これはもう、立派なまちの景色の一部です
可愛らしいゴミステーションがポツリポツリと配置してあるまちって
ちょっといい感じじゃないですか?

ゴミステーションに余計な金なんか掛けたくないって気持ちもわかるけど
よ~く考えてみて!
ガーデニングブームの昨今、
きれいに飾ったその庭よりもっと人目に付く所に、錆びかけたゴミステーション・・・

ゴミステーションこそお金かけてもいいと思うんだけどな~

DSCN2486.jpg

DSCN2494.jpg

ということで作ってみました

以前ブログで紹介した冷蔵庫風ゴミ箱とは、手の込み方が随分違うでしょう
作る手間を考えないで、好きなように作ってみました
したがって、ちょっと高めです
さすがにここまでのお金を出して買うかな~、と、無責任にもそう思います

でも、これが意外と買ってくれるんです
特に小さいサイズは、戸建用としてお求め頂いています

DSCN4421.jpg

↑国道沿いに面した貸衣装屋さんのご自宅用としてお使いになっています

DSCN4425.jpg

↑ガーデニングに凝ってらっしゃるご家庭でお求めいただきました


ゴミステーションのことを話し出すと
まだまだ書き足りないのですが
長くなりすぎたので、また今度

とりあえず詳しいことはhttp://www.chiba-kakou.com/logchikku-house-large/top.html

たまらん!

マイケルジャクソンと写真を撮れるパーティーに40万円??

300枚中240枚が売れたそうだから、一晩で1億の売上!
そんなに高い金取ったくせして、マイケルは遅刻して2時間遅れの開始
時間が押してるからって、中にはたった3秒の撮影でチェンジされた人もいたそうで、時給にすると・・¥400,000÷3秒×60秒×60分・・・なんと4億8千万円!
旨いもんたくさん食えるぞー
吉野家大盛り480円が、100万杯食えるぞ
毎日3食吉野家でも913年かかる
食い飽きるっちゅうの
味噌汁やサラダ付けくらい付けろっちゅうの・・・

そのうえ歌も踊りもないんだよ!マイケルなのに
そこまで払うのも好みだろうから、私も好みで言わせて貰うと、1万円でも行かないね
世の中にはやっぱり金持っている人、いるね~




函館駅前のホテルで朝9時からの会議!
あと10分・・・間に合うか?
ところが、こともあろうに道を間違う、そして迷う・・・

そんな緊迫した状況の中、気になる街灯発見!

DSCN4834.jpg



た・ま・ら・ん・!

しかし、会議は待ってくれない・・・

でも街灯は・・・待ってくれる・・・そうでした


と言うことで、無事会議を終えて再び戻って撮影


昔の食卓の蛍光灯ってイメージ(私だけ?)
なんともノスタルジック
よく言うレトロとは、一線を画している

しかもこれが、道路にズラーッと並んでいる

DSCN4835.jpg

あっちにもこっちにも

夜が見たい!

やや薄暗く、かすかにオレンジ色に照らされた車道
時折通り過ぎる黒塗りの車
風呂敷を胸元に抱えて、しとしとと歩く着物姿の御婦人
学生帽を目深に被った学生服姿の青年
人力車・・・

明治の函館が蘇ってきます
いいですね、歴史のある街は・・・

プラスチックだから作られたのは多分昭和以降でしょうけど




おまけ

DSCN4833.jpg


函館朝市の近くを歩いていると草刈薬局という薬屋さんの前を通りました

この看板
「クサ・クサ・カリ・カリ」と読みたくなるのは私だけでしょうか?

それからしばらく「クサ・クサ・カリ・カリ」が頭を離れませんでした

頼むから目的を教えてくれ!

今朝は久々の二日酔いだ
市役所や商店会の人たちとまち談義に花が咲き、ついつい日本酒がすすんでしまった
こともあろうに3件目の締めは焼肉、多分1時過ぎ!(あまり定かでない)
この年齢に深夜の焼肉は自殺行為だ
メタボちゃんまっしぐら

朝から嫁に「臭い!」を連呼された
にんにくが犯人なんだけど、まるで体臭が臭いかのような言われよう


ちょっと傷ついた・・・




函館から5号線で森町に向かう道中に不気味に起立しているバスに出会った

DSCN4840.jpg

あまりにも衝撃的過ぎて、写真を撮るのも躊躇する
見て見ぬフリをしたくなる

何故立てた!
そんなに支柱を立ててまで!

DSCN4842.jpg

・・・寄ってみた



何のメッセージ性も感じない
目的が全く見えない

ただの変わり者か
それとも何か意味があるのか?

意味も無くここまでするか?!


乗る時どうするんだ!?(心配はそこか?)


これに関連した商品紹介は、




ない


theme : 道南・函館
genre : 地域情報

わかりやすいのが一番!

DSCN4837.jpg

函館市内の文房具屋さんです。
いえ、たとえ違っても、ここはもう私の中で文房具屋さんです。

失礼ですけど、この看板がないと、何の変哲も無い商店です
普通に見過ごします

しかも、大型店ならこれくらいの看板設置するの、わけ無いと思うんですが、これまた失礼ながらこの規模の店でこの看板は、ちょっと張り込みすぎじゃないですか?
多分FRPですよね
結構お高いんじゃないですか?
文房具、そんなに儲からないでしょう・・・

日曜日で閉まっていたけど、何かドル箱商品でも扱ってるんでしょうか?

ネットで検索したら電話帳に
「く・ど・う・文・具・店」
とありました
字間にわざわざ

こりゃ、ただの変わり者ですね・・・

ご近所の方、見てたらわざわざ言いに行かないように

さて、恒例のこじつけ宣伝タイム
20070305211238.jpg

これもわかりやすい看板だと思います
どうみてもとうもろこし屋
北海道では”とうきび”の方が耳障りいいです

高さ140cmだから、そんなに大きくないけど
その分お手頃ですし
旗持ち機能搭載!!
北海道はお盆も近くなると、どこもかしこもとうきび屋だらけ!
こりゃ爆発的に売れるゾ!

まだ一個しか売れてないけど、必ず売れるゾ!

詳細・お求めはこちら!
http://www.chiba-kakou.com/vege-kanban/top.html


少し露骨に商売してみました


theme : どうでもいいこと。
genre : 日記

おいしいものには毒がある?

砂川は、昨日はほぼ一日雨。
本当に今年の冬は雪が少なくて楽でした。
これから本格的に雪解けに向かっていくようです。


栗山から長沼へ向かう道の途中に、てんとう虫の看板がある。
DSCN4790.jpg

DSCN4791.jpg

なぜてんとう虫?と近づいてみると、どうやらイチゴらしい。
そしてさらに近づくと、原型は灯油タンクらしい。

キトラ鉄工・・・
何故鉄工屋さんにイチゴ?
丸いものを見るとついイチゴ模様を書きたくなるイチゴ好きな鉄工屋さんの社長?
偏見だけどちょっとアンマッチ

そして、ちょっと色がダークすぎるような・・・
道に植わってても、食べるのをためらってしまう
もしや毒イチゴ?








ちなみに種を白くすると雰囲気が変わる


20070305204046.jpg

結局自社の宣伝か

これは観光農園なんかで看板代わりの棚として使ってもらおうと思って作ったもの
一番最初に試作したのがイチゴでした
試行錯誤の末、なんとか製品化に漕ぎ着け、お手製のパンフレットも作って方々歩いたのですが、まだ売れていません
いいところ突いてると思うんですけど、もう一工夫足りないのかな~




さて、キトラ鉄工のイチゴの件ですけど
キトラ鉄工で経営しているらしい、「きとら農園」というHPが見つかりました

http://www5b.biglobe.ne.jp/~y_land/kitoraichigo.htm

イチゴ狩りが売りのようです

すっきりしました
でも一言ぐらいそのこと看板に書いてもいいと思うんですけど


溶けないイグルー

070305-01


キューティーマミーが出演しているCMに堀ちえみがいないのが気になってネットで調べたら、
「アーティスト個人活動に専念するためしばらくお休みする」
とのこと。(http://www.avexnet.or.jp/cutiemommy/ オフィシャルウェブサイトより)
誰が信じる?喧嘩でしょ、2対1の、犬も食わない、しかもジメッとした。
喧嘩の最後に必ず一言いらんこと言って、ますます悪化するような。
堀ちえみに「アーティスト」もなじめない。
「タレント活動」にしとけばいいのに、わざわざこんな表現で配慮する辺り、堀ちえみがかなりお冠なのでしょう。
ただ、松本伊代がセンターって言うのにも不満あるだろうね。
だからと言って誰がセンターなら皆が納得するか。
微妙な3人だし。




ブログの方向性が変わったわけではありません。
どうしても気になっていたことなのでつい・・・
それから、キューティーマミーについてはそんなに興味ありませんので、キーワード検索でたどり着かれた方につきましては仲間だと思われるのは困ります、念のため。


070305-02


070305-05


岩見沢から苫小牧に抜ける国道234号沿いを走っていくと、栗山辺りで右手にコンクリート工場があります。先日久々にこの道を通ると、そこに目を惹く奇抜な建物が出現していました。

工場の事務所でしょうか?
あいにく訪問して「何の建物ですか?」と聞くほどの図々しさを持ち合わせていません。
そして、確認しないことによって、妄想はどんどん膨らんでいくのです・・・

モデルはイグルーですね、イヌイットの伝統住居。
イヌイットはアザラシなどを狩猟する遊牧民族だから、作るのに簡易な建物なんでしょうね。
室内が丸いため、上昇した熱が壁にそって下へ降りるので、ほどよく暖まる、という構造で、北海道の気候にも適しているのかもしれません。
ちなみにイヌイットは夏はテントで暮らすんだそうです。

070305-06


遊牧民族といえばモンゴル人も「ゲル」とか言う住居に住んでいます。
これは移動するたびにたたんで持ち運ぶところがイヌイットとは違いますが、いずれにしろ簡単に建てるにはこういう形がいいんでしょう。

ここの社長(もう勝手に事務所)の永年の夢だったんでしょうか?
イグルーみたいな事務所を建てたい!!って?
オーロラかなんか観に行って、感化されたのかもしれません。
前世がエスキモーだった可能性も高いです。
あるいはもしかしたらオリジナル?
コンクリートだけで作ることを極めていったら、自然とこんな形になったとか。

どれにせよ、人目を惹くことがイヤじゃない社長だとしたら、狙いはバッチリ!
ちょっと羨ましいとすら私は思います。
私もFRPで!?
きっと建築屋さんに普通に建ててもらった方がお安く済むうえ立派でしょうから、全てFRPというのは難しいでしょうが、プレハブの壁を装飾することなら現実的です。
実際うちの事務所はプレハブなので、以前からそのような構想を持っています。
着手したら、もちろん報告します。




イグルーほど格好よくないですが、簡易作業小屋や臨時車庫などに使えないか、と試作したものがあります。

070305-03


070305-04


工事現場のちょっとした作業小屋として、お安く、しかも組立・解体が簡単!を目指して作ってみました。

しかし
結果は、すべて狙いと真逆

とにかく高い!
材料代だけで十ン万!

組立は大騒ぎ!
試作とは言え、構造的に無理がありました。FRPを過信し過ぎてました。

解体は・・・・したくも無い!

やる前にわからなかったのか、という声もありますが、うすうす感じていても思いついたら作ってみたい!という衝動が、「何事もやってみなけりゃわからない!」といういかにも前向きな言葉のもと、成立するのですから、言葉というのは恐ろしいです。


theme : 写真ブログ
genre : ブログ

その存在感の理由

060303-01


旭川イオンの中のフレッシュネスバーガーだったと思います。

冷蔵庫?
軽すぎないしかし重すぎもしない、雰囲気のある明るめのワインレッド
さりげなくアクセントとなる”FRESHNESS BURGER”の浮き出し文字
イヤミにならない程度の程よい扉周辺の曲線
ちょっとした心遣いが効いている裾周り
蝶番もあまりお見かけしないデザインじゃないですか
そうやって見ると取っ手もL形ハンドルがシンプルで全体にマッチしている

上にはマスタードやナプキン等を配しているが、そのための棚にしては扉が気になる
しかも、店内中心部にデ~ンと居座り、存在感ありすぎ
後のお姉さん達も、一目置いている存在
決して馴れ馴れしくしすぎてはいけない
でも頭の上にはマスタードやケチャップ


気になる・・・扉を開けてみたい・・・

でも、その存在感ゆえに、何食わぬ顔で扉を開けるのもはばかられる
上にある物を手に取る以外の行動を決して許さぬ威圧感


葛藤はおよそ5分に及んだ


そして、ためらいつつも自らの好奇心を抑えきれなかった私は、ついにその扉を開いた



060303-2



ててててってて~~~~~
補充ボックス!!


開けてみれば至極当然の結果
そして置き方がちょっと乱雑(勝手に開ける奴が悪いんですけど)
外見と中身のギャップ
知らない方がいい時があることをあらためて知った

しかし、それにしてもいい作りだ
ボディーはFRP製、成形もカットも丁寧だ
単純な形だから、さほど難しい技術も必要ないだろうが、
ムダの無いデザインで、お洒落に見せるのは、簡単なようで難しい


私も昔シンプルな冷蔵庫風のゴミ箱を作ろうと思い立ち、試作をした
なぜ冷蔵庫風なのか、今となっては自ら不思議だが
とにかくお洒落なゴミ箱を作りたい!
ここで言うゴミ箱とは、いわゆるゴミステーション
大型のものから一戸用のものまで多種出ているが、どれもいわゆるゴミステーションだ
家の前に置きたくなるゴミステーション、それが私の数年来のテーマだ

そして、これがその第一号試作


060303-3


060303-4


高さ約90cm
成人男性の腰よりチョット高いくらいの高さ
家庭用ゴミ袋が2個、余裕で入る大きさで設計した
取っ手が付いていないが、付けるならまさに"FRESHNESS BURGER"と同じL形ハンドルを考えていた

設計から型作り、製作まで全て自分で作った初めての作品
出来上がった時の感激たるや・・・・


と言いたいところだけど、実は出来上がってみると当初イメージしていたものと随分違う落胆の方が大きかった
どことなくダサい・・・
これを家の前に「ごみ収集箱です」って言って置きたいだろうか? 
「○○さんとこの奥さん、冷蔵庫をゴミ箱の代わりにしてらっしゃるのよ~」なんて井戸端会議が聞こえてきそう


結局この試作品は、今雪の下に埋もれている
さすがに捨てるのはもったいないから取ってある
型も大切に保管してある
何か陽の目を見る用途はないだろうか?

theme : 写真日記
genre : 日記

こんな感じのブログです

060301-01



突然ですが、この凸面鏡を見て何を感じますか?
何も感じない!としたら、あなたはこのブログに訪れる資格はありません。

あっ、いや言い過ぎました、もう少し様子を見ていってください。

この写真は北海道観光の定番スポット、クッキーで有名な函館トラピスチヌ修道院周辺道路にひっそりたたずむ凸面鏡です。旅先で心惹かれてシャッターを押しました。桜の時期ですね。

多分お花をイメージして作ったものでしょう、観光地なんだから、と。

でも色は、くすんだオレンジ・・・

その固定観念から抜け出せなかったのか、それとも何か決まりがあるのか

そして幼児がちらしの裏に描く絵の様な何の変哲も無い形状・・・

せっかくの気遣いなのに逆効果。
もしかするとこの形状にすら気付かれていないのかも・・・可哀想すぎる

でもこの凸面鏡は決して逃げない!
皮肉な運命に翻弄されつつ、それでも自らに与えられた使命を全うしようと、ひっそりと、しかし堂々と立ち続けるお花の形の凸面鏡・・・

嗚呼、せっかくこの世に生まれた命、なんとか輝かしてあげたい!
本来の目的である観光客を癒す存在にしてあげたい!
このやるせない気持ち、わかってくれます?

このブログを読んだ人で、もしも、トラピスチヌ修道院に訪れる機会があったら、どうか周辺道路の彼の(彼女?)存在を確認してあげてください。そして一言
「きれいだよ」
と声を掛けてあげてください!きっと喜びます。
そっと鏡面を磨いてあげたりしたら、もしかするとあまりの嬉しさに、雪の中を、餅やら米やら沢山持って恩返しに来るかも(かさ地蔵より)



普通の形じゃないものにスポットライトを当てるブログだと思って下さい。共感してくれる方がいらっしゃることを期待します。

theme : プログはじめました☆
genre : ブログ

プロフィール

ちばさん

ちばさん
北海道砂川市在住
48歳
妻と二人暮し
FRPの製造会社経営
自社オリジナル商品で
生業を立てるのが夢

カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
ようこそ!
我が社の製品です

DSCN4324.jpg

完全オーダーメードだから
好きなサイズでお作りします
「切り株露天風呂」

20070314192532.jpg

普通のゴミステーションじゃ嫌な方
「ログちっくハウス」

sgomibako.jpg

ペンションや観光地の
ゴミステーションに
「白樺ゴミボックス」

20070314194140.jpg

インパクトで集客アップ!
「ベジ看板」

DSCN4184.jpg

お庭に違和感の無い存在感
「白樺コンボックス」

Amazon
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。